母の膣内に初めて射精した時の話

この体験談は約 9 分で読めます。

膣の温もりが亀頭を通じて感じられると、にわかに全身が熱くなり、つま先から頭のてっぺんまで電撃的な快感が走り、小刻みな痙攣を数回繰り返しながら私は射精した。
母は上体を少し反らせながら、「ああ・・・」と、小さな声をあげた。
ペニスの痙攣が止むと、母は放出された精液をすべて吸い取るかのように膣を締め、ゆっくりと腰を上げて結合を解いた。
立ち上がった母の女性器から精液が滴り落ちた。
浴室は、青臭い精液の臭いで満たされた。
その光景は、インスタントカメラやデジカメ、ましてやビデオカメラなどのお手軽な記憶装置がない時代だったから、いっそう鮮明な記憶となって残っている。

その日、当時はすこぶるマイナーであったサッカー部の練習から自宅に戻ると、母は風呂を使っていた。

「淳君、お帰りなさい。ちょっと背中を流してくれない?」

「えー、なんでー」

私は、やや不機嫌に答えた。

「母さん、働きすぎて、四十肩というのかしら、肩が少し痛くて、うまく後ろに回らないいのよ。だからお願いしているの。嫌なの?」

仕方なく私はパンツ姿になり浴室に入った。
母は檜で作られた浴椅子に腰掛け、浴室の鏡に向い、背中を浴室の入り口に向けていた。
鏡は浴室の入り口の方を向いていたので、母の肩越しに母の陰部が映っているのが見えた。
私が母の背後に立つと、ヘチマにたっぷりとシャボンをつけて渡してよこした。
背中を洗い始めると、「強すぎる」とか「もう少し優しく」とか色々と注文をつける。

「いちいちうるさいな」とか言いながらも、それはそれで楽しかった。
何しろ、ちらちらと鏡の中の母の陰部を見ながら、母の体に素手で背触れることができたのだから。

「いやらしい目つきで見ないで、真面目に洗いなさいよ」

言葉と裏腹に、私の視線を感じると、これ見よがしに股を開いて見せたりする。

「終わりだよ」

そう言って私は手桶に湯を汲んで、無造作を装いながら背中に残ったシャボンを流した。
母は、自分でもう一杯、手桶に湯を汲むと、それを勢いよく背中に掛けた。
それは勢い余って私のパンツを容赦なく濡らした。

「だめだめ、濡れてしまったよ」と私が言うと、「あらあら、ごめんなさい」と言いながら母はこちら向きになり、やにわに私のパンツを引き下げた。

母の眼前に、私の男性器が剥き出しになっていた。

「まあ、淳君、こんなに大きく硬くなってる」

母は私の男性器を両手で、包み込むように握りながら、「私に洗わせてね」と言った。

「自分で洗うからいいよ」

「恥ずかしいの?」

「別に恥ずかしくはないよ」

「それなら問題ないわね」

母とは小学校の低学年の頃までは、一緒に風呂を使っていた。
高学年になると、ませた悪童が色々と知恵をつけるものだから、母と一緒に風呂を使うことはなくなっていた。
当時の我が家の風呂は、『巴風呂』と言って、浴室外の釜小屋に銅製の二段重ねの釜があり、上段の釜で上がり湯を、下段の釜で浴湯を石炭で沸かしていた。
釜焚きは私の日課であった。
浴室と釜小屋との間には伝言用の小窓があった。
母はしばしば、追い炊きを私に命じた。
しぶしぶと引き受けていたが、小窓から湯浴みをしている母の姿態を覗き見するという楽しみもあった。
私の視線に気がつくと、こちらに母の女性器を向けたりする、お茶目なところが母にはあった。

サッカーで大汗をかいた後だったから、母の申し出は、本音では渡りに船ではあった。
頭、上半身、下半身と洗い流すと、私の男性器にシャボンをたっぷりと塗りつけ、陰茎と陰嚢を入念に洗った。
特に陰嚢を手のひらに乗せ、2つの睾丸の存在を確かめるように優しく揉み解していた。
もちろん陰茎は直立していた。

