嬢が美味しそうにしゃぶっているのを見ているうちに

この体験談は約 5 分で読めます。

俺は都内で風俗店の店長をしていますが、今から5、6年前、もうすでに妻子がありました。
その頃はまったくホモには興味はなく、女好きでした。

当時、ただの一従業員として毎日忙しく部屋の片付けなどをしていたとき、いつも女の子たちが客のナニを咥えてるの見てるうちに、『俺も咥えてみたい』という願望が強くなってきました。
私は客が帰った部屋の片付けをしに行った時に、みんなに見られないように女の子が口から吐き出した精子入りのティッシュを嗅いで興奮していました。

そしてある時、ついに欲望に負けてしまい、ティッシュの中の精子を舐めたり飲んだりするようになりました。
ほとんど毎日のように、気に入った客が帰った後で舐めたりするようになりました。
自分でも変態だと思いました。

そしてある時、さらに欲望が増してきて、実際にナニをしゃぶってみたいと思うようになりました。
その頃になるとレンタルビデオでザーメンの企画モノのビデオを借りたり、裏ビデオの男のナニばかりを見て家でオナニーをしてました。

ある日、本屋で偶然ホモ雑誌を見つけるとすぐに買って、家で嫁が寝てるときに自分の部屋で初めて見たとき、大変な興奮を催しました。
雑誌に書いてあった『ホモサウナ』に行くことにしました。
初めて入った時は心臓が爆発しそうでした(笑)
しかし、最初の何回かは緊張してたくさんの人たちから誘われたんですが、なぜか一歩踏み出せず、何もなく帰りました。
それでも男同士の69、フェラ、アナルセックス、3Pなどを目の前で繰り広げられると、自分のチンコはビンビンでした。

そして4回目に、初めてその時が来たのです。
相手は20歳の学生、女経験のない完全にゲイの男の子でした。
恐る恐る相手のチンコに手を伸ばし触っていると、相手はすぐに俺のチンコを咥えてきました。

(女のフェラより遥かに気持ちいい!)

相手の男の子が「舐めてみる?」と言ってきたので、相手のチンコを恐る恐る自分の顔に近づけてみました。
仮性包茎だったので皮を捲ると、なんとも言えない匂いがしました。
咥えてみるとしょっぱい味がしましたが夢中でしゃぶりました。
先走りが出てきたので夢中で吸っていました。
とうとう念願のチンコを咥えてるんだという興奮で、俺のチンコもビンビンになっていて、その後は69でお互いに夢中になりました。

(あー美味しい、チンコ美味しい!)

そう思いながら舐めていると、相手の男の子が「出そう」と言ったので、俺は「いっぱい口に出して」と言いました。
生温かい精子がドバッと出てきました。
相手がティッシュを差し出しましたが、俺はゴクリと飲みました。
相手はびっくりしていた(笑)
俺は男とやる時は別に抜きたいとは思ってなかったので、「もういいよ」と言いました。
初めて出したての精子を飲んだ感想ですが、何か喉に引っ掛かるような感じがして、いつまでも精子の味が口の中に残っているようでした。

(これって俺はホモなのか?それとも変態なのか?)

色々な思いが駆け巡りました。
それからは猿のようにそのサウナに行きまくり、精子を飲みまくりました。

だんだんアナルを犯されてみたいと思うようになりました。
最初は家で小さいバイブから始めて、だんだん大きなバイブが自分のアナルに入るようになってきました。

この頃になると、外でトイレや銭湯などに行くと、他人のチンコを見ると勃起するようになってきていました(笑)
でも、恋愛感情なんてまったくないし、いまだにキスは気持ち悪くてできません。
つまりチンコと精子が好きなのであって、好きなのは女なのです。

そしてある日、とうとう念願のアナルをやる日が来ました。
場所はいつものホモサウナで、相手は26歳の完全ゲイでした。
こいつは体は細いのになぜかチンコは18センチもあり、とてもしゃぶり甲斐がありました。
俺はこの日はどうしても経験したかったので、サウナにあるシャワーのノズルを外した浣腸器のような物で30分くらいかけて何回も浣腸しては出して、直腸の中を空っぽにしてきていました。

相手に、「アナル初体験をしたいから入れてくれ」と言いました。
しかも、「生で入れて中出しして欲しい」と言いました。

しかし、さすがに相手の子はゲイの世界で生きているだけあって、病気に対しての警戒が強く、結局ゴムを付けてやることになりました。

まずはローションを俺のアナルにたっぷり塗って指で広げてもらいました。
ちなみにこの時は俺が上の69の状態です。
そしてついにチンコが入ってきました。
いつもバイブでやって慣らしていたはずなのに、緊張してるせいか、かなり痛く感じます。
それでも俺は、「奥までガンガン突っ込んで」と頼みました。
さすがに18センチは奥が痛いです。
でも、最初は誰でも痛いはずだから我慢することにしました。
とにかく痛かったです。
顔にも脂汗が滲んできました。
でも、これを乗り越えないと本当の快楽は経験できないと思い、我慢しました。

ちなみに俺のチンコは縮んだままだし、周りには人が何人か集まって見てるし、すごく恥ずかしい状況です。
結局、あまりにも痛いのと、なんかウンチが出そうな感じがして抜いてもらうことに。
そして最後はゴムを外して、俺の口に射精してもらって、ゴクリと飲んで終わりました。
なぜか、いつになく精子が美味しく感じました。

それからは何回もサウナに行くようになり、精子も沢山の人のを飲み、アナルも適度に緩みだした頃です。
相手は23、4歳くらいのゲイの人だったと思います。
最初はゴム着でやっていましたが、どうしても生で入れられたいと思い、ゴムを外して頼みました。
自分の本能のままに要求しました。
そして生のチンコにローションをたっぷり塗り、入れてもらいました。
相手も、妻子持ちの男に生で入れていることに興奮していました。
やはりいつものようなゴムの違和感がなく、そして何より粘膜と粘膜が交じりあっていると思うと、いつもは突っ込まれている時はチンコは縮んだままなのにビンビンになりました。
相手の男も、「ビンビンやで」と言ってしごいてきました。
このとき初めてキスをしました。
やはりキスは男同士ではちょっと(笑)
しかし、見物人がいる中で生でやられていると思うと興奮しました。

見物人の中に1人タイプの男性がいたので、俺は手招きしました。
俺は入れられながらフェラをしてあげました。
咥えてあげた人のチンコからは先走りが大量に出ていました。
塩味がきいてて美味しかったです。

今度は俺が上に乗って腰を動かしました。
声が出ました。
チンコの先が腸の奥に当たる感じがなんとも言えません。
さっき咥えてたチンコは手コキをしてあげることに。
男は最後、俺の口の中で熱い精子をドピュっと放出しました。
精子が喉チンコに当たったのがわかりました。

下から突いてくれている男も、「出そう」と言いました。
俺はこの時、なぜか腰を上げてチンコを抜いてしまいました。
そして最後は口に先っぽだけを咥えるような感じで精子を受け止めました。
そしてゴクリと大量の精子を飲み干しました。

タイトルとURLをコピーしました