アメリカ人と付き合ってる私の性生活告白

この体験談は約 3 分で読めます。

今付き合っている彼氏はアメリカ人。
彼は29歳、私は27歳。
そもそもの出会いはアメリカ。

私たちがデートするのはアメリカの田舎。
私たちが付き合って初めてのセックスは彼の家でした。
海外の家は日本の家みたいに狭くなく、各々自分の部屋がありますし、プライベートはかなり尊重されています。
なのでアメリカ人は、日本のようにセックスする場所に困るなんてことはないのです。
だからか、ラブホテルなんてものもありません。
モーテルなんかはありますが、エンターテイメント性ゼロです。

そんな私たちも、2年も付き合っているとセックスもマンネリ化。
彼は結構満足してくれているみたいですが、私は結構飽きてきました。
正直、感じてるふりとかします。
全然楽しくありません。

私が彼と付き合う前に抱いていたアメリカ人の性生活のイメージって、結構激しかったり大変なのかなーとか思っていました・・・。
が、実際のとこと、彼はいわゆる普通。
彼が満足してくれればそれでいいのですが。

私から誘う時はベッドを使わず、椅子に座っている時にとか、キッチンでなんてこともします。
ある日、椅子に横並びに座って二人で勉強している時に、私から誘いました。
キスから始まりますが、だんだん下へ下へ。
私は跪いて彼のを咥えます。
彼はすぐ声が出るのでとても可愛いのですが、あえて「Good?」って聞きます。
彼は息荒く、「So Good」と言います(笑)

彼のスイッチが入ると立場逆転。
実はこれを待ってたりしました。
私は机の上に座らされ、彼は椅子。
そこからは彼の舌で、私はとっても感じてしまいました。
何回かイカされました。
で、ベッドにお姫様抱っこ。
ノーマル→騎乗位→バックでフィニッシュ。
私は最初の入りが肝心だと思っているので(笑)、なるべく色んなシチュエーションで持っていきます。

アメリカには結構アダルトグッズが豊富に売られています。
日本よりもオープンだと思います。
Mっ気の強い私は、彼と買い物をしている時にそういったグッズを買ってもらいました。

私たちが買った(私が買わせた)のは、電マとセクシーな下着。
ちなみに外国は可愛い系よりセクシー系の方が品揃え豊富です。
彼は制服を着て欲しいと言いますが、拒否(笑)
コスプレグッズも海外には豊富です。
浴衣も人気です(アダルトショップで)。

前回のハロウィンでは魔女のコスチュームを着ていたので、その日もそのまま私が誘いました。
ちなみにコスプレをする日は彼は毎回、最中に写真を撮ります。

「君はすごくセクシーだよ」とか「ビューティフル」って、必ず毎回セックスの時に言ってくれます。

私は毎回、彼が気持ちいいか聞きます。
しかも、どういう風に気持ちいいかとか。
私って面倒くさい彼女かも・・・。

彼は「君のアソコは僕のモノを掴んで離さないんだ」とか「君の中はとても温かい」と言ってくれます。

マンネリ防止は私の一方的な努力です。
ただ、シチュエーションを変えたりすることでとっても楽しんでいます。
今度、彼が日本に来るので、彼の人生初のラブホテルに行ってきます。
今からとっても楽しみです(笑)