妹がプレゼントしてくれた自撮りオナニー

この体験談は約 2 分で読めます。

高校3年生の妹がいます。
茉莉子と言います。
我が妹ながらとても性格が良く、見た目も贔屓目なしで美人の部類だと思います。

そんな茉莉子とは、もう1年ほど近親相姦の間柄です。
もちろん、いけないことだと分かっているのですが・・・。

最近、私は実家を出て1人で暮らしています。
当初、家を出ることに茉莉子は反対していましたが、今は私の住まいに来て親を気にせずにセックスができるので喜んでいます。
でも週末しか会えません。

先日、茉莉子が帰り際に、「お兄ちゃん、後でこれ見てね」と置いていったDVDを見てみました。
私を狂わせた茉莉子の大きな胸が映りました。
初めはゆっくり指先で乳首を撫でていたのですが、次第に声が荒くなりはじめ、小さな手で鷲掴みにしています。
指の間からおっぱいがこぼれ、次第に激しく揺らしたり、乳首を引っ張ってみたり。

「茉莉子、もう我慢できないよ。お兄ちゃんのつもりで、コレ使ってみるね」

カメラに向かってそう言うと、茉莉子はバイブを口に咥え、指で自分のまんこを弄りはじめました。
疑似フェラをしながら口から涎が胸に垂れるのがわかります。
私もいつの間にかペニスを握って動かしていました。

「お兄ちゃんがいけないんだよ。茉莉子寂しいから・・・でも、今日はこれで我慢してあげる」

妹ではなく、完全に女の表情でカメラ越しに見ている私に向かって発すると・・・。

「はああ・・・すごくいい。お兄ちゃんは動かないで」

そう言ってバイブを差し込み、腰を動かしはじめました。
いつもの茉莉子とは違い、とても大胆に見えました。
バイブを差し込みながら幾度となく体の向きを変え、時にはカメラのアングルを調整しながら最後は真っ赤に充血したまんこのアップで・・・。

「お兄ちゃん、イクよ。一緒に一緒に中に・・・来てぇ・・・ううああああ、イク・・・」

私も一緒に果てました。
ティッシュの用意を忘れ、大きく開け広げた足の指先まで温かいモノが飛び散りました。
DVDはそこで終わりましたが、その晩は何度も見てイキました。
隅々まで知り尽くした妹も体なのに、初めて見る茉莉子のオナニー姿にあんなに興奮するなんて・・・。

いつかは妹もまっとうに恋人ができるのでしょうが、しばらくは私も妹もこの関係を大切にしたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました