浮気希望の人妻に会ったその日に中出し

この体験談は約 3 分で読めます。

夫の単身赴任中に浮気希望の人妻と出会い系で知り合ってセックスしました。

まゆみ(34歳)と会ったのは、つい先日のこと。
まゆみは、私の調教希望者募集の書き込みにレスをしてきました。
しかし、その翌日から私は地方へ出張する予定だったので・・・。

『今週は急がしくて会えません。今夜なら時間を取れます。その気なら電話してきなさい』

なんともぶっきらぼうなレスを入れたら、その1時間後に見覚えのない電話番号から私の携帯にかかってきて、まさかと思って出てみると、まゆみ本人でした。

近くの駅で待ち合わせて、すぐにホテルへ。
希望通りに全裸で縛ってやると、思いのほか巨乳で縄が映えました。
いやらしく突き出された尻を眺めているうちに、(この女、かなりのご無沙汰のでは?)と思い、股間に手を差し込むとすでに大洪水。
足を開かせると太股を伝うほど溢れており、少し指を入れてGスポットを弄ってやると、「イグッ」と発したと同時に一度目の絶頂。
その瞬間、手のひらにドロっと白濁液が垂れました。
本気汁です。

すかさず最近の性事情を聞くと、1年以上セックスはご無沙汰で、毎晩お風呂でオナっているとか。
そこで彼女の前に肉棒を突き出すと、半立ちの肉棒を丁寧に口だけで愛撫し、両手を自由にしてやると玉を撫でながらロングストロークの口ピストンをしてきます。
そして私の目を見て、「調教はもういいです。早くこれを入れて下さい」と言いました。

「生なら入れてやるけど、コンドームを付けるなら私の調教を受けてからだ!」

彼女はちょっと考えて困った顔をした後、「出さないでください」と言い、自ら後ろを向いて四つん這いになり尻を高く持ち上げました。
バイアグラの効果が現れてきた私の肉棒は血管がはち切れんばかりに脈打ち、彼女の膣口を目指しました。
そして深々とロングストロークを楽しんでいると、彼女は2度目の絶頂。
激しく突きはじめると、すぐにまた、「イク~、またイキます~」と3度目の絶頂を迎えかけているので、「中に出すぞ」と言うと・・・。

「来て~、来て~」

膣壁に亀頭を擦りつけながら一気にピストンを加速し、最奥の壁にコンコン当てながら発射しました。
ドクドクと流し込まれていく私の精子。
バイアグラ効果で肉棒の怒張は収まらず、そのまま連続発射を目指してまゆみの腰を鷲掴みにして激しく打ち付けます。
その間、何度も絶頂に達したまゆみはぐったりとしかけていましたが、懸命にリズムに合わせて自ら腰を押し付けてきます。
そして、「ウッ」という言葉と同時に2回目の射精をしました。
たっぷりと子宮口に注がれる精子。

1年以上もご無沙汰であったこともあり、火がついたまゆみは、その後も女性上位で腰を振りまくりました。

「そんなにしたら出ちゃうぞ」

「今日はもう何度でも出してください。私をザーメン漬けにして下さい」

なんて言うので、女性上位で3回も中出ししてやりました。

その翌日、携帯にメールが来て、『今度は安全日にしてください』と書いてありました。

タイトルとURLをコピーしました