Dカップの美人女子大生はすごい名器だった

この体験談は約 4 分で読めます。

大学の頃の話。
友達のゼミに、めちゃめちゃ可愛い、というかきれいな子がいた。
名前は友里。
目がぱっちりしてて髪はストレートのセミロング、肌は白くて綺麗。
構内で見かけると、結構ピタッと服を着ていることが多かったから、スタイルもばっちりってのがよくわかった。
胸はDカップくらい。
毎日、その子を見かけるたびに友達とエロい話で盛り上がっていた。

ある日、その友達のゼミが飲み会をやるという話を聞いて詳細を聞いた。
つまり、その飲み会の帰りを狙ったわけ。
駅で待っていると、友達と一緒に友里が帰ってくるのを見つけた。
当然のように後を尾ける。
1人になったところを襲って痴漢してやろうと思っていた。
でも友里は駅からもずっとその友達と歩いていた。

(こりゃ駄目かな・・・)

半ば諦めていたら、「じゃあまたね~」と、友達は別の方向へ歩いていった。

(しめた!)

俺はダッシュで友里の後を追った。
辺りは暗い。

(今か?)

一気に距離を縮めようとすると、友里はアパートに入っていってしまった。

(ここが友里の家なんだ・・・)

急いで裏に回ったら、ちょうど友里が部屋に入っていくところだった。
鍵をする音がした。
少しして、そっと部屋の前に行ってドアを開けようとしたが、やっぱり鍵がしっかりと掛かっていた。
まぁ当然だ。

俺はそのままベランダに回ると、友里の部屋を遠くから見てみた。
部屋には電気が点いておらず、カーテンの隙間から黄色っぽい光が漏れている。
辺りを気にしながらそっとベランダに侵入。
覗いてみると、廊下の電気は点いているが、部屋は真っ暗だった。
もしやと思い、窓に手を掛けると、スススっと開いた!
胸が高鳴った。
もう興奮しまくりだった。

窓からそっと頭を入れる。
部屋に友里はいない。
廊下の明かりを頼りに進んでいくとシャワーの音が聞こえた。

(友里がお風呂に入ってる!)

その音とシャンプーの香りで理性が吹き飛んだ!

(今風呂に行けば裸の友里が見れる!)

その前に、部屋にガムテープがあることに気づいた。
俺はそれを手にとって、カーテンの影に隠れた。
ドキドキしながら10分くらいフル勃起で待った。

ガチャ。

風呂のドアが開いて友里が出てきた。
俺の心臓はもうバクバク!
ドライヤーの音がして、さらに5分くらい経って友里が部屋に入ってきた。
そっとカーテンから覗くと、友里は電気も点けずに携帯を開いた。
俺には気づいていないようだ。
薄っすらと見える友里はバスタオルを巻いているだけ。
その姿を見たらもう我慢できなかった。
友里が背中を向けた瞬間、後ろから襲いかかった。

「えっ!?っっ!!!んんんーーー!!!」

後ろから抱きついたまま友里の口にガムテープを貼り付けた。
そして目にも。
逃れようと必死で抵抗する友里をベッドに押し倒す。
そのまま後ろ手に持っていき、ベッドにあった友里のストッキングでグルグル巻きにした。

「騒がないで!騒いだらやばいよ!」

友里の耳元で言った。
俺は部屋の電気を点けた。
友里は後ろ手、目と口にガムテープを貼られてバスタオル1枚。
俺は友里にのしかかった。

「友里・・・セックスしよ」

そう言ってバスタオルを剥いだ。

「んーーー!!!んんーーー!!」

友里の裸。
すごく綺麗な肌だった。
すぐに俺も裸になって友里に覆いかぶさった。
全身で感じる友里の肌。
そこからは夢中で友里の体を貪った!
両手に溢れそうな胸はスベスベでめちゃめちゃ柔らかい。
揉むたびに最高の感触と友里の呻き声。
その反応もたまらなくて、全身の肌を楽しんでからオマンコへ。
キレイなオマンコを目にした瞬間、むしゃぶりついた!
濡れていなかったから唾を塗り込むように舐めまくった。

「んーーーっっっ!!ーーー!!!」

どうやら友里は、「やめて」と言っているようだ。

「友里・・・1回だけ!!1回だけだから!!」

俺はそう言うと友里の脚を持ち上げ、思いっきり開いて先を当てた。

「このまま挿れちゃうね!」

「んんんんんんんんんっっ!」

「あ~・・・友里と・・・あああっっっ!!!」

グチュ・・・ズッッ・・・メリメリ・・・ズブズブズブっっ!!

「んーーーっっっ!!!」

「あぁ・・・あったけぇ・・・!すっげー締まるっ!!友里・・・セックスは久しぶり?」

「っっっ!!!」

「そうなんだ・・・じゃあ・・・やりまくっちゃうね」

ジュプ・・・ヌチュ・・・グチュ・・・。

「んーーーっっ!!!んんんんんんっっ!!!」

「うっ・・・ああ気持ちいい・・・友里ってこんなオマンコしてるんだ。動かすとすっごい分かる・・・めちゃめちゃ絡み付いてくる・・・」

ジュブ・・・グチュ・・・ジュブウウゥゥ・・・。

「っあ~~~・・・!すっごい・・・めちゃめちゃいいオマンコしてるね」

「んんんーーーっ!!!」

「生だとやばいかな・・・すぐイッちゃうかも!もう我慢できない!」

「っっっ!!!」

ジュブジュブジュブジュブ!!!

「んんっっ!!!んーーーっっ!!んーーー!!!」

友里は頭を振って抵抗するが、押さえつけられているから動けない。

「ああっ!ああ~すっげ~いい!友里ちゃんのオマンコ!!」

俺はとにかく友里の体を貪った。
出し入れするとヒダヒダが絡み付いてきて締め上げる。
奥まで挿れると、動かなくても吸い付いてくるような感覚に襲われる。
俺はもう欲望のままに友里の体を貪った。
マジで良かった。
俺は2回、友里の中で出した。

タイトルとURLをコピーしました