目を覚ましたら従妹が咥えてた

この体験談は約 3 分で読めます。

前日から従兄妹のM(兄)とS(妹)が泊りにきていた。
昼、なにか体がビクッとなる感覚で起きた。
布団の下半身辺りを捲るとSがチンポを咥えてた。

S「あ・・・起きた?」

俺「そりゃお前・・・てかMは?」

S「出掛けたみたいだよ?」

しごきながら言うS。

俺「なんだ、ならいいか・・・って何してんだよ」

S「おっきくなってたから可愛くてつい・・・えへっ」

俺「『えへっ』じゃないぞ、この変態」

S「え~気持ちよかったしょ?寝てるのに腰ビクッてなってたよ?」

俺「まあ気持ちいいけどな~」

S「でしょ?いっぱいしたげる~」

また口に入れ、本当にフェラがうまい。
でもゆっくりすぎて満足できず、頭を掴んでもっと奥にグイグイ突っ込んだ。

S「ちょっと待って、オエッてなるからこれ以上入らないよ!おっきすぎ!」

俺「いやSの口がちっちゃいんだって。もっと激しくしてくれない?」

S「ん・・・」

ゆっくりフェラがちょっと速くなった気がするけど・・・。
また頭を掴みグイグイ突っ込んだ。

S「んんん!」

手を離すとハアハア言いながら・・・。

S「もー苦しい、やー」

俺「ごめんごめん」

太ももを掴んでグイと引っ張ると・・・。

S「やー襲われちゃう」

笑顔で言ったので・・・。

俺「嬉しいくせに!」

ズボンを脱がすとパンツ一枚になり、手を入れるともうビチャビチャ。

俺「またチンポ舐めて濡れたの?変態ちゃん」

S「Y君には言われたくないもん」

また赤面で可愛くて可愛くて、脚を掴んでまんぐり返し状態にすると・・・。

S「待って、このかっこ恥ずかしい、ダメ!」

お構いなしにパンツの上からマンコに口と鼻をつけて匂いを嗅ぐふりをすると・・・。

S「本当にダメ、恥ずかしくて死んじゃう・・・」

耳まで真っ赤にして・・・。
可愛くて可愛くて。
パンツを脱がしてマンコにチンポを擦りながら・・・。

俺「どうして欲しい~?」

S「早く入れて」

俺『何を?」

S「おちんちん!」

奥まで突っ込んでガンガン腰を打ち付けると・・・。

S「待って、いきなり激しすぎ、待って~」

気持ちよすぎて待てるわけもなく。
途中でバックに変えようとした時・・・。
玄関の方からガチャガチャ音がしたので急いで寝たふり。
Mが帰ってきた。

M「まだ寝てんのか?」

そう言うとMはベッドに背を向けてゲームをし始めた。
くそー、タイミング悪すぎだ。
寝返りを打つとSは背中を向けて寝たふり。
我慢できない俺は手を伸ばしズボンの上からマンコを弄ると、ズボンの上からでも温かさが伝わってきた。
Mがトイレに行ったので、急いでズボンとパンツをずらす程度に脱がして挿入。

S「ばれちゃうよ・・・」

俺「でも我慢できないよ」

S「うちも・・・」

下半身だけぴったりくっついて上半身はできるだけ離れて横向きに寝ながら、後ろからゆっくりゆっくりしてた。
Mが戻ってきて「ひどい寝相だな」とは呟いていたけど、気付かなかったようでまたゲーム。
後ろからずんずんゆっくり突くと、必死に声を我慢していたのかSの体が少し震えていた。
またゆっくりゆっくり突く。
またMがトイレの時を見計らって、Sの口を手で塞ぎながらガンガン腰を打ち付けた。
お尻に当たってペチペチ鳴るのに興奮しながら激しくした。
最後はフェラしてもらい、口に出すと苦いと言いながらもSは飲んだ。

寝たふりをしながらSがメールしてきた。

S『今日はいっぱい長い時間入れてたけど、Y君って出すの遅い人なの?」

俺『いや・・・ゆっくりだったからだよ。激しくしたらきっとすぐイッちゃう(笑)』

S『じゃあ今度、試しに激しくしようね!』

俺『わかったよ、変態ちゃん』

S『Y君大好き~』

俺『俺も』

そして何事もなかったように、今まで寝てたかのように2人で起きた。