看護婦になっていた後輩の白いストッキング・前編

この体験談は約 4 分で読めます。

これは俺が大学生を卒業して社会人になったばかりの頃の実話です。

俺は会社の帰宅途中に信号無視の車と衝突し、足を骨折して救急車で運ばれ、そのまま入院した。
全治3ヶ月の重傷だった。
その晩はERの集中治療室みたいなところで夜を明かしたのだが、次の日になって足の骨折以外は異常なしということで整形の一般病棟に移された。
相部屋は嫌だったので個室にしてもらった。
そこで問題の女と出会った。

その女と言うのは、高校時代に告られて断った後輩だった。
彼女はその病院のナースをしていた。
俺は最初気付かなかったのだが、「◯◯先輩でしょ、私よK美、忘れた?」と言われて全てを思い出した。

次の日、手術を終えて病室に戻ってくると彼女が来て、「私が先輩の担当になったから、困ったことがあったらなんでも言ってね」と優しく言ってくれた。
俺はその時はナースとしての社交辞令的な会話としか思ってなかった。

手術した箇所の抜糸も終わり、ようやく車椅子で病院内を動く許可が出た。
それから10日ほどした時だったと思う。
真夜中にトイレに行きたくなって車椅子でトイレに向かった。
高い個室はトイレ付きらしいが、そんなお金はないので安い方の個室だったからトイレは別だった。
廊下は明るいが人気がまるでなく、物寂しいと言うより不気味な感じ。
トイレを済ませて病室に戻ろうと移動していると、ドアが開いている部屋があった。
たぶんトイレに行く時も開いていたのだろうが、漏れそうなくらい我慢していたので気付かなかったのだろう。
ドアが開いていた部屋は病室がある側とは廊下を挟んで反対側、電気は消えていたが廊下の明かりで中が見えた。

(なんの部屋だろう?)

見てみるとロッカーが並んでいた。
ドアの上を見ると、『更衣室』と書いてある。
その部屋はナース用の更衣室だったのだ。
前に使った人がドアを閉め忘れたのだろう。
人がいないことをいいことに俺は中に入った。
ロッカーを開けようとしたが鍵が掛かっていた。

(まあ当然か・・・)

そう思い、諦めて出ようとしたら、入口の脇に段ボールにビニール袋を被せたごみ箱らしきものが置いてあるのが目に入った。
その段ボールの上の端にストッキングらしきものが引っかかって垂れていた。
脱いで投げ捨てたかして、一部が中に入らず外側に垂れたのだろう。

(ナースが履いてたストッキングかな?)

手に取って廊下の明かりにかざすと白のストッキングだった。
病院で白のストッキングと言えばナースだ。
匂いを嗅いでみた。
嫌な匂いではなかった。
むしろ下半身がムラムラしてくる匂いだ。
ここに長く居るとまずいので、続きは部屋でじっくりと思い、ストッキングをお尻の下に隠して部屋を出た。
するとそこにちょうど夜勤だったK美がいた。

「そこで何をしてたの?」

当然の質問だ。
ただ怒った顔はしていなかった。

「いや、ドアが開いてたから何があるのかなと思って」と誤魔化した。

K美は追及する様子もなく、「とにかく部屋に帰ろう」と車椅子を押してくれた。
ほっとしたのも束の間、部屋に入るとK美がまた聞いてきた。

「あそこで何をしていたの?」

「だからドアが開いてたから何があるのかと思って入ってみただけさ」

「じゃあ、そのお尻の下にあるものは何?」

全部お見通しだったわけだ。
バレてるなら隠しても仕方がないと思って取り出した。

「いや、捨ててあったから、つい魔が差したというか・・・」

「それ、私の捨てたストッキングなんだけど。それで何をするつもりだったのかなぁ?」

最後のほうは楽しそうに言った。

俺「・・・」

K美「先輩ってそんな趣味があったんだ。前にも中年の患者さんに、『ストッキングを売って』って言われたことあるし。先輩もその口?」

俺「違う。マジでたまたまだよ。本当に魔が差したんだ。最初から盗むつもりなんてなかったんだ」

K美「でもお尻の下に隠して持って来ようとしてたんだから、ストッキングで変なことしようとしてたのは事実だよね。どうしようかなぁ。明日仲間にバラしちゃおうかなぁ。そしたらナース全員に白い目で見られるよ。先輩、退院まで耐えられるかな?」

俺「じゃあどうすればいいんだ?」

K美「今ここでしようと思ってたことやってみて」

俺「嫌だよ」

K美「じゃあ仲間に話してもいいの?更衣室に侵入してストッキングの匂いを嗅いで、部屋に持って帰ろうとしてたってこと」

何も言えず黙っていた。
するとK美は白衣の裾を捲り上げて、ストッキングを脱いだ。
そして、それを俺の顔に押し当てた。

K美「私の脱ぎたてだよ、温かいでしょ?」

そんなものを顔に押し当てられて平然でいられるわけがない。
俺は勃起してしまった。
K美は俺の股間を触り、「キャッ、勃ってきた勃ってきた」とはしゃぐ。
そして俺のパジャマのズボンを下げようとした。
俺はK美が何をするか想像がついたし、今さら格好つけてもという諦めもあって、自分で腰を浮かして、ズボンとパンツを脱がされた。

K美「今日は替えがないから、このストッキングは匂いだけね」

そう言って鼻に押し当てた。
そして更衣室から持ってきた方を勃起したチンポに被せた。

K美「すごーい、また硬くなった」

はしゃぎながら俺のチンポを擦ってくれた。
単に俺が興奮しすぎてただけなのか判らなかったが、すぐに絶頂に達した。

俺「もう我慢できない、このまま出すぜ」

K美「出していいよ。私の履いてたストッキングにいっぱい出しちゃって」

その言葉を聞いてさらに興奮した俺は一気に果てた。
K美の履いてた純白のストッキングに精液が大量に出た。
K美は射精したストッキングを見ながら、「先輩のだ・・・」と精液を指でとって、親指と人差し指で塗るように触っていた。

「ヤバイ、巡回の途中だった、そろそろ帰らないと先輩に怒られる」

K美は思い出したように言うと、俺が嗅いでた方のストッキングをそそくさと履いて・・・。

「じゃあまた今度ね、今日のことは黙っててあげる」

そう言って病室を後にした。
ベッドの上に置き去りにしていった射精したストッキングを見た。
自分でもびっくりする量に感心した。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました