スキーのペンションで相部屋になったエッチな女の子

この体験談は約 3 分で読めます。

スキーに行った時、ペンションに部屋を予約してあったが、ペンションに行ってみるとダブルブッキングされていることがわかった。
その部屋に今チェックインしているのは女の子!
困ったペンションのオーナーは他のペンションに当たっていたが、さすが連休でどこも満室。
すると先にチェックインした女の子(玲子、仮名、25歳)が、「同室でもいいですよ!」と言ってくれて宿を確保できた。

夕食を食べ終わり、玲子をナイターへと誘うと喜んでついて来た。
ナイターも終わり宿へ帰り、冷え切った体を温めようとお風呂に入りに行くことにした。
お風呂から帰ってきた玲子はとてもいい匂いがしていた。
玲子は、「お風呂上がりに一杯!」と言ってビールを買ってきた。
ビールを飲んでいるうちにムラムラしてしまい、玲子の隣に座り肩に手を回すと拒んでこない。

(これは!)と思い、今度はもう片方の手を胸へと伸ばすと、「あんっ」と可愛らしい声を出した。

服の上から胸を揉み始めると見た目と違ってかなり大きかった。
胸から下半身へと移すと玲子も俺の下半身へと手を伸ばしてきた。
すると玲子は、「大きい!口にちょうだい」と言って来た。
俺も玲子に、「オマンコ舐めたい」と言って69の形になった。
玲子のオマンコは綺麗なピンク色で指で、触るとすぐにビショビショになった。
俺は玲子のオマンコに吸い付くように舐めまくった。

すると玲子が、「入れて!」と言って来た。
俺が、「自分で入れてみな!」と言うと、玲子は俺のチンポをオマンコに宛てがい、俺のチンポをオマンコに咥え込んでいった。
玲子のオマンコはとてもキツく締まりのいいオマンコだった。
おまけに腰使いも上手で、1分くらいでイキそうになったので体勢を入れ替え、今度は俺が玲子を突き始めた。
玲子は、「奥に当たる!すごくいい!!もっと激しくして!」と言って来た。
俺もやばいくらい気持ちよかったが、それ以上に玲子は感じていたらしい。

「イクッ、イッちゃう!」と言い、最初の絶頂を迎えていた。

俺もやばくなり、「どこに出せばいい?このまま中はまずいでしょ?お腹でいい?」と聞くと、「口に出して!飲んであげるから」と言って来た。

「わかった、じゃあ口に出すね」
「やっぱりそのまま中でいいよ、今日は安全日だから」

「中でいいの?じゃあこのまま中に出しちゃうよ、溜まってるからいっぱい出すよ」
「うん、たくさん出して!私のオマンコに!」

俺はその声と同時に、「玲子出すよ」と言い、玲子のオマンコ奥深く子宮目掛けて大量の精液を放出した。

「たくさん出たね」
「だって玲子のオマンコ気持ちよかったから」

「そんなに気持ちよかった?それならもう一回出来る?」
「もちろん!」

抜かずに2回戦を開始した。
さすがに2回戦目は、すぐにはイク気配がなかった。
玲子は途中何度もイッていた。
2回目の射精を玲子に中出しし、チンポを抜くと玲子が口で綺麗に舐めてくれた!
するとまた大きくなり始め、「また大きくなった!もう一回する?」と聞いてきた。

「いいの?疲れてない?」

「うん、大丈夫!ってかもう一回したい」

そう言ってきたが、俺の2回分の精液が気になり、「俺の精液出てきてない?」と聞くと、「まだ出てきてないから今のうちに入れて」と。
3回戦目ももちろん中出し!

チンポを抜き、しばらくするとやっと俺の精液が割れ目から溢れてきた。
玲子に「少し力を入れてみて」と言って力を入れてもらうと、ドドッと溢れてきて、あっと言う間にシーツに大きなシミが出来た。

「すごい量、でももっと出したはずだよね!子宮にも入ってきた感覚あったから!」

この夜はここで終わりにし、寝ることにした。
次の日も一緒に滑り、帰り道が同じ方向で玲子は新幹線で来ていたので一緒に車で帰ることにした。

もうすぐ玲子の自宅という所で、玲子はいきなり「フェラしたい」と言って咥え始めた。
それならばと近くのラブホに入り、また3回ほど中出しさせてもらった。
それから週末は一緒にスキーに行き、毎回中出ししています。