社内不倫していた人妻上司を脅して調教

この体験談は約 5 分で読めます。

僕は31歳の独身会社員です。
彼女いない歴もかれこれ7年くらい経つでしょうか。
これは、前回付き合った彼女との別れにすったもんだがあり、かなりの労力を使ったため、若干特定の女性と付き合うのに躊躇っているせいもあります。
あと、独り身で風俗通いが好きなだけ好きな時に出来ることに今は満足していることもあります。
しかし、周りの同期は昇進していき、会社での焦りがあるのも事実。
しかも今回、あるプロジェクトに関わることになったのですが、てっきりリーダーに指名されると思いきや、サブリーダーでした。

リーダーは34歳の真美子さん。
もちろん社歴は先輩なのですが、今までもこれといって重要な役職はなく、すでに結婚しており、噂では私用で急に休むこともしばしばだそうで、どちらかというと僕が見張り役なのかと思ってしまうほどです。
元上司に確認したところ、真美子さんも一応結果を出していて、認められての昇格らしいので、従うしかないなと思いました。
唯一許せるのは、真美子さんは結構グラマーで、推定Fカップのおっぱい。
スーツ姿がいつもミニスカートで、スカートからこぼれる太腿がちょっと気になっていたのです。

真美子さんと一緒に働きはじめて数週間が過ぎた頃、僕は見てはいけない秘密を見てしまったのです。
それは、この人事の秘密に迫るものです。

僕が退社後、忘れ物に気づき、社内に戻った時のことです。
気づいたのが30分以上経ってからで、しかも翌朝に経過報告するために、家で資料整理しようと思っていたので、どうしても必要だったのです。
真美子さんは残業すると言っていたので、たぶんまだ残っているだろうと思い、会社のある集合ビルに入っていき、僕たちのプロジェクトの部屋に近づきました。
すると、部屋の中から男女が性行為している声が漏れてきたのです。

誰も来ないと思っているのか、ドアは半開き。
中の様子をチラ見したところ、真美子さんと、なんとうちの会社の新規プロジェクトの部長でした。
その部長は真美子さんを人事に推薦した本人です。
前からの関係なのか、この件を機にその関係になったのかは定かではありませんが、そういえば新人の時に1から教えてくれたのが部長だし、恩返しをしたいと言っていたのを思い出しました。
ひょっとしたら、すでにその頃からの関係なのかもしれません。
とはいえ、2人とも家族ある身、いわゆる不倫関係です。

僕はいいネタをいただいたと思いました。
携帯で動画を撮り、動かぬ証拠をゲットしたのは当然の流れです。

さて翌日。
資料も無事に発表が終わり、部長からもお褒めの言葉を頂き気分も上々です。
その日は部長は家庭の用事があるらしく、定時でそそくさと帰っていきました。
真美子さんは今日も残業をするらしいです。
他の同じプロジェクトのメンバーも退社していきました。
僕は、真美子さんに一緒に残業すると告げました。

1時間ほど経過し、仕事の目処が立ち、真美子さんから休憩しようと提案があり、コーヒーを入れてもらいました。
僕もビルの1階にあるコンビニに行き、スイーツを買い、一緒にホッコリと休憩しました。
しかし一転空気が変わりました。
昨日のことを問い詰め始めたからです。
別に脅すつもりではなく、昨日見たことを話し、証拠の動画も見せました。

真美子さんは凍っていました。
ご主人が転職をしたようで、それもあまりいい転職ではないようで生活が厳しく、それを部長が気遣って今回の人事になったようです。
部長との関係は、新人の頃に数回あり、今回の件で部長から関係を迫られて復活したようです。
断りにくいと言います。

確かに難しいでしょう。
しかし、僕もこのことを知ってしまい、ただでは終われません。
ご主人とはすれ違いで、もう1年以上セックスしていないそうです。
お互い忙しいからと割り切っているそうですが、真美子さん身体が割り切れないようで、ミニのスカートを穿いたり、胸を強調する服を着たりして、周りにそれとなくセックスアピールしてしまっているそうです。
僕がその網に引っかかった魚みたいなものです。
しかも僕をサブに指名したのは真美子さんでした。
ひょっとしての期待はしていたというのです。
もうやるしかありません。

