深夜にエロ本自販機でエロ本を買う、全裸の女子校生

この体験談は約 2 分で読めます。

はじめてカキコします。
私の露出癖の原体験とも言える高校3年生のときの話です。

私の高校は人口約3万人の田舎町の進学高で、難関私大を目指していた私は当然のように毎晩遅くまで勉強していました。
家から徒歩5分くらいのところに本屋があり、よく行っていたのですが、店先に当時で言う“エロ本の自動販売機”がありました。
その前を通るたびに何故かどうしても目が行ってしまい、ドキドキしながら通り過ぎていました。

そんなある夏の深夜2時頃でしょうか。
私は勉強のストレスからか、“どうしてもあの自販機に行ってエロ本を買ってみたい”という衝動に駆られました。
ところが、どうしてそんなことを思いついたのか分からないのですが、私はなんと全裸になってその販売機まで行こうと思い立ってしまったのです。

私の部屋は母屋から離れていた上、そんな時間ですから部屋のサッシを開けてそっと出かけるのは簡単なことでした。

ただ私は真っ裸だったのです。

家を出て、目の前の道路に人影も車も無いことを確認して、歩き始めます。
家々の明かりは全く無く、街灯だけがほんのりとまだ硬さの残る私の裸体を照らします。
自販機までは信号のない四つ角を2つ曲がらなくてはなりません。
角に来るたびに左右の道路を窺いながら進みます。

びくびくと震え、家々の塀や戸口に隠れるようにして歩きながら、何故かどんどん大胆になっていく自分がいました。

自販機まで無事に着き、深夜に煌々と光る明かりの中、何冊かのエロ本の中から一番いやらしそうな漫画雑誌を選び急いでボタンを押して買いました。
もし車が一台でも通っていたら、エロ自販機の前に屈み、お尻丸出しでエロ本を取り出している少女の姿はどんなに異常に映ったことでしょう。
幸いにも誰にも見られることなく、エロ漫画本を抱えて無事部屋に戻ることが出来ました。

その本は本当にいやらしく、私の想像を絶するものでした。
その後、2~3回同じようなことをして、机の引出しの奥におよそ女子高校生には相応しくないエロ本がたまっていきました。

一度、自販機まで行ったら先客の男性が買っており、怖くなって家に帰り、それきり全裸散歩はやめました。

今でも思い出すと熱くなる20年以上前の話ですが、これこそがその後、人気のないデパートの屋上や階段の踊り場、駐車場、公園のトイレなどで色々と妄想したり、果ては脱いだりオナニーしてしまう私の原点であったと確信しています。