やさしいと思っていた男友達2人に犯されました

この体験談は約 3 分で読めます。

21歳の女子大生です。
去年、男友達2人に犯されました。
みんなで飲んでいるからと男友達の家に呼び出され、犯されたんです。
今まで友達として接してきた人たちが豹変して、逃げようとする私のお腹を蹴りあげました。
あまりの痛さにうずくまると、2人は動けない私を押さえつけ、服を脱がせました。

「やめて・・・」

しゃくりあげながら泣く私。

「麻耶の裸、よく見せてよ」

隠そうとする私の両手をベッドに縛りつけました。

「暴れちゃだめだよ」

笑うと信吾はキスしてきました。
苦しくて嫌がってみるけど、すぐに舌を入れられてしまって・・・。
その時下半身に息がかかり、雅樹が太ももを舐めてきたんです。
足をバタバタさせてみるけど、そんなものは抵抗にもならなくて、容易に足を開かれてしまいました。
信吾はキスしながら胸の先を指で刺激してきました。

「ん・・・う」

体に力を入れると・・・。

「乳首、弱いんだ?」

信吾は半笑いで乳首を摘んで強く引っ張りました。
雅樹は太ももの内側を舐めると、その舌を付け根の方に移動させてきました。

「麻耶、やらしいね、ちゃんと濡れてるじゃん」

指でアソコを弄り、私に音を聞かせました。

「気持ちいいでしょ、2人同時に責められたら」

そう言うと信吾は今度は乳首を口に含みました。

「だめえええ・・・」

私が首を振ると、「こうされるの本当は好きなんでしょ?」と強く吸い、舌先で刺激してきました。

「じゃあ最初は俺からね」

雅樹はズボンを脱ぎ、私の足を開くと・・・。

「麻耶、いい声聞かせてね」

そう言ってペニスをねじ込んできました。
思いっきり体重をかけられて、苦しくて肩で息をしていると、腰を掴まれて、これでもかというくらい腰を打ちつけてきました。

「やめてっ、痛いよ!壊れちゃう」

私は泣きながらお願いしました。
でも、動きを止めてくれません。

「気持ちよくて壊れちゃうんだろ?」

否定したいけど、部屋にはいやらしい音が響いています。

「おっぱいが揺れてやらしいねえ」

信吾は写メを撮っています。

「麻耶、ガバガバかと思ったら結構きついわ、いい感じ」

雅樹が言葉で私を苛めました。

「次、俺なんだから中に出すなよ」

「わかってるって」

雅樹は外に出しました。
苦しくてハアハアする息を整える暇もなく、今度は信吾が私の両手を解放したかと思うと、上半身をうつ伏せにしてお尻を持ち上げました。

「さっきと違うところが当たって、こっちも気持ちいいかもよ」

信吾がバックから入れてきました。
さっき受け入れたばかりのアソコはすぐに2人目を受け入れるには辛くて・・・。

「痛いよ!やめて」

哀願したけど、やめてくれるはずもないのはわかっていました。

信吾がイッた後、やっと帰れると思って服をとろうとすると、雅樹に腕を掴まれました。

「何やってんの?」

「帰して・・・お願い」

「だめだよ。まだここ、試してないもんね」

私の口を指で触りました。

「麻耶の口ってやらしいもんな」

信吾が言います。
結局、私は口で奉仕させられ、2人からもう一度ずつ犯されました。
2度目は避妊をしてもらえませんでした。
そして写メをちらつかせて、「麻耶、連絡したらすぐに来るんだよ」と言われました。
2人とも、優しくて楽しくて、いい友達だと思っていたのに、こんな卑劣な人たちだとは思いませんでした。

タイトルとURLをコピーしました