ソフト過ぎる焦らしプレイに我慢の限界!

この体験談は約 3 分で読めます。

私:大阪、21歳、♀、学生、158センチ、冬恐い・・・orz、大村彩子似。
相手:大阪、25~27歳ぐらい、美容師、写メはそんなによろしくない。

オシャレっぽさを前面に押し出した必死なプロフに釣れる。
美容師さんだということで、なけなしの知識をひけらかしつつお話。
相手のお店で知り合いがカットモデルになってると聞いてガクブルになりつつも、まあまあいい感じに仲良くなり、「姪のお嬢ちゃんにクリスマスプレゼントを買いに行くのについて来て」らしいので面接決定。

地元の最寄り駅で待ち合わせ。
なんかごつい車に乗り込むと服装とかは好みな渡部篤郎。
まあそんなに顔は好みではないですが、いい香りもするのでもうなんだっていいです。

お話しながら車に乗って結構経って、着いたのはドンキかよ・・・orz
どうだっていいですが、私はドンキに入ったことなかったので、なんか軽く怖気づく。
狭イヨー、恐イヨー、物置き過ぎダヨー。
渡部さんは色々見ながらも結局何も買わず。
一方、私は迷子になりかける・・・orz

その後、車に乗り、なんか知らん家電とか家具に惹かれてる渡部さん。

「なんでそんな気になってるん?」とか聞くと、「一人で買うのは結構寂しくて嫌」とか「早く家庭が欲しい」とか・・・。
だんだん論点がズレていき、「物凄く家族っていいよね、早く結婚くしたいよね」系な主張を延々聞かされる。
地雷っぽい方なんですね・・・。

なんだかんだでおもちゃ屋さんに到着。
二人で選んでツリー買ったよ。
選んでる時とか凄い恋人同士っぽい!
久々にクマとかと戯れたので、上機嫌のままご飯を食べに。

あ、忘れてましたが、渡部さんは背が低いので、ブーツ履いてる私と背が一緒ぐらいでした。
身長差フェチなんで軽く萎える。

ご飯食べ終わり、また車に。
時間があるので車で適当にドライブしました。
今までボディータッチは皆無だったので、ちょっと手とか繋いでみる。
もうここまで来たらこっちのもんですよね。

人気のない所に車停めてお話。
もちろん手とか握ったまま!!
本日のメインイベント、キタコレ!
肩に寄りかかりつつ、色々いちゃつきながら相手が来るのを待ちます。
頭に手が当たったので痛がったらナデナデされ、なんかそのまま顔が・・・キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!
若干逃げ腰になると背中をがっつり押さえられ、でも凄く優しくベロチューされました。

キス前の緊張とか、あんまり激しくないキスに物凄く萌えるので、すでに腰砕け状態になってしまい、相手に寄りかかりながら首とかに何度もチュー。
首筋を撫でられるたびにビクビクしてると相手もやばそうな感じでございますよ!
もっかいチュー。
チューしながら渡部さんの手がだんだん胸に下りて来る・・・。
来るんだけども、なんか凄いソフトタッチですね(;´Д`)
てか、服の上からだから気持ちいいんだけれども気持ちいいんだけれども・・・。
直に触ってくれない・・・。
これ、なんていうプレイ?
ってか普通に焦らされてるだけか・・・orz

いつまで経っても調子は変わらず、クリクリされる乳首にもう我慢の限界。
でも純情ぶっていたので言えず・・・orz

そのうちに手が下の方とかに・・・来てるけど、触られてるけど、間違ってるよ!!
布一枚いらないよ!
脇から指とか入れていいから直に触ってよ!!
あぁあぁぁああぁぁあぁぁぁあぁぁあああぁぁあ・・・。
もう焦らされ過ぎて死にそうです。

相手のチンコも結構なことになっておりましたので、私も服の上から触ったり・・・。
いつもなら即出してしまう感じですが、ひたすら我慢。
やってらんない・・・orz
もう我慢も無理っぽい。

「したいな・・・」
「うん、俺も」

「する?」
「したいんやけど・・・車やし、ゴムないし」

忘れてた・・・orz
そりゃ出来ない・・・orz

もうヘロヘログダグダでしたが、夜も遅い感じだったので送ってもらう。
途中で渡部さんが我慢しきれなかったらしく弄ってくるも、やっぱりソフトタッチ・・・orz
もう嫌や・・・(涙)

駅に到着。
人目を気にしながら何回もチューしてバイバイ。
色々消化されぬまま自転車乗って帰りました・・・orz

全然会えてませんがメールは継続中。
今度こそ色々してもらいます!
あと、親に挨拶とか、冗談だろうけど止めて下さい・・・orz