隣のお姉さんとの関係・後編

この体験談は約 8 分で読めます。

お姉さんから、学校の成績については、夏休みに遊ぶのはいいけど、学校から出ている課題を前半に1回、後半に1回、あわせて2回やることと、英語と数学はできるだけ2学期の範囲を予習するように言われました。
僕は時々彼女とセックスをするようになりましたが、お姉さんの体に比べると物足りませんでした。
オッパイの大きさ、張り、乳首の硬くなった時のエロチックな雰囲気、あそこの感触、感じ方、声・・・全てがお姉さんの勝ちだと思いました。
それでも夏休みに入って彼女と時々セックスをしていたのでコンドームは底をつきました。

8月の1週目、ついにお姉さんが帰って来ました。
その姿にはびっくりしました。
上半身は白のタンクトップですが体にピチピチ。
そのため乳首の形がくっきり浮き出ているし、色もわかります。
下は半ケツ状態で、前から見てもかなり際どく、誰もがお姉さんをジロジロ見ていました。
その頃にはお姉さんが京大生であることは誰もが知っているので、そのギャップにも驚いていたのでしょう。
僕はこれからの日々を想像するだけで興奮してきました。
同時に彼女の存在がひどく邪魔なものに感じられるようになりました。

確か3日後にお姉さんとその夏最初のセックスをしました。
僕はずっと胸にしまっていた疑問をお姉さんにぶつけました。

「京都では誰ともセックスしなかったのか?」ということです。

お姉さんはあっさり否定しました。

「そりゃあったよ。一応モテるんだからね」と笑っています。

相手は合コンで知り合った別の学部の学生(3回生)と3回、6月から交際している院生と時々というものでした。
僕はショックでしたが、考えてみれば僕も彼女とセックスしているわけだし、僕とお姉さんはもともとセックスフレンドなんだからと思い直しました。

お姉さんは僕と彼女のことを聞きたがりました。
僕の話にケラケラと笑いながら、「私もそんなことあったよねー」とか「彼女はホントに◯◯クンに惚れてるみたいね」と言っていました。
それからの日々はお姉さんとのセックスをメインにしながら、お姉さんから、「彼女ともしっかりやるんだよ」と言われるので、彼女とも週に1、2回はセックスするようにしていました。
たまにお姉さんとする日が彼女とのデートと重なったりして、「キャー、ダブルヘッダーだね。ジゴロ君!」と楽しそうでした。

「私も高2のときにダブルヘッダーしたことあるよ」と聞かされたときはショックでしたが、その相手の1人は僕でした・・・。

こうして夏休みは過ぎていきました。
お姉さんは大学の後期が始まると京都に戻ってしまうので、僕はお姉さんが郷里にいる間はできるだけ会ってセックスしたいのですが、お姉さんにも色々予定があって会えたのは20回くらいでした。

秋になり、お姉さんに電話をかけてみましたが誰も出ません。
携帯電話の番号は教えてもらっていないので、連絡がつかないまま1週間が過ぎたんです。
確か1週間後でした。
お姉さんと電話連絡がつきました。
お姉さんは旅行に行っていたと言うのです。
もしかすると新しい彼氏ではないかと思うと、僕はたまらなく寂しくなりました。

いつの間にか、僕はお姉さんに恋をしていたのです。
最初は肉体的な興味でした。
そしてセックスフレンドになり、僕はクールに肉体関係だけを続けている悪ガキのような気分だったのに、いつの間にかお姉さんの体よりも顔を思い出し、声を聞きたくなっていたのです。

お姉さんと電話で話していると、付き合っている大学院生とは別れるつもりだと言うのです。

「何か違うんだよねー」ということで、「本気になったわけじゃないし、私って何をカレに求めていたのかな?本当の自分の気持ちが分かってなかったんだろうね」ということだそうです。

僕は少し嬉しくなりました。
もしかするとこれで僕の専属になってくれるかもと期待したのです。
でもお姉さんはモテるとも言ってたし、合コンで知り合った人と関係を持ったこともあるみたいだし・・・。
僕とは物理的な距離だけでなく、生きている環境が違いますから、結局は僕なんて帰省した時の遊び相手でしかないのかもしれないとも思いました。
そう思うと涙が出そうでした。

