ドSな後輩がしてくれた高速手コキ

この体験談は約 3 分で読めます。

中学の時の話。
その日は部活がなくて家に直行した。
その帰り道、部活の後輩の茉奈実という女の子が後ろにいたので、話しかけるか話しかけないかで迷っていた。
なぜ迷っていたかと言うと、茉奈実は大人しそうに見えて、意外にドSで毒舌だからである。
ちょっと陰キャ気味な俺は、先輩なのに茉奈実からよく弄られていた。
迷っていると信号を渡れずに追いつかれてしまったので、結局話すことに。

俺「おう、茉奈実か」

茉奈実「先輩こんにちは。なんで気づいてるのに気づいてないフリするんですか?」

やはり痛いとこを突いてくる。
俺は話を誤魔化して・・・。

俺「ま、茉奈実は部活が休みの日は何してるの?」

茉奈実「友達と遊んでます。けど今日は暇です。先輩は?」

俺「そ、そうなんだ、俺も今日は暇かな」

茉奈実「じゃあ、先輩の家に遊びに行っていいですかぁ?」

俺「え!?ちょっと・・・急に・・・」

茉奈実「嘘ですよw」

いつものようにからかわれる俺・・・。
家に着いて、「じゃ、またね」と玄関に入ろうとしたら茉奈実がついて来る。

俺「え?ちょ、マジで来るの!?」

テンパる俺。

茉奈実「ダメですかぁ?」

俺は女の子を家に招くのは初めてだったので少し興奮したが、また茉奈実の冗談だろうと思い直し、「全然ダメじゃないさーw」と返したら、本当に茉奈実がうちに上がることになった。
緊張と焦りでテンパっていると・・・。

茉奈実「先輩の部屋が見たいです」

と言うので、とりあえず部屋連れていった。

茉奈実「いい部屋ですねぇー」

俺「あ、ありがとう」

茉奈実がベッドに腰をかける。

茉奈実「親はいないんですか?」

俺「今日は仕事で遅くなるって」

茉奈実「そうですかぁw」

意味ありげにニヤけながら言うので少し興奮してしまった。
俺は机の方の椅子に座り、とりあえず学校のこととか話し始めた。

しかし・・・。
茉奈実の可愛い顔とミニスカから伸びるムチムチの太もも、サラサラの髪の毛。
実は茉奈実は俺の中でかなり上位の女の子だった。
しかも茉奈実は誘ってるかのようにワイシャツの第2ボタンを外したり、わざとパンチラしたり・・・。
完全にからかわれてると思い、もういっそのこと、襲っちゃおうかと思った。
とりあえず茉奈実の隣に座る。

茉奈実「先輩、どうしたんですかぁ?」

俺は茉奈実をジロジロ見る。

茉奈実「もしかして私のこと、狙ってますか?」

わざとらしく可愛い声で言ってくる。
俺の理性は失われ、性欲が開放。
茉奈実を押し倒した。
短いスカートに手を突っ込む。

茉奈実「やめてください!先輩!」

俺は我に返り、手を止めた。
その瞬間、茉奈実が逆に上に乗っかってきた。
しかも関節技を決められた。
さすがドSの茉奈実。

俺「ごめん!ごめん!悪かったって!」

許してくれない茉奈実。
しかし茉奈実の痛くもない関節技をかけられ、逆に気持ちよくなりフル勃起。

茉奈実「先輩。おちんちん元気になってますけど?」

俺は恥ずかしくて声も出ない。
茉奈実は関節技をかけながら俺のズボンを脱がす。

俺「え?え?ちょ!それはまずいって!!!」

茉奈実「なら、なんで抵抗しないんですか?」

もちろん俺は脱がされたいので脱がされる。

茉奈実「大きいですねw」

茉奈実は手コキを始める。
されるがままになる俺。

俺「さすがにまずいってば・・・」

茉奈実「じゃあやめますか?」

俺「・・・お願いします・・・」

茉奈実「先輩ってほんと変態ですねw」

茉奈実には色々と敵わない。
茉奈実は唾を垂らし、チンポがヌルヌルになり大興奮。

俺「い、イキそう・・・」

初めて女の子に手コキされたので3分ちょいでイキそうになった。

茉奈実「は?早過ぎるんですけどw先輩、興奮しすぎw」

もはや先輩の威厳なし。

俺「一応先輩なんだから敬語・・・」

と言った瞬間、茉奈実は「は?」と、手コキを高速にしてきた。

茉奈実「気持ちよくしてあげてんのに何か文句あんの?」

俺「そんなに速くしたらイッちゃいます!!!」

茉奈実「出したら許さないからね!!」

そう言われたが、俺はイッてしまった。

茉奈実「出すなっつったろ・・・」

俺は気持ち良過ぎて、そんな事はどうでも良かった。
その後も茉奈実の毒舌は続き、やがて茉奈実は帰っていった。

タイトルとURLをコピーしました