僕は真美子さんに、昨日部長とやっていたそのままを僕としようと提案しました。
もちろん真美子さんは受け入れるしかなく、2人はたっぷり職場でセックスし、その日は退社しました。

それから2週間、何度か関係を持ちましたが、部長ともまだ続いているようです。
僕は真美子さんに隠し撮りを勧めました。
2人の関係を映して部長を脅し、なんとか関係を断ち切らせたのです。
今では何もなかったように一緒に仕事をしています。

さらに2週間、完全に真美子さんを僕のものにしました。
ついには真美子さんを僕の言う通りに調教することにしました。
まずは、朝の服装チェックから。
真美子さんのスーツとブラウスをワンサイズ小さく買い直しをさせ、今まで以上にFカップのおっぱいははち切れんばかり、ヒップは割れ目がはっきりするくらいにフィットしています。
スカートはすべて膝上15センチに設定。
ストッキングは穿かせますが、ブラとショーツの着用を禁止。
しかも、いつでも嵌めれるように、オマンコのところが穴が開いているものを着用させ、それを毎朝確認します。

午後からの外回り。
一緒に車で営業に回ります。
今までは真美子さん1人で回っていたのですが、僕が同伴することにしました。
真美子さんは助手席で、移動の最中はずっとオマンコにバイブを挿入しています。
営業回りの約3時間、車内の時間はずっと喘ぎっぱなしです。

夕方、会社に戻り、今日の仕事の成果の確認を真美子さんが各メンバーと1人ずつ、部屋に呼び出して面接形式で行ないます。
時間にして約20分。
僕はその間、バイブでビチョビチョに濡れた真美子さんのオマンコをひたすら舐め回します。
真美子さんは必ず、「もう我慢できない!おちんちんを早く頂戴!」と懇願してきます。
しかし営業中ですから、他のスタッフもいます。
もちろんお預けです。

夜、全員が帰った後、僕はご褒美におちんちんを差し出します。
真美子さんはおちんちんの根元までおいしそうに咥え込んで、よだれもいっぱい垂らしてとてもスケベです。
もちろん僕もお返しします。
でも会社での残業はここまでです。

深夜、場所は真美子さん夫婦の寝室。
ご主人が夜勤で家に不在の日。
この日が僕と真美子さんが思う存分に交われる日なのです。
週に2回程度ですが、その日は残業なしで自宅に直行し、一緒にお風呂に入ります。
お互いに体を泡だらけにして、相手を洗います。

お風呂から上がると寝室に行き、ねっとりとしたセックスの時間になります。
僕のお気に入りは真美子さんの騎乗位です。
腰の動きが半端なく激しくて、むっちりしたお尻が僕の股間に打ち付けられます。
Fカップの激しい揺れを下から見上げる景色がたまらないのです。

もちろん僕も頑張ります。
真美子さんのお気に入りは立ちバックです。
真美子さんを鏡台の前に立たせて、手をつかせます。
脚を広げ、お尻をグッと突き出し、後ろから嵌めさせてもらいます。
腰を動かしながら真美子さんのムッチリお尻を何度も平手打ちしながら罵倒します。

「旦那は働いてるっていうのに、このどスケベ女が!」
「生活が苦しいからって、身体を使って昇進しやがって!」
「年下の部下に辱められてこんなにイキまくりやがって!」
「硬いチンポがあれば、あとは何もいらないんだろ!」

そのたびに真美子さんは、「もっと!もっと!私のこと辱めて!」と泣き狂います。

真美子さんは離婚して僕と一緒になりたいと言ってきました。
しかし断りました。
僕たちは、いけない関係だからこそ上手くいっていると思ったからです。
だから逆に、絶対に離婚しないようにお願いしました。
その甲斐あってか、今のところ支障なく2人の関係は続いています。

タイトルとURLをコピーしました