体が不自由になった息子を励ましたくて

この体験談は約 6 分で読めます。

私には息子が1人おります。
18歳になりますが、高校を休学中です。
じつは息子は2年近く前に交通事故に遭い、右足が不自由になってしまいました。
トラックに引きずられて、目から耳にかけて皮膚がえぐられてしまったため、ケロイドも残っています。
若いので回復は早かったのですが、足と顔のことを気にしてか、学校に行かなくなってしまいました。

数ヶ月の間、うつ病みたいに部屋に閉じこもっていましたが、最近ようやく外にも出るようになり、そのうち復学もしてくれるだろうと期待し始めたところでした。

でも、出かけると言っても、本屋とレンタルビデオ屋さんなのです。
買ってくるものや借りてくるものはエッチなものばかりのようです。
それも仕方がないのですが、困ったことは、息子は私に女を感じてしまったようなのです。
43歳なのですが、私なんか高校生から見たらおばさんもいいところだと思っていましたし、実の母親を女として感じるとは思ってもみませんでした。

私がパートから帰り、戸を閉めずに着替えていると、必ず部屋の前を通って中を見るのです。
私の下着姿など赤ん坊の頃からのことを考えれば決して珍しいものではないと思うのですが、決まって着替えるときに部屋の前を通るのです。

息子の部屋に入ると精液の生臭い匂いがします。
オナニーの始末をしたのでしょうか、丸められたティッシュから匂います。
女の私には必ずしも不快な匂いではありません。

息子の部屋に何冊かあるエッチな本でも見ながらと思っていましたが、あるとき息子が出かけた間に部屋を簡単に掃除をしようとしたら、わずかに開いた机の引き出しに私のパンティが入っていました。
きっと脱衣場の洗濯カゴから取り出したのでしょう。
洗濯されていない汚れた物でした。

(18歳といえばみんな青春を謳歌しているところなのに、息子ときたら・・・)

初対面の人は息子の顔を見るとみんなギョッとしてしまうのです。
その上、片足が不自由なので、私は息子が可哀想でたまりませんでした。
息子が私の着替えているところを覗きたがり、私の下着に興味があるのなら、好きにさせてあげたいと思いました。
母親の私から積極的に誘ってあげようと思ったのでした。
きっと、こんな哀れな息子を持つ母親なら、みんなこんなふうに思うのではないかと思いました。

主人が帰りが遅いと言ってた日、私はお風呂から出てきた息子に言いました。

「ねえ、お母さんのお腹をマッサージしてくれない?便秘気味で、なんだか張ったような感じでおかしいから」

すると息子は、「いいよ」とぶっきらぼうに答えました。

「じゃあ、お母さんの部屋に来て」と誘って、私は布団に横たわりました。

パジャマの4つあるボタンの下の2つのボタンを外し、お腹を露出しました。
パジャマのズボンも少しずり下げました。
私は胸もそんなに大きくはありませんが、お腹もそんなにたるんでもなくて、寝ると腰骨が目立つのですが、白い肌には少し自信がありました。

「おへその下の辺りを、あまり力を入れないで擦ってみて」

そう言うと息子は横たわる私の右側に座って擦りはじめました。
風呂から出たばかりの温かい手で、おへその辺りを円を描くように撫でてくれます。
マッサージをしてもらっているうちに胸のところのパジャマが広がり、乳房が覗けるくらいになりましたが、気が付かないふりをして直しませんでした。

「わき腹の方もお願いね」とちょっと注文をつけたりしましたが、これからどうしようかと迷うばかりで心穏やかではありませんでした。

「義男(息子)は、マッサージが上手だからお母さん気持ちがいいわ。もっと下の方もね」

そう言って、もう少しパジャマをずり下げました。
下げすぎてパンティが見えてしまいました。
私の持っているパンティの中ではビキニタイプの一番小さい物で、白色のシルクのような風合いの透けるように薄い化繊製です。

息子は左手を布団について右手でお腹を擦りながら、私のお腹を真上から覗くように見ています。
私は、また少しパジャマをずらし、太ももの付け根くらいまで下げました。
息子はパンティの辺りをまじまじと見ています。
マッサージする手はパンティのすぐ上辺りを動き、動かすたびにパンティを下げるようにするので、パンティの部分が小さくなっていきます。
特に腰骨の辺りを擦るときは意図的にずり下げているようにも感じました。

パンティが下がり、やっと隠していたおへその下の草むらが顔を出したようでした。
息子の指が草むらに触れてしまい、息子はいけないとでも思ったのか私の表情を窺いましたが、「ああ、気持ちいい。眠くなりそう」と言って目をつぶりました。
それから息子は少し大胆になり、パンティの真中の膨らみには触れないようにしながらもパンティにも触りながら、その周辺をマッサージしてくれました。

「ねえ、また変なお願いなんだけど、お尻の穴の辺りをマッサージしてくれない?その辺りをマッサージすると腸が刺激を受けて便秘にいいって言うから。でも自分じゃやりにくいし」

息子はまた、「いいよ」とぶっきらぼうに答えました。
私はうつ伏せになると、そのままの格好でパジャマをお尻の下までさげました。
息子は最初パンティの上から尻の両方のふくらみを一緒に触りましたが、だんだん谷間の方に指先を入れてきました。
お尻の谷間に沿って手を入れてきて、アヌスに中指の腹の部分でしょうか、触れるようになると、ゆっくり前後左右に手を動かしマッサージしてくれます。

私は徐々に足を開きました。
ある程度開くと、脱ぎかけたパジャマが邪魔になります。
思いきって自分でパジャマを取ってしまいました。
私はパンティと、脱ぎかけたようなパジャマの上着だけの姿になりました。
足を開いて腹這いになると、息子はゆっくりお尻の谷間に手を入れてきて、ソフトに前後に動かします。
足を広げたためか指先をだんだん奥に入れてきて、割れ目の方まで触れてきました。
私は我慢できなくなってきて、腰を少し上げて、息子の手の動きに合わせて腰を動かすようになってしまいました。

「上手ね、お母さん、気持ちいいわ」などと言って誤魔化すのが精一杯です。

息子は指を広げて、ももの内側の付け根の部分も刺激します。
指先は割れ目を的確に捉えてなぞります。
声を漏らさないように耐えながら、これからどうしようかと考えました。

もうここまででおしまいにしようか?
でも、息子も母親の私とこれ以上の関係を望んでいるのかしら?

頭が混乱してきます。
でも、いつまでもこのまま続けるわけにはいきません。

私は、うつ伏せの体勢から上半身を起こし、「うつ伏せだとつらいから今度は前からやって」と息子の方を向きました。
右手側を下にして左膝を立て、足の間から息子の手を入れさせてお尻をマッサージさせました。
パンティの恥ずかしいところがすべて見えています。
アヌスの辺りを指先が触ると、息子の手のひらが女のあそこを包む形になります。

私は腰を少し動かして、息子の手のひらが触れるようにしました。
私の意図がわかったのか、息子も私の割れ目を包むように触るようになりました。
すると息子は、どちらかというと今度は前のパンティのふくらみの方を意識して撫でるようになってきました。
指先が割れ目を弄り、手のひらの方が恥骨をマッサージします。
すでに私は感じてしまいました。
直接触ってもらいたくて仕方がありません。
左手の親指はパンティを脱ぎたいのを意思表示するかのように、パンティのゴムの中に入ってしまいます。
息子の手の動きに合わせて自然と腰が動き、吐息が漏れます。

「お母さん、義男のマッサージが上手だから、気持ちよくなってなんだかエッチな気分になっちゃった」

「俺でよかったら真似だけのエッチでもしてやろうか?」

息子が無表情に言いました。
私は笑顔を作って「じゃあ2人だけの秘密ね」と言って、小さく丸まってきたパンティを脱ぎました。
そして膝を立て、足を大きく開いて横になりました。
息子は私の草むらを包むような感じで手をつけると、濡れて入りやすくなった割れ目に指を入れてきました。
息子の指は少し力を入れすぎでした。

「もっとソフトの方がいいわ」

息子は素直に聞いてくれました。
息子の指がGスポットに当たると深い快感が体を突き抜けます。
何回も仰け反りながら大きな声を漏らしてしまいました。

息子はどちらかというとクリトリスに関心があるようでした。
しばらく割れ目の中で動かした指を抜いて濡れた指でクリトリスを弄られると、また強烈な快感が下腹部を襲います。
息子は私のよがる姿を見ることに興奮しているようでした。
私も息子に見られることに興奮と喜びを感じました。

息子の注意を引きたくて、息子を喜ばせたくて、全身をくねらせ、喉を仰け反り、シーツを掴み、息を荒げました。
でも最近は、クリトリスよりもGスポットに喜びを感じていました。

「お願い、中とクリちゃんの両方をやって。クリちゃんは口でね」

「その方が感じるの?」と聞くので、「うん」と答えました。

息子が口をつけ、舌で舐められ、指でソフトにこねくりまわされると、お腹がガクガクしてイッてしまいました。

「お母さん、とっても良かった。便秘も治りそう」

息子は昔の頃のように屈託のない笑顔になりました。
私は思わず息子を抱き締めました。

翌日は息子の部屋で抱かれ、息子は私の中で果てました。

タイトルとURLをコピーしました