玄関のドアに手をつかせて立ちバックで母に中出し

この体験談は約 5 分で読めます。

僕が高校生の時でした。
学校から帰ると、母(当時40歳)がリビングのソファーで仰向けになって昼寝をしていたのですが、タイトスカートが捲れて太ももとパンティが見えていました。
それを見て僕はたまらなく欲情してしまい、気持ちを抑えられずに母に抱きついてしまいました。
最初、母は何が起きたのかわからずびっくりした様子でしたが、すぐにどういうことか理解したようで激しく抵抗してきました。
でも、僕は欲望を抑えられませんでした。
母とはいえ、初めて触る女の体に異常なほど興奮していました。
行為の途中、母は泣き出してしまいましたが、僕はそんなことお構いなしでした。
あまりの気持ち良さに肉欲を貪ること以外、何も考えられなかったのです。

この時は無我夢中で行為の詳細はあまり覚えていません。
行為が終わったあとで母は、「もうしないで」とだけ言いました。
僕も、「ごめん、もうしないよ」と言ったのですが・・・。

次の日、僕はまた母に迫りました。
母を見ると、どうしても我慢できなかったのです。
2度目の後は完全にタガが外れてしまい、それからしばらくは毎日、3度も4度も母を求めるようになりました。
母子家庭で父親がおらず、兄妹もいなくて母親と2人暮らしのため、誰の目も気にする必要がなかったこともエスカレートしやすい状況だったと思います。

最初は激しく抵抗していた母でしたが、何度も何度も犯すうちに黙って応じてくれるようになりました。
同時に、やることもどんどん過激になっていきました。
母の入浴中、いきなり入って風呂場でしてみたり、台所で料理中の母に抱きついてそのまま後ろからしてみたり、外ですることもありました。
もともと性欲が強かった僕は大学卒業までの約6年間、ほぼ毎日、母とセックスをしていました。

あれから13年。
今、僕は30歳で独身、母は53歳になりましたが、関係はいまだに続いています。
じつを言うと僕は半年ほど母との関係を断っていた時期がありました。
それは僕が大学に進学して一人暮らしを始めた頃です。
(一人暮らしと言っても実家から2駅ほどのところですが)

僕が家を出る前、「やっぱりこういうことはいつまでも続けてはいけない。いい機会だしもうやめましょう」と母が言い出したのです。

僕がしょっちゅう求めてくるので肉体的にも辛かったそうです。
僕もいけないという思いは持っていたので、そこで関係をやめることにしました。
しかし、一度味わった快楽をなかなか忘れることはできません。
結局すぐにまた関係を持つことになるのです。

それは一人暮らしを始めて半年ほど経ったときのことでした。
心配した母が様子を見に部屋に来てくれました。

「久しぶりね。どう、変わりない?ちゃんと食べてる?」

「うん」

テーブルに座り、そんなごく普通の親子の会話をしながら時間を過ごしていました。
そんな中、事が起きたのは、「お茶入れるわね」と言って母がキッチンに立ったときです。
僕の部屋はワンルームなのでキッチンはテーブルのすぐ目の前。
ふと母の方に目線をやると、スカートから伸びた母の脚、そしてスカートの上からでもわかる色気のあるお尻。
僕は生唾を飲み込みました。
それと同時に湧き上がってくる激しい情欲。
僕は我慢できませんでした。
何しろ一人暮らしを始めるまでは毎日、猿みたいに母とセックスしていたのですから、そう簡単に忘れられるはずもありません。

