ヤリマン姉妹が筆下ろしをしてくれる人気ゼミ

この体験談は約 4 分で読めます。

大学2年生の秋になり、ゼミがはじまりました。
メンバーで仲良くなるようにとゼミ合宿が開催され、参加することになったのです。

温泉宿でゼミ合宿がはじまりました。
夜になるとお酒が入り、みんなほろ酔い気分になりました。
ゼミのメンバーの中に、入る前から知っていた人があまりいませんでしたが、お酒が進むと会話も弾みました。

飲み会がお開きになると、まだ飲み続けたい人、カラオケを歌いたい人、寝たい人、喋りたい人・・・それぞれ自由時間になりました。
僕は、どういうわけかお風呂に入りたかったので、お風呂場に行きました。
湯船に浸かっていると、後ろから2人の女性がやってきました。
2人は姉妹でした。
驚いて女性に聞くと、「ここは混浴」と言われました。

姉妹も湯船に入りました。
この姉妹は遊び人で有名でした。
僕を挟むように両側に来て、普通に会話しはじめました。

「彼女はいるの?」

「いません」

「付き合ったことは?」

「ありません」

「じゃあ風俗は?」

「行ったことありません」

「童貞なの?」

「・・・」

妹の方が湯船の中で僕のモノをつかみ、しごきはじめました。
そして行為は徐々にエスカレートしはじめました。

「女性にこういうことされたかったんでしょ?」

さすがは遊び人、手馴れた手つきでしごかれて、初めてだった僕はあっさりと湯船の中に発射してしまいました。

「ずいぶん早いのね」

「もうちょっと我慢できるように鍛えてあげようか?」

今度は姉が僕のモノを自分のオッパイに挟み、いわゆるパイズリをはじめました。
姉のオッパイは柔らかくて気持ちのいいものでした。
そしてものすごいテクニックだったので、またしても僕はあっさりと発射してしまいました。

湯船から上がり、風呂場の隅に連れて行かれました。
椅子に座らされ、その上に妹が乗り、僕のモノを手で掴んで素股をはじめました。
緩急をつけてお尻が僕のお腹のあたり、モノを勢いよく手でしごかれました。
またもや僕はすぐに発射してしまいました。

「物足りない男ね」

「初めてなんだからこんなもんでしょ」

その後、身体を洗って風呂から出ようとすると、姉に「後で私たちの部屋に来て」と言われたので、部屋に行くことになりました。

一度、僕の部屋に行き、荷物を置いて、姉の後を歩いていきました。

「ああっ、だめぇ、きもちいい」

声が聞こえてきました。
部屋に入ると、妹の他に2年生の女性がもう1人いるのが見えました。
その女性は、「だめぇ、こっち見ないで」と言いました。
見るなと言われると、余計に気になって見てしまいます。
妹は女性のあそこに、最初は小さいバイブを、次に先端が動く大きめのバイブを入れ、前後に動かして攻め立てていました。
その後、電マを使ったところ女性は激しく潮を吹きました。

「この娘、あんたと一緒で、エッチしたことがないんだって?」

「あんたが面倒見てあげなよ」

姉が僕の股間を撫でると意思に反して勃起しはじめました。
僕は姉妹が見ている前で、ほとんど会話をしたことがない女性に挿入しました。

「ほら、もっと腰動かして」

姉妹に指示された通りに腰を振りました。
最初はゆっくり、徐々に激しく腰を振ると、女性はあそこから雫をぽたぽたと落としました。

「イッちゃう、だめぇ、あっ、あっ」

そして激しく潮を吹きはじめました。
それでも僕は発射するまで腰を振り続けました。
その行為を横で見ていた妹が、「なんだか私もやりたくなってきた」と言って、騎乗位の体勢に持ち込まれ、行為がはじまりました。
一方で姉の方もあそこを僕の顔の前に向けて、「私も舐めて」と言ってきました。

妹はとにかく激しく腰を上下に振り続けました。
テクニックなど関係なく、ただ激しさを求めてきました。
一方で姉は、舐めながら指を入れてGスポットを攻めると、さっきまでの威勢の良さは消え失せ、か弱い子猫のように「あっ、あっ、そこだめぇ」と喘ぎはじめました。
姉はGスポットを攻められたことがあまりないようで、形勢逆転となりました。
さらに激しく指を動かすと、大量の潮を吹きました。
妹も激しく腰を振り続け、ハメ潮を吹きだしました。

その後、姉は立ちバックをしようと言いました。

「もっと、もっと激しく突いて!」

これ以上は無理というくらい激しく攻め立てました。
すると姉はまたしてもハメ潮を吹きました。

こうして初めてのゼミ旅行は終わりました。
あの姉妹は、その後もセックス経験のない男女を見つけては、無理やり即席カップルでセックスをさせていたようです。
おかげでうちのゼミでは、2年生が終わる頃には童貞も処女もいなくなりました。
それが下級生の間で噂になって、ゼミの応募者は毎年学内で1番人気でした。

タイトルとURLをコピーしました