巨乳で巨尻の姉貴を見てたら我慢できなくなって

この体験談は約 4 分で読めます。

俺の姉貴は巨乳で巨尻。
顔はまあまあ見られる感じの少し丸顔。
去年くらいから妙に気になり始めていた。
姉貴とは7歳違いで、31歳の独身男には姉貴の体も十分目の毒だった。
両親を早くに亡くした姉弟なせいか、すっかり母親気取りの姉が、実家で一人暮らしの俺のところに時々掃除や食事を作りに来てくれる。
そんな時、つい巨乳や巨尻に目が行って困ってしまう。
俺は性欲は強い方で、ソープに行ったら必ず2回はするし、恥ずかしいが毎晩オナっている。

今年の盆休み、旦那の実家に旦那と子供が帰ってる間、4日連チャンで姉貴が来てくれたけど、とうとうやってしまった。
ソファーに座ってだらだらTVを見てる俺の周りを掃除してくれてる姉貴。
Tシャツから突き出した胸と、ショートパンツからはみ出るような尻と生足を見てるうち、ジャージの下でペニスが硬くなりはじめ、我慢できなくなってしまった。

「姉ちゃん!」

俺は後ろから抱きつくとTシャツ越しに乳房を掴んでしまった。

「なに!あんた、やめなさい!」

姉貴は俺がふざけてると思ったのか、「もう、子供じゃないんだから」と笑って俺の手を離させようとしたが、俺が黙ったまま姉貴の体をソファーに押し倒してからは、かなり本気で抵抗した。
実家だから油断したのかTシャツの下はノーブラで、俺は乳首に吸い付いた。
ショートパンツを脱がせようとすると体を捩って逃げようとしたが、かなり叩かれながらもショーツごと脱がした。
俺を蹴り飛ばそうとする足を掴んで大股開きにして姉貴のあそこに喰らいつくと、やっと暴れなくなった。

「あんた、自分が何やってんのかわかってんの?」

俺が舐め続けてる間、ぐだぐだと何かを言ってた姉貴も、クリトリスを集中的に攻めはじめると黙ってしまった。

「しょうがないなぁ・・・」

溜息をつきながら目を閉じて俺にされるままの姉貴。
だんだん姉貴のあそこが濡れてきて、舌を入れるとヌルヌルなのが分かるようになった。
クンニを続けながら俺はジャージと下着を蹴飛ばすように脱いだ。
俺のペニスはガチガチに硬くなり反り返っていた。

「姉ちゃん!ごめん!」

ペニスの先っぽを姉貴のあそこに宛てがうと、一気に根元まで押し入れた。

「ひゃっ!」

姉貴が体をびくんと震わせながら声を上げた。
後は夢中で腰を動かしながら姉貴の唇をこじ開けて舌を絡めた。
そしてひたすら腰を動かし続けた。

「あぁ、いい」

いつの間にか姉貴も切なそうな声を上げ、尻を揺すって応えてくれるようになった。
そして俺の腰に両足を絡めてきてくれた。

「けんじ!けんじ!お姉ちゃん、イッちゃう!」

俺のペニスを締め付ける姉貴の膣が痙攣するように震えて、俺ももう爆発寸前。

「だめだめ!けんじ!中はだめ!」

姉貴も分かったのか首を振って拒む。
俺も直前で抜いて外に出そうと思っていた。
俺より先に姉貴がイッた。
体をガクガクさせて弓なりになる。
俺も射精しそうになって抜こうとした瞬間、姉貴の足が俺の腰にキツく絡んできてしまい、さらに俺のペニスをぎゅうぎゅうと締め付けてくるものだから、抜く間もなく姉貴の中に出してしまった。

「あぁ、や、だめ・・・」

姉貴が泣きそうな声を出したけど止められなくて、俺は何度も腰を打ち付けて姉貴の中に射精した。

2回目は俺のベッドに連れていって始めた。
ちょっと体は重かったけど、お姫様抱すると姉貴は大人しかった。
ただセックスしただけじゃなくて中出しまでされたことで姉貴は吹っ切れたみたいで、指でクリを弄り始めた時から声を上げて反応してきた。
姉弟で初めてのキスも姉貴の方からせがんで来て、舌を絡めてきた。

四つん這いにさせて尻を高く上げさせ後ろから挿入した。
最初から最後まで姉貴は声を上げ続け、大きな尻を揺すって俺の動きに合わせ、俺が射精するまでに3回はイッた。

「けんじのおちんちん硬い!硬くて気持ちいい!」

イク時の姉貴のあそこも凄くて、体を震わせながら俺のペニスをギリギリと締め上げる。

「姉ちゃん!出すぞ!姉ちゃんの中に出すぞ!」

ラストスパートで俺が吼えながらで激しく腰を動かしても、もう姉貴は拒まなかった。
ベッドで2人、裸のまま並んで色々しゃべった。

「ねぇ、どうしてこんなことしたの?」

「好きだからに決まってるじゃん」

「好き?今頃になって?」

「いや、前からずっと。姉ちゃんのイク時の顔、可愛いな」

「何言ってんの・・・。けんじのおちんちん、太いよね・・・硬いし・・・」

「義兄さんよりデカい?」

言ってるうちにまたペニスが硬くなってきて、結局夜までに3回した。
それから姉貴が帰る日まで、昼間っから夜中まで、1日に3、4回はした。
コンドームは使わず、全部中出し。

「子供が出来ちゃったらどうすんの?」

「俺が面倒見るから、ずっと」

俺が真剣な顔で言ったら、もう何も言わなくなった。
帰る日の朝も、旦那と子供たちを駅まで迎えに行く時間ギリギリまでセックスした。

「1ヶ月くらいしたらまた来るから・・・」

そう言って姉貴は帰っていった。

タイトルとURLをコピーしました