「母さんっ!」

僕は母に抱きつき、おっぱいを両手で鷲掴みにしました。

「やっ!ダメっ!ダメよ。もうしないって約束したじゃない」

「ゴメン、でも我慢できない。したいんだ」

正直に言うと、一人暮らしを始めてからも母のことはずっと忘れられませんでした。

「お願いだよ。したくてしたくてたまらないんだよ。ね?いいでしょ?しようよ」

スカートの中に手を入れて母の太ももを撫で回しました。

「ああ・・・母さん」

「ダメだって」

拒む母を僕は押し倒し、そのまま最後までしました。
母はずっと困った顔をしていましたが、僕は久しぶりに味わう母の体に夢中でした。

「しないって約束したのに・・・」

事が終わると母はそう言って、そのまま静かに帰っていきました。

でも、これでは終わりません。
次の日、僕は学校を休んで朝から実家に行き、再び母とセックスしました。
結局、アパートはその日のうちに引き払い、僕は実家に戻りました。
家に戻った後は再び猿のようになり、昼夜問わず母の体を求める日々が続きました。
この時、僕は19歳、母は42歳です。

実家に戻った僕は、これまで以上に母を求めるようになりました。
母は家で仕事をしていたので、大学のない日は、1日に4~5回かあるいはそれ以上、母にセックスを求めることも頻繁にありました。
もともと性欲が強く、この時はまだ19歳で性欲が溢れていた時期でしたから、とにかく母としたくてしょうがなかったんです。
正直、母はスタイルもすごくいいし、とても色っぽいので、母を見ただけで勃起してしまうような状態でした。

ある時、大学に行く途中でムラムラしたので、そのまま家に引き返したことがありました。
もちろん母とセックスするためです。
家に帰ると母が玄関に立っていました。

「あれ、どうしたの?忘れ物?」

「・・・うん」

この日の母はタイトスカートに生足でした。
僕好みのスタイルで、母もこういう服装が好きなんですが、僕が家にいる日は僕を刺激しないためなのか、最近はパンツスタイルが多くなっていました。
この日は僕が帰ってくると思わず、油断していたんでしょう。
僕の目を見て母は気づいたようです。
一瞬、母の表情が強張りました。

「母さんっ!!!」

僕は母に抱きつきました。

「きゃっ!ちょっと、ダメっ。今から◯◯さんが来るから」

どうやら友達が来るみたいです。
でも僕は母とやりたくて仕方がありませんでした。

「いいだろ、すぐ済ませるから」

「・・・」

母は黙って困惑した顔をしています。
AVなんかだと何度もしているうちに母親がだんだん淫らになっていくみたいな設定が多いけれど、現実は全然違います。

母の体から漂ってくる女の匂い。

(ああ、たまらない)

母を抱き締めただけでアソコは痛いほどギンギンに勃ってしまいました。
スカートの中に膝を滑り込ませると、股間が母の太ももに当たってたまりません。
上下に動かして擦り付けていると、「お願い、するなら早くして」と母が言いました。

「じゃあ後ろを向いてドアに手をついてよ。お尻を突き出して」

僕はスカートを穿かせたまま、母のパンツだけをずり下ろしました。
母はものすごく恥ずかしそうにしています。
そんな母を見て僕のアソコは今にも先っぽから我慢汁が出そうなほどギンギンになっていました。
そのままバックから挿入して激しく突き上げます。

「あぁっ・・・」

「はぁ・・・いいっ、いいよ、母さん」

玄関で母とセックスしたのはこの時が初めてでしたが、信じられないほど興奮しました。
僕は両手で母のおっぱいを揉みしだきながら夢中で腰を振り続けました。
母の胸は結構大きくてEカップくらいあります。
あまりの気持ちよさに天にも昇る気持ちでした。

「はぁ・・・ああっ!!母さん、出るっ!!」

最後は玄関のドアに射精しました。
行為が終わると、「急いで」と言って母は乱れた服を整え、精液をティッシュで拭き取ります。
ちょうど片付け終わったときに呼び鈴が鳴りました。
母は何事もなかったかのように友達を向かい入れ、その後はリビングでその人と普通に話をしていました。

(この人、まさか僕と母がさっきまでセックスしてたなんて夢にも思ってないんだろうな)

そんなことを考えていると、僕はますます燃えてくるのです。
母の友達が帰った後、再び母とセックスしました。
そしてその後も寝るまでに2度のセックス。
僕はもう母の体から離れられなくなっています。

タイトルとURLをコピーしました