ラブレターをくれたJSをセックスの練習に使った

この体験談は約 3 分で読めます。

自分が中学2年の時の話です。
当時、部活ではなくバスケットクラブに所属していました。
ミニバスの小学生から高校生もいてレベルは高かったです。
そんな中、小学5年生の藍子(仮名)から何度かラブレターをもらっていましたが、なんだか照れくさくて適当にあしらっていました。

そうこうしているうちに同じ学校の同級生の彼女ができました。
彼女から告白してきたのでさっさと手をつければ良かったのですが、当時の私には出来ませんでした。
というのも、噂で彼女が中1の時に習っていた家庭教師の大学生と以前付き合っていて、その時に処女喪失をしていたという話を聞いていたからです。
マンコがどんな形をしているのかも知らない童貞の自分が恥ずかしかったからです。
事実、彼女のほうが積極的でキスを求めてきたりしていたので、(やっぱり噂は本当なんだろうなぁ)と思うようになりました。

彼女と付き合ってから3ヶ月が経とうとしていました。
キス止まりの関係だったので、2人の関係がギクシャクしてきました。
私は彼女のことがとても好きだったので失いたくなかったのですが、過去のことを何も語らない彼女に、家庭教師との関係について聞くことが出来ませんでした。
次のデートの約束をしたときに、「話したいことがある」と言われたので、別れがもうそこまで来ていることがわかりました。
一刻の猶予もありません。

ちょうどその時です。
藍子のことを思い出しました。

(そうだ!)

藍子でセックスの練習をしてから彼女との本番に臨めば、恥ずかしい思いをしなくてもいいかもと考えて、藍子を呼び出しました。

藍子は嬉しそうに家にやって来ました。
初めて入る男の部屋に興味津々でキョロキョロ見回している藍子に、いきなりキスをしてやりました。
藍子はびっくりしていましたが、「大好き」と言って抱きついてきたので、そのまま服を脱がしました。
長身の藍子は発育が良く、胸も大きくて(といってもBカップくらいだったけど)、興奮して揉みまくりました。
乳首を舐めると喘ぎ声が聞こえてきたので、とりあえず感じさせることが出来るということがわかりました。
アソコの愛撫ではあまり感じさせることが出来なくて、なかなか濡れませんでした。
でも、その時は経験がなくて何もわかっていなかったので、もう準備OKだろうと思っていました。

挿れる穴を何度も確認してから挿入しました。
初めて経験する、なんとも言えない快感に溺れて、痛みに懸命に耐えている藍子にお構いなしに激しく動きました。
フィニッシュしそうになって初めて、ゴムを付けていないことに気がつきました。
しかし、まだ小学生だから妊娠はしないだろうと勝手に思い、中出ししました。
彼女もまだ保健で習っていなかったようで、まったく気にはしていませんでした。
今思えば、あの発育だったらかなり危なかったと思います。
出した瞬間はなんとも言えない解放感で、このまま死んでもいいと思ったくらいでした。
交換したばかりのシーツが血染めになってマズいと思いましたが、性欲に負けてその後3発、中出ししました。
中出しした後のマンコはなんとも言いようのない感触の悪さがあったので、3発目からは藍子の膣内をシャワーで洗い流してからハメました。
我ながら酷いことをしてしまいましたが、藍子は満足して帰りました。

次の日。
彼女を家に連れ込み、結ばれました。
最初は嫌がっていましたが、やっと私がその気になったことが嬉しくなったみたいで、自分からフェラチオをしてきたりと積極的でした。

挿入をする緊張の瞬間、彼女が言いました。

「初めてだから、優しくしてね」

とり越し苦労でした。
藍子に悪いことをしたなと思いながらも、2度目だったのでだいぶ余裕を持って彼女の処女喪失を楽しめました。
ゴムは付けたことがないので、生ハメ中出しでした。
彼女は、藍子のマンコよりもヒダヒダの感触が良くて、射精の瞬間も解放感がより感じられました。
この日は彼女と初めてだったので中出しをしても何も言われませんでしたが、次からは激しく叱られて、ゴムを付ける練習までさせられました。

その後、結局彼女に二股がバレてしまい別れてしまいました。
それからも新しい彼女ができるたびに藍子に妨害工作をされて、藍子と長く付き合う羽目になりました。
最後、別れる時は大変でしたが、2日連続で処女相手に中出しできたので、いい思い出だったと考えるようにしています。

タイトルとURLをコピーしました