洗い終えると母は、私を浴槽の縁に腰掛けさせた。
母は私に対面して浴椅子に腰掛けた。
私の男性器と母の目線の高さは、ちょうど良い具合であった。
母は繁々と私の男性器を見つめながら言った。

「しばらく見ないうちにずいぶん立派になったわね。陰毛は完璧ね」

私のペニスは硬直し、ピクンピクンと上下動していた。
そして鮮やかな紅桃色をした亀頭が、少しだけ包皮から外に出ていた。
鈴口から我慢汁が流れ落ちてきた。

「ここは、もう少しね」

母は包皮の上から亀頭冠の辺りを優しく揉み解した。
そして我慢汁を指先に取り、少し出ている亀頭に擦り付けると、包皮を陰茎の根元に向かってゆっくりと引き下げ始めた。
母の手の動きに合わせて、微かに、“ピリ、ピリ”という音がしたような気がした。
同時に少しの痛みが走ったような気がした。

「痛い?」

「大丈夫だよ」

少し剥いでは、「痛い?」「痛くないよ」を繰り返していると、ピリッと音がして、亀頭が剥き出しになった。

「きれいな色ね、見て御覧なさい」

鮮かな紅桃色をした亀頭が露出していた。

「ありがとう」と思わず私は言ってしまった。

「痛かったでしょう?許してね」

そう言いながら母は立ち上がり、私の両腿を跨いで太ももの上に座った。
そして母は私のペニスを、難なく膣に挿入した。

「気持ちよかったでしょう?」

「とても良かったよ、ありがとう。母さんは?」

「少しだけね。でも、とても嬉しかったわ、あなたと性交できたのだから」

「私の夢だったのよ」と、少し間を置いて母が言った。
厳格な父がいたから、私たちが秘密の時間を持つ機会は滅多になかった。
しかも母は人目があるときには、私にだけ見せる淫乱な側面を窺がわせるような隙を見せることはまったくなかった。

その日以降、たまたま2人きりの時間があると、母は私を仰向けに横たえさせ、ペニスを弄り、亀頭の露出具合を点検するようになった。
私のペニスは母が包皮を剥いたので、勃起しているときには桃色の亀頭が半分以上は包皮から出ていたが、勃起が収まると包皮に隠れていた。
母は、陰嚢と睾丸を優しく揉み始める。
我慢汁が出てくると包皮をそっと剥いて亀頭を露出させ、我慢汁を亀頭全体に塗りつける。
そして柔らかい手のひらで包むと、亀頭を集中的に攻める。

「風呂に入った時には、こんな風に意識して亀頭を集中的に鍛えるのよ。そうすれば雁が高くなるわ。男は雁が高いのが一番なのだから」

そのようなことを言いつつ、片方の手で陰嚢を揉みながら、もう一方の手でペニスを握り、極めてゆっくりとしたスラスト運動で裏筋を刺激した。
睾丸がペニスの付け根に向かって移動し、陰嚢が縮んでくるとすべての動きを止め、「深呼吸しなさい」と言う。
それを何回か繰り返した後に・・・。

「いいわよ、思い切り出しなさい。思い切り出していいのよ」

私は勢いよく射精し、母はそれを嬉しそうに見ていた。
そして時間的な余裕があるときには、横になった母の性器に私の口をつけさせ、私に今でいうところのクンニリングの手ほどきをした。
夢中になって舌で母の性器を舐め回していると、膣口が開き、白い粘液が染み出してきた。
甘酸っぱい香りと味が印象的だった。
そして舌の先が軽く陰核に触れると、母は背を仰け反り、体を震わせ、時には声をあげた。
月に数回はそのようなことが繰り返されたと記憶している。
瞬く間に数年が経過し、集中攻撃のおかげで亀頭は完全に露出し、雁はそれなりに隆起して、自分の目にも逞しくなってきた。