「遊びで男を相手にするのも疲れたし、ちょっとマジに恋を考えてみるね」

お姉さんが言ったその言葉が何を意味しているのか、わかりませんでした。

「◯◯クン、京大に入りなよ。キミが1回生のときに私は4回生。一緒の学校に行くのは小学校以来だからね。それとも東大目指す?」
「僕は京大に行くよ」

「じゃ、今の成績を保たないとね。遊ぶ過ぎないように、そこそこにね」
「えっ?高校生の頃に遊びまわっていたのは誰だっけ?」

「勉強はちゃんとしていたから今があるんだよ。◯◯クンもなかなか言うようになったね。自信ついたんだね、色々な意味でね」
「そうかな」

「彼女は元気?やってる?」
「まあね」

「ふーん。楽しくやってるんだね」

お姉さんは少し寂しそうでした。

(彼氏との別れで落ち込んでいるんだろう)

僕はそう思い、「早く新しい男を見つけたら」と励ましたんです。

翌日、お姉さんから電話がありました。
ちょうど夏休み明けの学力テストの結果が出ていて、僕は学年で4位だったこと、担任からは、「東大を目指せ」と言われたので、「京大に行く」と答えたことを話しました。
でも、考えてみればお姉さんからの電話なんて初めてです。

「ところでどうしたの?」と尋ねると、「冬休みに帰る日を決めたから、また迎えに来てもらおうと思ってさ」と言うのです。

9月なのに、もう12月の話とは気が早いなと思いました。
お姉さんの帰って来る日は25日ということでした。
イヴは誰と過ごすんだろうと思いましたが、特にそういう冷やかしはしませんでした。
前日の電話でちょっと元気がなかったように感じたからです。

それから2学期の勉強への取り組みを指示されて、電話を切るときに、「明日、携帯電話をまた買うよ。◯◯クンも携帯持ったら?そうしたらいつでも話せるし」と言われ、僕はなんとしても携帯電話を手に入れようと誓いました。
お姉さんは以前は携帯電話を持っていたのです。
高校時代はそれで彼氏と連絡を取り合ったりしていたみたいですが、いつどこにいても電話で捕まえられるのが大嫌いで、携帯を解約していたそうですが、心境の変化があったみたいです。
そして僕は、友達との付き合いがあるからという理由で親に携帯電話を買わせることに成功しました。
成績も良かったし、普段は品行方正でしたから(彼女との付き合いは親は知りません)問題はありませんでした。
たぶん1週間くらい後にお姉さんと携帯電話の番号を教えあい、かけてみました。

「これで◯◯クンとのホットラインができたね」と言われ、僕はまたまた嬉しくなってしまいました。

それからは1日おきに10分間、必ずお姉さんと話しました。
10分間というのはお姉さんが決めたルールです。
なぜ10分間かというと、制限をしなければダラダラ話してしまうし、それは勉強に影響する上、電話代がかさむということでした。
その10分間は僕の至福の時でした。
その頃から彼女の存在がだんだん疎ましく感じられるようになってきたのです。
僕は相変わらず彼女と週に1、2回会ってセックスしていましたが、彼女と一緒にいても心が躍ることはなく、淡々と時間が過ぎていくことに耐えられなくなりつつありました。

10月の中間テスト、学内実力試験でも僕は5位以内をキープし、実力試験で数学はトップでした。
11月に初めて某予備校の模試を受けた日、僕は彼女に別れを切り出しました。
彼女はあまり抵抗なく、それを受け容れてくれました。
僕は拍子抜けして理由を尋ねました。

「だって◯◯クン、あの時に他の人のこと考えているでしょう?わかるよ、そんなの」

そう言って泣き始めたのです。

(まいったな、女の子って鋭いな)と僕は驚きました。

晴れて彼女と別れたことをお姉さんに報告した日は、10分間の制限を過ぎても話が続きました。

「じゃあ、私と何かしてることはバレずじまいか」とか「◯◯クンは今は私の専属になったんだね」という言葉に、「そう、オレは◯子だけのものさ」とジョークを飛ばしたのですが、それを笑うでもなくお姉さんは、「これからは『お姉さん』とか『◯子姉さん』じゃなくて名前で呼んで欲しいな。なんといっても◯◯クンは『◯子だけのもの』なんだからさ」と答えてくれたのです。

