俺の武勇伝の証となったICレコーダー

この体験談は約 6 分で読めます。

中学生の時の話。

プールの授業が終わって教室に戻ってくる時に、ある女子のパンツが無くなっているという騒ぎがあった。
で、犯人探しが始まったんだけど、なんか日頃から俺のことを「キモい」とか「不潔」とか、影でコソコソ(と言いつつ、結構あからさまに)なじってるグループ(男子)が居て、そいつらのリーダーが俺を指差して、「◯◯くんがプールを途中で抜け出して教室に戻ってたから怪しいと思う」と発言。

確かにプールの授業中は、各自練習する時間があって、結構先生の目はゆるく、みんな自由に泳いでいた時間があったから、抜け出すことも不可能じゃないが、俺はそんな抜け出したりはしていなかった。

しかし、俺には友達がいなくて、誰も俺がプールの授業を抜け出していないことを証言してくれる人が居なかった。
結果、クラス中の罵声の嵐。
俺の持ち物を全部机の上にひっくり返されて、クラス中に晒された。
別に問題のパンツはおろか、変な持ち物なんて一切なかったからいいけど。

そしたらリーダーが「どこかに隠したんじゃね?」とか言いだして、結局俺の疑いは晴れなかった。

後で担任に職員室に呼ばれてキツく尋問されたが、俺は何にもしてないし、ただひたすら「やっていません」と言うしかなかった。

信じられないことにその場で担任は俺の母親を電話で呼びつけ、事情を説明した。
(事情といっても、俺が怪しいのではないかという勝手な推論の押し付け・・・)

母は俺よりも担任の言うことを信じ、「謝りなさい!隠してるパンツを早く出しなさい!」と俺を責める。

その場にさらに被害者の女子まで呼び出し、そいつの前で無理やり頭を押し付けられた。
結局、俺は最後まで認めなかったので、母親がキツク叱っておくことと、後で女子の家に謝りに行くことと、パンツの弁償を約束し、その場は開放された。
家に帰ってからは父親が俺の無実を信じてくれて、母親を一喝してくれたので、後日女子の家には行かなかった。

次の日、教室に入るなり「変態」とか「パンツ返せ」とか罵声を浴びせられた。

「俺は犯人じゃない」といちいち反論してたら、リーダーが背中を思いっきり蹴ってきた。

ムカついたので蹴り返したら、リーダーと取り巻きみんなに反撃される始末。
そこへ担任が入ってきて騒ぎの原因を問いただすと、リーダーが「◯◯にパンツ返してあげなよって優しく注意したらいきなりけってきた」と主張し、みんなも賛同。
また俺は呼び出しを喰らい、母親同席で厳重指導・・・。

そのとき俺は、何故か分かんないけど“リーダーが犯人だ”という絶対の確信が湧いた。
なんとか疑いを晴らすための証拠が必要だと思い、父親がICレコーダーを持っていたことを思い出したのでしばらく借りることにした。

早速次の日、朝早く教室に行って仕掛けにいった。
机の中に入れてもすぐ見つかってしまうので思案していたところ、ちょうど奴の机は廊下側の壁に接しており、壁の上下の窓が開けてられたので、廊下側に仕込むことにした。
廊下側はロッカーになっており、普段使わないような学習教材なんかをしまっておける。
そのロッカーの俺の区画の奥にICレコーダーを設置し、試しに奴の机で「アーアー」と普通くらいのボリュームで喋ってみた。
バッチリ、明瞭な声で記録できた。

それから毎日、朝仕込んで夕方回収しては証拠となることを喋らないかどうか聞いていたが、1週間経っても全く証拠となるような発言はしなかった。

その間、リーダーとその取り巻きはしつこく俺に暴力を振るったが、やり返すとまた担任に事実を捏造してチクられるので黙って耐えた。
他のクラスメートも俺と目線を合わさなくなった。

焦りも出てきて、意を決して、リーダーを放課後に呼び出してレコーダーの近くで「お前が犯人だろ」と問い詰めてみたが、それでもボロは出さなかった。

「俺が犯人だという証拠でもあんのかよwww」って言う言い方に、「俺が犯人なんだけどお前に罪をかぶせてやったぜwwwざまぁwww証明してみろホレwww」的なニュアンスを感じ取ったが、やや絶望を感じた。

ただ、この事が事態を好転させた。
次の日、奴が罠にかかったのだ。

放課後、奴と取り巻き2人の3人での会話を拾っていた。

リーダー「昨日◯◯が『お前が犯人だろぉーーー』とかキモい顔で言ってきたよ」
取り巻きA「うわぁキモっ」
取り巻きB「うぜぇーwwww」

リーダー「ムカつくからボコってやったよwwww」

(ボコられてねぇよ、誇張すんな)と思いつつ、この時点でなんか喋ってくれると思ってワクワクした。

そして・・・。

リーダー「ま、犯人は俺なんですけどね!」
取り巻き「アーッハッハッハプゲラゲラアひゃはやひゃwふぉうぃあjふぇうぇいfjげrgg」

思わず俺はガッツポーズ。

おまけに・・・。

取り巻きA「そういえばさ、なんで盗んだパンツ、あいつのカバンなり机に仕込んでおかなかったんだ?そうすれば決定的証拠をあいつになすり付けられたのにwww」
リーダー「いや、なんか△△(被害者の女子)のパンツを手に取った瞬間、なんかこうムラムラしちゃって・・今、俺の家にあるwww」

