貸切風呂で若い叔母と2人きりになって

この体験談は約 3 分で読めます。

叔父と叔母のSちゃんと、3人で温泉に行った。
高原の温泉ホテルで、空気がきれいだった。
貸切風呂を予約してた。

「お前も一緒に入れよ」

叔父が言った。
叔父はさっさと浴衣を脱いで浴室に入った。
若い叔母のSちゃんが、こっち向きでショーツを下ろした。
Sちゃんは肌がまっ白で、一点だけ恥ずかしそうに黒かった。
俺もSちゃんに見られながらフルチンになった。
浴室の大きな窓の外には深い谷と緑が一杯広がってて、Sちゃんが窓際に立って外を見てた。
逆光で若い裸体がシルエットになって、その組み合わせが絵のようだった。

「いい眺めだけど、お前だけ邪魔だよ」

叔父がそう言って笑わせた。
叔父はビールが飲みたいと言い、先に上がった。
若い叔母と2人になった。

「窓際から見てみて。いい眺めよ」

本当だった。
谷底とか、俺は夢中でのぞいた。
そのとき何かがお尻に触れた。
俺の腰に柔らかい手が回った。

「ふふ、掴まえた」

Sちゃんだった。
その手が俺の勃起を包んで、揉んだ。
精液が排水溝に落ちた。

朝早く、2人の話し声で目が覚めた。
涼しい静かな朝だった。
叔父が大浴場に行った。
また2人きりになった。
Sちゃんと目が合って、一緒に吹き出した。

「いい?」

そう言って俺はSちゃんの布団に入った。
浴衣に手を入れたら、Sちゃん下着をつけてなくて、なぜか手首を掴んで拒まれた。

(え?なんで・・・)

一瞬、理性を失った。
夢中で上に乗って、押さえつけて口を吸った。
Sちゃんの力が抜けた。

「待ってね」

静かに言って浴衣を脱いだ。
勃起はすんなり挿入できた。
Sちゃんは両足で俺の腰を挟んで、俺に合わせて腰を使ってくれた。

「出そうなんだけど」

Sちゃんは足で挟んだまま離さなかった。

「いいよ、出しちゃって」

耳のそばで言われた。
素直に腰を振って中で射精した。

(やってしまった・・・)

嬉しい気分がすーっと消えた。
なんだか辛い気持ちになった。

「秘密にしようね」

若い叔母が小声で言って、ぎゅっと抱いた。
その挿入したままの姿勢で、また勃起した。
また腰を振って、Sちゃんを攻めて、射精した。

「秘密にしようね」

Sちゃんがまた言った。

それから4ヶ月後、「弟のところに赤ちゃんができたらしいの」と、母がにこにこと父に言ってるのを聞いた。
叔父夫婦は子供ができなくて、病院の検査で、叔父が子種ができない体だと言われていた。

「義兄さん相手に頑張ってもう1人作って、養子にくれよ」

そんな冗談を言って、よく母を笑わせてたらしい。
それが余計に気の毒だったと母は言った。

「誤診だったのか。それにしても良かったな」と父が言った。

Sちゃんは妊娠4ヶ月だった。

(やっべー、この状況・・・)

俺は絶対しゃべらない、そう決めた瞬間だった。

タイトルとURLをコピーしました