私は大学生になっていた。
夏休みのことである。
庭の芝生の草むしりをしていると母が、「少し休憩しなさい」と麦茶を持って私の傍らにやって来た。
私が芝生に敷いたゴザに横になると、しばらく四方山話をしていた母が半ズボンの裾から手を差し入れて、私のペニスを掴んだ。

「ずいぶん雁が高くなったわね。よく見せて頂戴」

母はバンドを緩め、半ズボンとパンツを剥ぎ取った。
私のペニスは青天のもとに曝されて脈打っていた。
しばらくは私のペニスを眺めていたが、カウパー液が流れ出してくると母は我慢できなくなったのか、起立した私のペニスを口に含んだ。
母の舌は器用に動き、確実にツボを捉えている。
亀頭にまとわりつき、鈴口をくすぐる。
私はたまらず母の口内にドクドクと射精した。

「ザーメンの量もずいぶん増えたのね」

もう草むしりはどうでも良かった。
母の浴衣の合わせから手を入れた。
最初からそのつもりだったのであろう、腰巻はつけていなかった。
指先に触れた、しなやかな陰毛の感触が忘れがたい。

「見せて」と言うと、母は股を開いた。

晴天の下に開かれた母の性器に口をつけ、舌をつけた。
大陰唇、小陰唇、膣前庭、陰核包皮、陰核、教えられた通りに舌を這わせた。
陰核に舌が触れると、ピクンと体を反らせた。
膣口が開き、乳白色の粘液が流れ出してきた。
私は赤子が乳を吸うように、その粘液を吸った。
その香りと同じように微かな甘酸っぱい味がした。
夕刻になった。

「行水を浴びて汗を流してきなさい。さっぱりするわよ。今日はいつもより早めの夕食よ。いいでしょう?」

なんだか、はしゃいだ様子である。

「どうしたの?何か良いことでもあったの?」

「そうよ。父さんは今日からお仕事で、台湾へ出張したの」

それを聞いて私はすっかり図に乗ってしまった。

「それなら一緒に行水を浴びようよ」

「だめだめ、夕飯の支度が遅れるわ」

「そんなこと構わないよ」

あの日のことが鮮明に思い出された。

「覚えているよね。あのときのようにお風呂に入ろうよ」

「仕方がない子ね。でも、お楽しみは後よ。いいわね、約束よ」

「お楽しみって何のこと?」

「馬鹿ね、決まっているじゃない」

お互いの体と性器をじっくり観賞したり触れてみたり、そして入念に体を洗い合った。
夕食は、母の田舎から届いた細めのうどんであった。
野菜の掻き揚げと、えびの天麩羅は、私の仕事であった。
真剣に天麩羅を揚げていると、私の背後から手を伸ばして、時々ちょっかいを出す。
母の好物の梅酒で乾杯をして、ともかくも夕食を済ませた。

「シャワーを浴びてさっぱりしてからしましょう」

私はすぐにでも事に及びたかったのだが、それを見透かすように母が言った。
心なしか私の体は小刻みに震えていた。
あの日は突然の予期しないハプニングであったが、今晩は違う。
変な言い方だが、初夜を迎えるとは、こういうことなのかもしれないなと思ったりした。

普段は使うことがない客間に布団が敷かれ、いくつかの蚊取り線香の煙が立ち昇り、その臭いが充満していた。

「少し煙たいね」と私が言うと、「これから観音様を拝むんだから、ちょうどいいのよ」と母が言った。
上手いことを言うものだと私は感心した。

しかし、狂おしくなるほど期待していたのに、いざその時が来ると、どう振舞ったら良いのか全く見当がつかず、私は布団の前に呆然と立ちすくんでいた。
母はそそくさと浴衣を脱ぎ、素裸になって布団に座った。

「グズグズしないで素裸になりなさい。今さら恥ずかしがっても始まらないわよ」

母に促されて私は我に返り、言われるまま素裸になった。
そして母に対面するように布団に座った。

「私の目をよく見て。深呼吸をするのよ」

言われた通り数回の深呼吸をすると、少し落ち着いた気がした。
じっと母の目を見る。
目線が合った。
目線が合うと母は胸の前で両手を合わせた。
そして、「お願いいたします」と言って頭を下げた。
私も母に見習って両手を合わせ、「お願いいたします」と言った。