取り巻きA「うわーさいてーーwww」
取り巻きB「おまっ、それでヌイてないよなー?www」

リーダー「何度か、オカズにしちまったwww」
取り巻き「プゲラウヒャオエエエテウェrw」

取り巻きA「そうだ、じゃあさ、パンツに精子ぶっかけた奴を◯◯の机に入れておかね?」
取り巻きB「うわっ!それを暴いたらダメージでかくねwwwwww??」

リーダー「ナイス!それ行こう!ちょっと待てwwwそれ俺の精子をみんなに公開すんのかよwwwwお前やれよwww」
取り巻きA「やだよwww」

取り巻きB「じゃあ◯◯に強制的にオナニーさせて奴自身の精子かけさせるのは?」
取り巻きA「それじゃ、俺らが犯人だって奴にバレんだろ」
取り巻きB「あー」

リーダー「いいんじゃね?奴にバレても、精子パンツが奴の机から発見されればあいつがいくら俺らが犯人だと主張しよーと、クラスの連中はどっちを信じるんだ??」
取り巻きA「あー、まーなーwwww」
取り巻きB「じゃあ早速来週あたり実行ってことでwwww」

その後は、俺をどこにどうやって呼び出すとか、誰を何人集めるとか、オナニーさせる方法とかを一生懸命研究していました。

早速その音声を明日、みんなに報告してやろうと楽しくなってきました。

それと念のため、リーダーと取り巻き2人の家庭にもご報告をと、ICレコーダーからカセットテープに録音を移し変えて、俺がお宅の息子から無実の罪を着せられていること、毎日暴力を受けていること、など事件の一連の報告を手紙にして、テープと共に3人の家に郵送しておいた。

次の日、帰りの会のときの通例となっている日直からの「何か連絡事項ある係りはいますかー?」の問いの時間に発表しようとした。

その日の日直はちょうどリーダーの奴で、奴の問いかけにすかさず手を挙げる。
案の定崩れた笑顔で俺をシカトするので、構わずICレコーダーを手に教壇に上がった。

担任は「何する気だ?座ってろ!」と俺を引きずり下ろそうとするが、構わず「この間、△△の下着が盗まれた事件があってから、俺が散々疑われているけど、真犯人が判ったので発表します!真犯人は、××(リーダー)です!」と一気に叫んだ。

クラスのみんなはザワザワし始める。
リーダーは「はぁ?」という薄ら笑いをしている。

担任は「何言ってんだ?××が犯人なわけないだろが!証拠もなく罪を押し付けるな!」と俺に怒鳴った。
(リーダーは俺と違ってイケメンだし、みんなの前ではハキハキしてて明るいし成績も良い方だったので、担任の信頼は厚かったみたい。)

すかさず「証拠はコレです!」とICレコーダーを突き出す。

「これは、事件のあった次の次の日から廊下のロッカーに仕込んでおきました。そこで××が自分が犯人であると告白する発言を拾っています」と言い、おもむろに再生スイッチをON。

俺がリーダーを問い詰めるところから始まり、リーダーと取り巻き2人の会話、リーダーの犯人宣言とオカズにしてます宣言が垂れ流された。

シーンとする教室。

凍り付いていたリーダーがイキナリ取り乱して俺のICレコーダーを奪おうと襲いかかる。
すかさず前蹴りを食らわして、寄せつけないようにした。

担任も、「もういい!わかったから!」と俺に寄ってくる。

担任とリーダーが俺を止めようとするのを構わず、身をかわし続けながら再生を続けた。
その間、俺に対する強制オナニーの計画検討会議の様子をずーっとクラス中に伝えた。

すべてが終わった後、再生を止め、担任に向かって「これで俺の無実は証明できますよね?」と聞いた。
担任は呆然として「ああ」と呟くだけ。

立て続けに「先生はさっき、証拠も無く罪を押し付けるなと言いましたよね。で、先生やクラスのみんなは証拠も無く俺を犯人と押し付けましたが、それはどういうことですか?で、真犯人の××、何か△△さんや俺やみんなに言うことはないの?」と捲し立てた。

教室はザワザワ、リーダーと取り巻きはずっと下を向いて俯いている。
担任はただ慌てて「今日はみんな帰りなさい、早く、帰りなさい」とみんなの教室からの退出を促した。

その後、担任は学年主任と共にウチに来て土下座で平謝り。
(校長とかが謝罪にくるレベルではなかったらしい・・・)

クラスメートの一部は俺に謝ってきてくれて、イジメは無くなった。
リーダーと取り巻き2人は、クラスの信頼を失い、一気に地に落ちて皆の輪に入ることは一切無くなった。
さらに被害者の女子の家に親同伴で謝りに行ったらしい。

あとおまけだけど、俺の体についたアザも彼らからの暴力の証というのが認められて、彼ら3人とその親からにご足労いただき、濡れ衣着せたことを含めて謝罪を受けた。
封筒みたいなのを渡そうとしていたが、父親が「受け取れません」と断固として拒否していた。
後で俺に「(イジメを)気づいてやれなくて悪かったな」と言って、ICレコーダーをそのまま俺にくれた。

最後に、当初担任と共に俺を犯人と決めつけていた母親は俺に平謝りでした。
お小遣いを次の月から1年間倍にすることで和解が成立しました。

・・・というようなことが中学時代にありました。

そのICレコーダーは今でも自分の昔の武勇伝(?)の証として大事に使ってます。