僕は物凄く嬉しかった。
お姉さんとの距離がググッと縮まったような気がしました。
もしかしてお姉さんも僕のことを意識してるのかな?
だって9月の段階で12月の帰省の予定を知らせたり、彼氏と別れたり、これは夢が叶ったのかもしれないと感じ始めました。

期末試験も無事終わり、僕は3位でした。
僕はお姉さんと同じように京大法学部に進む決意を固めました。

「数学バリバリなんだから、理系にしたらどうだ?東大にしてさ」という担任に対して、「京大に進みます。それだけは決めました」と言い切りました。

25日、お姉さんは帰って来ました。
今度はとても大人っぽい服装でした。
ガキっぽい僕と並ぶと大人と子供でした。
2人で家路を歩いていると近所のおばさんが話し掛けてきました。

「まあ、◯子さん帰って来たの?」
「はい、ご無沙汰しています」

「◯◯クンと◯子さんは姉弟みたいに仲がいいのね」
「ええ、私の召使いですから」

僕は内心(ええっ)と思いましたが、すぐにジョークだと気づきました。
おばさんはケラケラと笑って、「◯子さん、法学部なんでしょ。だったら将来は弁護士ね?」と言いました。

「法学部だから弁護士になるわけじゃないですよ。でも法律家にはなろうと思っていますけど」

このとき初めて、お姉さんの目指すものを知りました。
このおばさんが高校時代のお姉さんのことを、「裸みたいな格好でうろうろしている」とか「高校に入ってからは頭じゃなくて体で勉強するようになった」とか好き放題に貶めていたことを思い出し、僕は言いました。

「でも法学部といっても◯大学の法学部とかだったら司法試験なんて通らないでしょう。あそこだったら就職した方がマシだもんなぁ」

◯大学法学部はそのおばさんの息子が通っています。
おばさんはムッとした表情になり、僕に向かって何か言おうとしました。

その時にお姉さんが、「どこの大学とか関係ないのよ。勉強さえすれば、方法さえ間違わなければ合格するのが司法試験だよ」と僕に言いました。

その目は笑っていました。
僕は恥ずかしくなりました。
お姉さんは外見だけでなく大人でした。

お姉さんの家に着くと、いつものように留守です。
僕はすぐにお姉さんに抱きつきました。
そしてそのままセックスに突入しました。
このときのセックスはそれまで余裕を感じさせていたお姉さんとは異質で、お姉さんも激しく僕に抱きついて、何度も何度も「好きよ」と言ってくれたのです。
こんなことは初めてでした。

それからの10日間、できるだけ僕達は会うようにしました。
もうお互いにわかっていました。
僕はお姉さんを名前で呼ぶようになっていたし、お姉さんの僕への接し方も明らかに以前とは異なっていました。
僕は勉強もまじめにこなし、お姉さんとも真剣に向き合いました。
お姉さんもそれに応えてくれました。
お姉さんが高校時代から今までに何人かの男の人と付き合って関係を持ったことは気になりませんでした。

「ねぇ、私、これから待ってるんだから、私がいない時にオナニーばかりして勉強サボっちゃダメだよ」
「うん」

「◯◯クン、待ってていいの?」
「待ってて。◯子さん、僕は前からずっと・・・」

こうして僕達は恋人になったのです。

今、僕は決意しています。
絶対に京大に現役合格し、お姉さんと1年間ではあっても一緒に京都で過ごすことを。
お姉さんはロースクールに進むので、「1年間じゃないよ」と言っています。
僕を色々な意味で成長させてくれた◯子さんを必ず喜ばせたいし、幸せにしたいと思っています。
両親も僕が京大法学部を受けることは賛成してくれています。

「◯子ちゃんのお陰で勉強できるようになって、感謝してもしきれないね」と母は言います。

「京大か。これから色んな出会いがあるかもしれないけど、お前には最高の出会いがもうあったんだな」と父は言いました。

父は薄々僕達のことに気づいていたのです。

「彼女はいい娘だ。年上でもお前が守るんだぞ」

僕は本気で勉強して必ず京大に合格し、将来は◯子さんと2人で法律家として生きていこうと思っています。