母は私ににじりよってきて私と胸を合わせ、私を抱き、接吻をした。
私が母を強く抱き締めると、母は舌を私の口に入れた。
ディープキスをしながら私達は横になった。
母の手が伸びてきて、私のペニスを握り締めた。
それを潮に、私も手を母の性器に伸ばした。
そして中指を膣に入れた。
母の性器が濡れてきた。
同時に私のペニスからカウパー液が垂れてきた。

「我慢できない?」

母は即座に、私の2つの睾丸がペニスの付け根に上がり陰嚢が縮んでいることを察知して、囁やいたのであった。
私が小さく頷くと、「初めてのことだから仕方がないわね」と言いながら私の上に体を重ねた。
そして上体を起こし、私のペニスを膣口に押し当て、ゆっくりと腰を突き出した。
私のペニスは母の膣にするりと収まった。
挿入が済むと母は腰を動かすこともなく、しばらくはそのままの体勢でじっとしていた。
それで十分であった。
あの日のように、母の膣の温もりが亀頭を通じて全身に伝わってきた。

「淳君、熱いわね、ペニス、とても熱いわ」

母は、膣を締めたり、緩めたりを繰り返した。
私の全身が熱くなり、ペニスが大きく痙攣して電撃的な快感が走り、母の膣内に大量の精液を放出した。
母は放出された精液を最後の一滴まで吸い取るように膣を締め、やおら腰を引いて結合を解いた。
母が腹圧を加えると、膣口から精液が流れ落ちた。

「シャワーで汗を流して、身を清めてからまた楽しみましょう」

私達は互いの体に、「お清め、お清め」と言いながらシャワーを掛け合った。
母は普段と違ってはしゃいでいた風で、雁が見違えるほど高く隆起した私のペニスをさも愛おしげに強弱をつけながら握り続けていた。

「何と言えばいいのかしら、雁が高いのがいいのよ。気に入ったわ・・・」

「父さんのと比べたらどうなの?」

「大きさはちょっと負けているかもしれないわね」

「大きい方が気持ち良くなれるの?」

「それは・・・わからないわね。母さんは、父さんと淳君しか知らないから。ペニスの太さとか、長さとか、硬さとか・・・技術とか・・・快感があるとか・・・そういうことは、問題ではないのよ・・・」

「僕とのセックスはどうだったの?よかった?」

「馬鹿ね、よかったわよ」

「でも絶叫しなかったね」

「セックスは絶叫すれば良いというものではないのよ。大切なことは満足感ね・・・そうよ、満足感。セックス中の快感ではなくて、セックスした後の満足感なのよ。淳君とのセックスは期待通り最高だったわ。満足よ」

母は、やや間を置いて、私のペニスを強く握り締めて言った。
私のペニスが硬直を完全に取り戻し、カウパー液が流れ出してきたことを察知すると、母は仰向けに横たわり、腰の下に枕を差し込んで両脚を開いた。

「淳君は経験不足だから。教えてあげる」

母の手引きのおかげで、私のペニスは難なく母の膣に滑り込んだ。

「淳君は動かなくていいのよ。深く、大きく呼吸をしてね」

などと言いながら母は器用に腰を動かし、強弱をつけながら膣を締める。

「母さんが合図を送るから、意識を亀頭の感触に集中するのよ」

「何をどうすれば良いのか、わからないよ」

本当に何をどうすれば良いのかよく判らなかったが、射精することから意識が多少は遠のいたような気がした。
母はたぶん射精の意識を逸らせ、射精を遅らせるつもりだったのかもしれない。
私は括約筋を締めて、亀頭をできる限り膨らませた。

「淳君、いいわ、いいわ、その調子よ」

母の膣が痙攣し、亀頭の先端に熱いものが振りかけられたような感触があった。
と同時に、私はたまらず射精した。
母は射精の瞬間、絶叫こそしなかったが、満足げに微笑んだのが印象的だった。