大好きな男子だったからぎゅうぎゅう締めてあげた

この体験談は約 4 分で読めます。

自分が持ち帰られた話ですがいいですか?

あれは私がまだ高校生だった時のことです。
文化祭の打ち上げが某居酒屋で行われました。
当時未成年なのによく酒を出してくれたものだなぁ・・・。
その頃はまだ酒に弱く、リバースはしなかったものの、泣き上戸なのでクラスの人に絡みまくったらしいです。
その時、男女合わせて15人ほどいて、男女半々くらいでした。
みんな生ビールやらカクテルやらで酔っ払い、打ち上げがお開きになったのが10時くらい。
私を含め数人は泥酔してしまい、優しい男子が送っていったようです。

私を送ってくれたのは、当時片思いしていたダイスケ君(仮名)。
彼も相当酔っていました。
夏だったこともあり、私はキャミソールを二枚重ね着してジーンズにゴツめのベルトをしていました。
ふと気づいたら、ベルトがかちゃかちゃ言ってます。
お腹がなんだかヒンヤリして、(あれ、あたしお腹出して寝たんだっけ・・・?)なんて思いました。
次に、胸まわりが楽になりました。
どうやらブラが外されたらしく、肩に誰かの手の感触がありました。

瞼が重たくてなかなか開きません。
ふと辺りが眩しくなって、頑張って目を開けると、見慣れない天井に煌々と電気が点いています。
まだぼんやりしてる頭を騙し騙し起き上がると、ダイスケ君がタオルを2、3枚持ってこちらへ向かってきました。

もう大パニックです。
話したことすらあまりなく、遠くから見てただけの彼が目の前に!
しかもここはどこ!?
・・・気づけば自分、キャミの下はノーブラでジーンズのベルトもなく、前が開かれてパンツが見えてるじゃないですか!!
慌てて前を隠し、ジーンズのボタンを留めると、私はダイスケ君に聞きました。

「・・・ここは、どこですか?」

彼はなぜかベッドに座り込んでいる私の隣にタオルを置き、ニコニコしながら言いました。

「覚えてないの?ユリちゃん(私の仮名)、俺が好きって言って俺にキスしたんだよ、泣きながら」

泣きながら!?ブサ顔でダイスケ君とキス!?

「で、俺も・・・気になってたんだよね」

「・・・はい?」

なんということでしょう!!
人に懐かない大型犬のような彼が!

「あのっあのっ、ここは?」

「俺の部屋」

なんということでしょう!(二回目)
人に懐かない・・・。
もうなにを言ったらいいのか分からなくなった私は黙って下を向いていました。

「ユリちゃん」

「はいっ!?」

顔を上げた途端に唇が!
そして舌が!
最初はびっくりしましたが・・・柔らかい舌が口の中に入り、彼の手がキャミを捲るにつれて下がとろけてくるのが分かります。
キスの合間に彼が言います。

「夏服・・・シャツの第二ボタンまで開けない方がいいよ。隙間からブラが見えて男どもが喜ぶから・・・」

「そ、そんなこと話してたんですかぁ・・・?」

「だって・・・」と胸をムニムニしながら、「おっぱいデカいんだもん・・・」と。

そう言いながら私の左手を掴み、彼のアソコへ・・・もうガギンガギンでした。
服の上からそっと擦ると、「うぅ」と呻いて私の乳首に噛みつきました。
彼は私の乳首に噛みついて、ギリギリと噛みしめ始めました。

「やぁ、痛い・・・ダイスケ君、噛まないで・・・」

彼は噛むのをやめずに私のジーンズの前を開け、左手を突っ込んできました。
しばらく毛を掻き回していましたが、指先でそっと開かれると中から液が流れ出しました。

「うゎ、ヌルヌル~、ユリちゃんやらしいんだねぇ」なんて言われてしまいました・・・。

私も彼のハーフパンツを下ろし、生でコシコシ擦っています。

「舐めてくれる・・・?」

キャミを脱がされ、胸の谷間に挟んでくれと言われるがままにしました。
そのまま舌を伸ばして先を舐めると髪を撫でて喜んでくれました。
実は私はM女なのですが、ダイスケ君はそれを見抜いていたらしく、「気持ちいいんだ?おまんこ舐めてあげるよ、ほら・・・」と、音を立てて舐めてきます。
じゅるじゅる、じゅくじゅくと音が響く中で、私はお酒のせいもあり興奮して濡れ方が半端なかったです。
ただでさえ濡れやすいのに・・・。

彼は舐め方がとても巧く、膣の中まで舌を突っ込んでかき混ぜて、次には膨らんだクリをちぅちぅ吸ったり・・・。
でもその刺激じゃイケないタチなので、「もう入れてよぉ!」と言うと、「どこに、何を、どうして欲しいか言ってごらん」とわざとゆっくり言います。

「だ、ダイスケ君の・・・おちんちんを・・・おまんこに・・・」

まで言ったところで、ゴムを被せた17センチが押し込まれました。

「きもちいぃよぉ・・・」

私が言うと、正常位だったので胸を鷲づかんで揉みながらひたすら奥を突いてきます。
クリよりも中イキ派の私は思わずぎゅうぎゅう締め付けてしまいました。

「ユリ、あぁ~・・・そんな締めんなょ・・・」

「もっと、もっと・・・」ってうわ言みたいに言った記憶があります。

そして私が何回もイッてるのに彼は一向にイキません・・・。
遅漏君でした・・・。

「ユリ、ユリ、中に出すよ、出すよっ・・・!」

彼が一回すっきりするまで、私はかれこれ5、6回イカされてしまいました。
ダイスケ君が私の中からおちんちんを抜くと、ゴムが破れていました・・・。

その後付き合い始めて、まだ続いています。
幸い妊娠はしませんでしたが、その後も彼がお酒を飲むたびに調教されています・・・。
エッチな表現が下手でごめんなさい。