初体験で潮を吹いてシーツをびちょびちょにした後輩

この体験談は約 3 分で読めます。

その日は午前中でテストが終わり、夕方から暇だったので友達と飲みにでも行こうかなと思っていた。
すると後ろからサークルの後輩の彩香に声をかけられた。

彩香「◯◯先輩、今日この後って空いてますか?」

オレ「あ、うん、空いてるけど、何かあった?」

彩香「あの・・・先輩にここの問題のコツを聞きたくて」

オレ「いいけど、俺の時と同じ問題が出るとは限らないよ」

彩香「いいんです。持ち込み可なので色々教えてください」

オレ「でも、どこで教えればいい?」

彩香「私の家に来ます?」

オレ「いいのか?彩香、彼氏いなかったか?」

彩香「それが・・・別れたんです」

オレ「まじか?なんでそれを早く言わないのさ!」

彩香「だって・・・先輩に嫌われちゃう・・・」

オレ「そんなことないよ。今日でテスト終わったから教えてあげる」

彩香「いいなー、科目が少なくて」

オレ「試験期間前にほとんどテストは終わってたからね」

彩香「じゃあ先輩、私に教えてください!」

オレ「とりあえず彩香の家まで行こうか」

彩香「うわー、緊張するー」

こうして俺は彩香の家に行くことになった。

オレ「彩香、こんなことされても怒らないよね?」

彩香「え?!」

俺は彩香を背後から抱き締めた。

彩香「先輩・・・?」

オレ「俺、じつは彩香のことが好きだったんだ」

彩香「先輩・・・」

彩香は薄っすらと笑った。

オレ「彩香、どっかでご飯食べてから行くか」

彩香「そうですね。って先輩、そろそろ地下鉄来ますよ」

オレ「このまま乗っちゃおう」

彩香「恥ずかしい」

オレ「しょうがないな」

彩香「手は繋いでもいいですけど・・・」

俺は彩香と手を繋ぎ、カップルのように歩いた。

彩香「私、オムライスが食べたいです」

オレ「わかった。探してみるわ」

彩香「楽しみー」

オレ「彩香の家の近所にあるじゃん」

彩香「あ、そこ行ってみたかったんですよ!」

オレ「じゃあ行くか」

彩香と一緒にオムライスを食べに駅に近いレストランに行った。

彩香「先輩と来れて嬉しいなー」

オレ「照れくさいこと言うなよ」

彩香「本当に嬉しいんですよ!」

オレ「わかったわかった」

食べ終わって、お店から彩香の家に向かった。

彩香「先輩・・・」

オレ「どうした?」

彩香「先輩ってエッチしたこと、あるんですか?」

オレ「え?あるけど」

彩香「いいなー」

オレ「突然どうしたよ?」

彩香「いえ・・・私、まだなんです」

オレ「彼氏とはしなかったの?」

彩香「したくなかったんです」

オレ「なるほど」

彩香「先輩・・・私に教えてください・・・勉強もエッチも」

オレ「いいのか?」

彩香「勉強よりも・・・」

オレ「しょうがないな」

話していると彩香のアパートに着いた。

彩香「先輩・・・」

オレ「彩香・・・」

部屋に入るなりキスをしながら鍵を閉め、彩香のでかいおっぱいを触り始めた。

オレ「彩香、カーテンを閉めてお互いに全裸になろう」

彩香「・・・先輩、恥ずかしい」

オレ「俺しか見てないから」

彩香は恥ずかしそうに脱ぎ始めた。

彩香「おっぱいが大きいの好きですか?」

オレ「大好きだよ」

彩香「先輩の・・・大きい・・・」

オレ「彩香のおっぱいを見たからだよ」

彩香「私からさせてください」

そう言うと彩香はぎこちないがフェラと手コキをしてくれた。

オレ「おっぱいで挟んでみて」

彩香「こ、こうですか?」

オレ「そうそう・・・俺、好きなんだ」

彩香「AVで見たことあります」

オレ「彩香、気持ちいいよ・・・」

彩香はぎこちないパイズリもしてくれた。

オレ「そろそろ俺がしてあげる」

彩香「優しくしてください」

俺は揉んだり、乳首を舐めたり、乳首を摘んだりして、彩香のおっぱいを楽しんだ。

彩香「先輩・・・あっ・・・うん・・・」

オレ「気持ちいい?」

彩香「すごい・・・はぁ・・・」

なんと彩香はおっぱいだけでイッた。

オレ「オマンコがヌルヌルだな、もう入れちゃおうか」

彩香「先輩・・・これ・・・」

コンドーム渡されたので素直につけた。

オレ「痛かったら言ってな」

その後、彩香のオマンコに挿入し、最後は彩香のお腹の上に出した。
そんなに血は出なかったが、彩香は初めてなのに潮を吹いたので、シーツはビショビショだった。

その日から俺は彩香と付き合った。
昨年、彩香も無事卒業し、今は同棲しながらそれぞれの職場に行ってる。
今年中に結婚しようと思っている。

タイトルとURLをコピーしました