気を使わないでいいブスとアブノーマルセックス

この体験談は約 2 分で読めます。

ブス専ってわけじゃないが、ブスとセックスするのが好き。
だって、ブスが相手だと“どうでもいいや”って感じだから、アブノーマルやマニアックなプレイもできちゃう。
ごっくん、唾液飲ませ、アナルセックス、小便かけ、排尿見物・・・。
なんと思われようと関係ないのでやり放題。
これが美人だと、ちょっとかしこまっちゃうけどね。

同じサークルのブスを車で送っていくことになり、信号で止まった時に「キスしようぜ」と言って顔を近づけると、目を瞑ってOKサイン。
いきなりのベロチュウにも積極的に反応する。
港方面の静かな場所に車を停め、キスからのパイ揉み、マン揉み。
チン出し、生尺八、そのまま口内射精でゴックンさせた。

2度目に逢った時はすぐホテルに行った。
立ちバックで即ハメして、マン汁付きチンポをパックンさせる。
風呂場で洗いっこしながらアナルに指入れ。
結構感じてる様子。
なので、そのままアナルへ突っ込んでアナルファック。
締りが良くて気持ちいい。
でも、まだ出すのは勿体ないから我慢。
抜いてシャワーで流しただけのチンポを咥えさす。
自分のウンチ臭が残るモノをよくしゃぶれるな。

ベッドではローションを使い、前後の穴に交互にインサート。
漏らすほど感じて、シーツは洪水状態。
途中でフェラチオを挟みながら十分に楽しむ、最後はアナルへぶちまけた。
色んな物がついたチンポをお掃除フェラさせる。
出してぐったりしていても、しゃぶりっぱなし。

うとうとして寝てしまったが、勃起の気配で目が覚めた。

「そのままでいて」と言うので横になったままでいた。
すると、俺のアナルにローションを使い、指入れされつつ乳首を攻められる。
気持ちいい。

「出して、飲ませて」と言うので、勝手にしろと思い、力を抜く。

飽きもせずに数十分以上しゃぶりっぱなし。
だんだん2度目の射精が近づいてきた。
足やお尻の筋肉に余計な力を入れず射精を延ばす。
ブスの尻穴へ指2本を入れてやる。
肛門をグリグリと刺激。
そろそろ限界。
ブスの口の中へ射精。
二度目なのに大量に出た。
気持ちいい。
ブスは音を立ててザーメンを飲み込んだ。

急に現実に戻って帰りたくなった。
シャワーを浴びて着替えて、さっさと帰った。
射精すると一気に鬱モードになるが、ムラムラした時はブス女にやりたい放題するのが一番だと思う。

タイトルとURLをコピーしました