満員電車で密着してしまったお姉さんと脱童貞

この体験談は約 3 分で読めます。

中2の夏休みの朝、電車に乗ってたときのことです。
満員の車内で、僕の前に薄い生地の短いスカートを穿いた女性がいました。
僕は満員の中で彼女に密着していました。
彼女のお尻が気持ちよくて、僕は勃起してしまいました。
恥ずかしかったんですが、動くに動けなくて、どんどん膨張していきました。

すると、彼女が僕の手をとりました。
そして次の駅で彼女は体勢を変え、僕の方を向きました。
年は20代半ばくらいで、伊藤美咲のようなきれいな顔をしていました。

「次の駅で降りなさい。わかったわね」

彼女が小さい声で言いました。
今度は向き合った状態で密着した形になり、あそこが密着したんです。
あそこにペニスを密着させて、彼女を窓に押しつけた形になりました。
大きな胸も押し付けられて、僕はもう気持ちよくてたまりませんでした。
彼女は怒ったような顔で僕を見ていました。
痴漢扱いされていると思いました。

次の駅に着くと、僕は彼女に手をとられて電車を降りました。

「今から駅長室に行く?それともちょっと私に付き合う?」

「それはどういうことですか?」

「君がちんちんを押し付けるから興奮しちゃったの。だから責任とって」

僕は彼女に付き合うことにしました。
駅を出ると、彼女に手を引かれてしばらくしてホテル街に来ました。

「ここにしようか?」

そう言うと僕を連れてホテルに入りました。
部屋に入ると・・・。

「本当は警察に突き出してもいいんだけど、タイプだから許してあげる。その代わりに・・・私、君のせいでこんなになっちゃったの」

彼女がスカートを捲りました。
下着が濡れてるのがわかりました。
彼女は24歳でした。

「ラッキーよ。こんなにいい女とやれるんだから」

冗談ぽく彼女は笑いましたが、実際僕もラッキーだと思いました。

彼女は僕に抱きつくとキスをしてきました。
吸盤に吸い付かれているようなキスでした。
彼女は僕をベッドに押し倒すと、舐め回すようにキスをしてきました。
僕の口のまわりは彼女の唾でびちょびちょでした。
おっぱいが押しつけられ、電車の中と同じような気持ちよさを味わいました。

「今度は君が同じように私にしてみて」

僕はぶちゅうとやりました。
すぐに舌が入ってきて、僕の舌に絡みついてきました。
彼女は自分の胸に僕の手を持っていくと「揉んで」と言いました。
初めておっぱいに触りました。

(大きい)

そう思いました。
僕は大胆になって彼女の服のボタンを外しました。
彼女は脱がすのを手伝ってくれました。
ブラジャーの外し方がわからず困ってると、やり方を教えてくれました。
初めて見た本物のおっぱいに僕は感動しました。
ちょっと前までは彼女に睨まれていたのが嘘のようでした。

「パンティも脱がしていいけど、恥ずかしいからスカートはそのままにして」

彼女がそう言いました。
そして、「今度は脱がしてあげる」と彼女が言って僕を素っ裸にしました。
いきなり脱がされて恥ずかしかったです。

「大きいね」

彼女は嬉しそうに言うとパクッと咥えました。
もう気持ちよくてたまりません。

「ああ、そんなにされると・・・」

「だめよ、まだ出しちゃ」

我慢しようと思いましたが、無理でした。

「もうだめです」

「入れて」

そう言うとコンドームを付けてくれました。

「痛くない?」

「大丈夫です」

「ごめんね。今日は生でさせてあげられない日なの。一応確認するけど、私が初めての女でもいいの?」

僕は「もちろんです」と答えました。
とにかく入れたいと思いました。

そして初挿入。
入れた途端に彼女はいやらしい声を出しはじめました。
その声だけでイキそうでした。
実際、僕はすぐにイッてしまいました。

「いいのよ。まだ頑張れるでしょ?」

そして、「今度はバックで突いて」と言われました。
スカートを捲り上げて合体しました。
2回目は少しは彼女を満足されたと思います。

「ああ、すごいわ」って気持ちよさそうでした。

彼女は帰りにメールアドレスを教えてくれました。
連絡をとりあって、ときどき会ってセックスしています。

タイトルとURLをコピーしました