幼なじみの二人の女の子とのエッチな話・前編[小学校編]

この体験談は約 4 分で読めます。

みんなの体験談を読んで、自分も書いてみようと思った。
思い出しながらなので一部脚色もあるし長いけど、小・中の頃にあったエッチな話です。

<登場人物>
A:自分。外で遊ぶのが嫌いな男子。そろばんと書道通ってた。
B:バレークラブの女子。小4くらいから胸が膨らんできてた。元気。
C:本読むのが好きな三つ編みメガネ女子。小柄で、仕草が女の子っぽくて可愛い。

自分とBとCは家が近所で、幼稚園の頃から一緒に行動してた三人組だった。
あちこち畑があるような田舎で、うちは実家で商売してて、父母、それに歳の離れた兄姉は働いてて、習い事の無い日はいつも家で一人だったから、両親が共働きしてたBとCはよくうちに遊びに来てた。
たまにBやCのきょうだいが来る時もあったけど、この3人で遊ぶことが多かったと思う。
当時はファミコンが世間に現れた時代で、自分とBはマリオとかスカイキッドとかに熱中して、Cはうちに大量にあった児童向けの本を片っ端から読んでる、そんな日々。

まず小5~6の頃の話。
学校で性教育があった日の放課後にCが、「あれ、本当なの・・・?」って。

『あれ』とはちんちんから赤ちゃんの素、要は“精子が出る”って話。

そこから自分とCでわーわー話してたら、Bが「あのさっ!」って遮るように大きな声出してきた。
顔を赤くしてて、Bってこういう話嫌いだったのかなって思ったらその逆で、ランドセルから保健の本出して、「Aのと、これ(教科書に載ってたペニスの絵)、比べさせてよ」って。
顔は見たことないくらい真っ赤。
自分は「へ?」って絶句してた。

(そんなやらしいことできるわけないじゃん)って思ってた。

だけどCも、「その、Aくんがいいなら、わたしも見てみたい・・・」って言ってきた。

今まで性の意識とか皆無な自分だったけど、この瞬間からそういうのを意識し出すようになった。
『ちんちん見せろとか変態じゃねえの?!』と言いそうになりつつも、(女子に見せたい、見られたい)っていう露出衝動みたいなのが湧いてきた。
二人の目がじーって真剣に自分を見てて、何か恥ずかしくて目を合わせられなくて、興奮でわけわかんなくなって、急に立ち上がってパンツごとズボンを下ろした。
二人してきゃーきゃー。
頬に手を当てながら、じーっと見つめてくるC。
恥ずかしいのか、ちらちら、とそこに目を向けては背けるB。
まだ皮も被ってるし毛も生えてない、子供のちんちんなのだけど、見るの初めてだったらしい二人はかなり興奮してたみたいだった。
見られてる自分も頭に血が上って貧血みたいな感じだった。

そんな中、ふとBの胸が目に入った。
膨らんできたのが服の上からでもわかる、おっぱい。
何だか急におっぱいが気になり始めた。
凝視してたのがBもわかったみたいで、両手で隠すような仕草をした。

普段と違ったBの仕草にドキッとして、「なんだよ、こっちも見せてるんだからBも見せろよー」って冗談めかして、だけど少しだけ本気で言ったんだ。

するとBは胸から手をどけるだけでなくて、Tシャツやその下のシャツ脱いで、ブラジャーを晒した。
ゴクッて唾飲んだ。
同じクラスの女子のブラジャー。
何の飾り気もない白のスポブラみたいなのだったと思うけど、それでもすごい興奮した。
勃起してもそんな変化ないくらいのちんちんだったけど、すごいムズムズした。

ふと横見たら、CもBのブラジャー姿を凝視してた。
Bは二人からガン見されて恥ずかしそうにしてて、やがてブラを両手で隠すようにした。
すごい興奮した空気で、誰も何も言い出せないし、動けない。
そんな沈黙を破ったのはBだった。

B「・・・その、Aさ、おっぱい見たい?」

女子が『おっぱい』という言葉を発しただけで気が狂いそうなくらいの興奮だった。
興奮しすぎて喉がカラカラで、コクコクって首を縦に振るしかできなかった。

Bがゆっくりとブラジャーを外した。
生のおっぱいが見えた。
膨らんでる。
乳首が桃色で、豆みたいにプクッてなってた。
荒い息でおっぱいから目を離せなかった。
すっごいエロかった。
数秒か数分だったのかわからないくらいの時間が経って、「もういいでしょ」って言ってブラジャーとシャツを着始めた。
ブラを着ける仕草がすごい“大人の女性”って感じがしてドキドキした。

ふとCを見たら、女の子座りでぺたんと床に座ってて、太ももをもじもじしてた。

「どうしたの?」って聞いたら、「おまたがムズムズするの」って、恥ずかしそうにつぶやいた。

(おまたって・・・おまた?)

おまんことかそんな単語すら誰も知らなくって。
Bが、「あたしもAも見せたから、次はCの番にする?」って冗談っぽく言ったら、「うん」ってCがゆっくりとスカートを脱ぎ始めた。
なぜだか(止めないと)とか思ったりしたけど、結局動けなかった。
保健の本と見比べながら、Cのおまたを見た。
その時の自分はBのおっぱいほどはエロいって思わなかったけど、いけないことしてるっていう背徳感みたいなので興奮してた。

「触ってみたい」って言ったら、「先にAくんのおちんちん触らせて」って言われた。

交換条件で、ちんちん触られながらCのおまたを触ってた。

触ったら、「はぁ、はぁ」とCが声を出し始めた。
Cは、幼稚園の頃から触って変な感じになるってのは知ってたけど、母親に「汚いから触っちゃダメ」ってきつく言われてたって。
ダメって言われるから余計にじゃないけど、たまに触ってたって。
興奮の空気に当てられたのか、そんな恥ずかしいことも話してたCは、「だけど、Aくんに触られたらすっごいドキドキする」って。
で、Cと二人で触りっこして、Bが横でじっと見てる。

そんな時間は、母の「ただいまー!BちゃんCちゃん来てるの?」という声で終わりを告げた。

「はーい!」って大きな声で答えながら、「ヤバいヤバい」って三人で慌てて服を着た。

それ以降、特に何か起きるわけでもなく、小学校のエロい思い出はこれで終わり。

<続く>