元カノのおかげで奥手な彼女とセックスできた・前編

この体験談は約 4 分で読めます。

俺の名前を『将太』とし、元カノを『実花』、今カノを『詩音』とする。

俺は中2の頃、詩音と同じクラスになり、中3の後期あたりに付き合い始めた。
だが、結局同じ高校には行かないため、キスもしないまま中卒で別れた。

高校になって実花と出会い、高1から高3までずっと一緒だった。
実花とは高1の夏に、向こうから告白してきてOKを出した。
実花とは何回かキスもしたし、高3になってからセックスもした。
だけど詩音と同じように俺は専門学校へ行き、実花はそのまま東京の大学に行くため別れた。
俺は一人暮らしをしながら専門学校に行っていた。

ある日のことだった。
詩音からメールが来て、会いたいということで詩音に会いに行った。

詩音「高校はどうだった?」

俺「うん、楽しかったよ。なんで?」

詩音「彼女はできた?」

俺「できたけど別れた」

意味が分からないまま返事をしていた。

詩音「もう1回やり直さない?お願い」

俺は正直かなり嬉しかった。

俺「え?もちろんだよ。俺も思ってた」

そうしてもう1回付き合い、2年が過ぎた。
俺はバイトで貯金したりしてようやく生活に余裕が出てきた。

詩音「ねぇねぇ、同居したほうがお互い過ごしやすくない?」

急な提案だったが俺は嬉しかった。
その2週間後、詩音が俺の家に来て同居を始めた。
同居をし始めてからだいぶ詩音との距離も縮まった。
抱擁は1回だけしたが、まだセックスどころかキスもしたことがなかった。
やってみたいとは思うが、それは詩音の判断に任せた。

そんなある日、今度は実花から電話が来て会いたいと言ってきた。
実花はもう俺が彼女持ちなのは知っていた。
とりあえず家に上がらせ、少し話した。
詩音と実花同士も結構仲良く話していて、1日で2人は友達同士になっていた。
だいたい10時くらいまでいた。

詩音「せっかくだから泊まっていったら?明日日曜日だし・・・あ、仕事によっては休みじゃないか」

実花「いや、明日は休みだよ~。どうしようかなぁ・・・泊まっていこうかなぁ」

俺「好きなほうを選べばいいと思うよ。俺はどっちでもいい」

実花「じゃあ泊まっていこーっと。あ、でも着替えとか・・・」

詩音「パジャマ用だけ貸そうか?」

実花は詩音のパジャマなどを借りて1夜を過ごすことになった。

風呂から上がって夜中の12時。
3人でゲームをしたり今の生活について話したりしてた。
すると実花がとんでもない話題を持ち出してきた。

実花「ぶっちゃけ2人ってどこまでいってんの?(笑)」

俺・詩音「え?」

実花「いや、エッチとかしたりしたのかなぁ~って」

詩音「えぇ?いやいや、まだ早いって!」

俺「うん、まぁ・・・抱擁までだな、今のところ」

詩音「言わなくていいから!」

笑ってその場は過ごしていた。

実花「えー!キスまでなの?2年以上付き合ってるのに?・・・じゃあ・・・」

その時だった。
実花が俺にキスをしてきた。

俺「!!」

詩音「え、ちょ!?」

実花「人前でキスできるくらいになりなよ~、詩音ちゃーん」

俺も予想外だった。
確かに実花はちょっとしたキス魔だったかもしれない。

実花「ほら!次、詩音ちゃんの番!」

実花は俺のことを遊び道具とでも思っているのかと思った。

詩音「ひぇ・・・しなきゃダメ・・・?」

実花「2年以上も付き合ってるならキスの一つや二つどうってことないでしょ!」

詩音はゆっくりと俺の顔に唇を近づけてきてキスをした。
顔はほとんど見えなかったが赤かった。
おそらく人生初のキスだったと思う。
俺の方からも軽くキスをした。

すると思いも寄らないことを実花が言ってきた。

実花「エッチしてみる?2人・・・いや、私も参加したい」

俺「いやいや、さすがにまずいだろ・・・」

詩音「そ、そそ、それだけは本当に・・・」

詩音はキスだけでも顔が真っ赤なのにセックスまでいけそうでもなかった。
すごい顔を真っ赤にしていて、今にも泣きそうなくらい目が潤っていた。
しかし実花は容赦なかった。
俺の手を掴んで詩音の胸に無理やり当ててきた。

詩音「!!!あぁっ!!!」

俺「ちょ、おい・・・!」

詩音は驚いたのか、少し離れて、手で胸を隠すようにして涙ぐんでしまった。

俺「詩音、大丈夫か?実花、やりすぎだよ」

実花「2年以上付き合ったら平気かと思ったんだけど・・・なんかごめんね」

詩音「うぅぅ・・・大丈夫・・・ぐすっ・・・」

完璧に涙目になっていた。

俺「さすがに今日はまずいって・・・焦らなくていいから。そのうちな」

実花「本当にごめんね・・・」

詩音「ううん・・・大丈夫・・・」

結局その日はそのあと何も起こらず、次の日実花が帰って、普通の日常へと戻った。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました