部長と会議室でスリル満点の社内セックス

この体験談は約 3 分で読めます。

32歳、独身のOLです。
同じ部署の部長(47歳)と不倫しています。
人事異動で部長がうちの部署に来てから、もう2年ほど続いています。

きっかけはマラソンです。
私、マラソンが好きで、学生時代からよく走ってました。
会社に入ってからも首都圏各地で開催されるハーフマラソン大会に出場していました。
とても自慢できるタイムは出せていませんが、走っていると楽しいんです。
言ってみれば趣味ですね。

部長もマラソンが趣味で、飲み会の時に意気投合して、一緒に走ろうということになったのです。
都内では皇居マラソンとか、地方では茨城県の筑波マラソンなど、あちこち出かけていってペアで走りました。
当然2人きりです。
休みの日に単独行動をとって奥さんは大丈夫なのかなって思いますけど、「会社の仲間何人かと走りにいってくる」で、済まされるみたいです。

最初は上司と部下の関係でした。
でも男と女、マラソンだけして、はいサヨナラというわけにはいかないでしょう。
それは起こるべくして起こりました。

部長から求められたのは筑波マラソンの帰りです。
疲れたから休憩しようとホテルに誘われ、そのままセックスしました。
私、意外な展開にびっくりしましたけど、特に抵抗はしませんでした。
私も部長に対して満更じゃなかったんだと思います。
部長が望むのなら、そういう関係になってもいいなって、心のどこかで思っていました。
不倫には違いありませんが、別に罪悪感はありませんでした。

でも部長とは、マラソンのイベントがない限り休日には会えません。
デートは平日の夜に限られていました。
退社後、約束した場所で待ち合わせて、歩いてホテルに行きます。
人気のないところまで来ると腕を組んで歩きます。
それからホテルにチェックインです。

「欲しかった」

部屋に入るなり部長が抱き締めてきます。
社内では部長と部下の関係で、周囲の目もありますから露骨なことはできません。
その欲求不満をベッドでぶつけ合うのです。

「アァっ!あッ・・・あんッ!」

「真生、真生・・・真生は俺の女だ」

「ああぁぁンッ!・・・私、部長の女になる」

抱き合ったらもう服を脱ぐ余裕もありません。
服着たままスカートの下のパンティだけ下ろして部長の硬いモノを受け入れたことも一度や二度ではありません。

だんだん平日の退社後だけでは物足りなくなりました。
思い切って2人で同じ日に有給休暇をとってデートをしたこともあります。
そんなときは部長が私のマンションに来て、じっくりセックスします。
でも、それでも物足りません。

『15時に11階の会議室5で打ち合わせしたい』

ある日、部長からそういうメールが来ました。
時間になって出かけていくと、いきなり唇を奪われました。
胸も触られました。
会社の中でこんなことをしていいんだろうかって思いますけど、部長がしてることだから問題ないんだろうって思いました。
会議室の逢瀬は時々しています。

極めつけはイベントの仕事で札幌に出張ときです。
同行した他の社員の目を盗んで部屋でこっそりセックスしたときは燃えました。
スリル満点でしたね。

部長とのセックスは楽しいし、気持ちいいです。
女の歓びを感じます。
でも、たまに考えることがあります。
これって不倫なんですよね。

奥様にばれたりしたらどうなるの?
社内で噂になったらどうなるの?

それを考えると、さすがにやばいかなって思います。
それに部長は私と結婚するつもりなんて微塵もないはずです。
最後にひとりぼっちになるのは、この私なんです。

私、見た目と違って気が強くて物に動じない女ですが、もう今年で33歳。
少し不安です。
職場の若い女性がどんどん結婚していく姿を垣間見ながら、こんなことしてていいのかなって、ときどき漠然と思います。

タイトルとURLをコピーしました