サンタコスでシンママと激ハメ

この体験談は約 4 分で読めます。

26歳、会社員の男です。
俺は実家暮らしをしているのですが、うちの地域は近所との繋がりが非常に強く、休日などは消防団の集まりに出なければなりませんでした。
この消防団の活動がなかなか厄介でして、日々の防災訓練はもちろんのこと、町内のイベントやら清掃活動まで、すべてボランティアで無理やりやらされるんです。
おまけに自分はこの消防団の中でも最年少のメンバー。

「若いから」を理由に、面倒事の大半は押し付けられていました。

昨年の冬、町内で何かクリスマス的なイベントを催そうと提案が出たんです。
色々案は出たのですが、最終的には・・・。

「サンタクロースに扮した消防団員がプレゼントを配りながら各家を回る」という内容で話がまとまりました。

ここで問題が発生します。

「サンタ役を誰がやるか?」という問題です。

まぁ大体予想はついていましたが・・・。
案の定、いつもの流れで俺がサンタ役を引き受けることになってしまいました。
その日は見たい番組があったのに・・・俺の言うことなんて誰も聞いちゃくれません。
ちなみにイベントの巡回先はお子さんがいる家庭約100世帯が対象。
これを俺が一軒一軒、プレゼントの小物を配りながら数時間かけて回るわけです。
なんとも気が遠くなる作業・・・はっきり言って憂鬱でした。

そしてやってきました、クリスマスイベント当日。
俺はサンタクロースの服装を身にまとい、自家用車という名のトナカイに乗って各家庭を訪問しました。
最初こそ面倒臭がってやっていましたが、子供たちの笑顔を見ているうちにだんだんやる気が出てきました。

そんなこんなで町内の家という家を練り歩き、ついに最後の訪問先、雅美さん一家が住んでいるアパートに到着しました。
一家とは言っても住んでいるのはお母さんと娘さんの2人だけ。
雅美さんは数年前に夫と離婚したらしく、以来、女手ひとつで娘さんを育てているとのことでした。
ちなみに俺とは町内の行事で何度か顔を合わせている程度の間柄です。

時刻はもう22時を回っていて、訪問の予定時間を大幅に過ぎていました。
追い返されないかとヒヤヒヤしながらインターホンを押しました。
ピンポーンとチャイムが鳴った数秒後、玄関のドアが開いて、中から雅美さんが出てきました。

「は~い」

「あ、どうも~、サンタクロースで~す」

「あぁ消防団の・・・夜遅くまでお疲れ様です」

「あれ、ユカちゃんは・・・もう寝ちゃってる感じですか?」

「はい、残念ながら」

「あちゃ~遅かったか。じゃあ、プレゼントだけ置いていきますね」

「まだ他の家も回るんですか?」

「いえ、ここが最後です」

「よかったら上がっていきます?お茶くらい出しますよ」

「いやぁ、悪いですよ」

「お外、寒いでしょう?少しだけでも」

やたらと俺を家に入れたがる雅美さん。
まぁ1杯くらいということで、お言葉に甘えて雅美家にお邪魔することになったんです。

雅美さんの年齢は30代前半くらいでしょうか。
子供を1人産んでいる割には若々しく見えました。
この時はタートルネックのセーターに下はデニムという比較的ラフな格好だったのですが、ちょっとお洒落をすればその辺を歩いてる女子大生と見分けがつかない気もします。

家に上がると俺はリビングのソファーに座らせられました。
娘さんは別室で寝ているのか姿が見えません。
しばらく待っていると、雅美さんが湯気の立った湯のみとお茶菓子を持ってきてくれました。
俺の真横に座り、一緒にお茶をすることに。

「おひとりで町内を回られてるんですか?」

「えぇ・・・消防団の奴らに押し付けられちゃって・・・」

「お若いのに大変ですね」

「やだな~。雅美さんだってまだ全然お若いじゃないですか」

「私なんてもうおばさんよ」

「そんなおばさんなんて・・・まだ全然いけますよ!」

「・・・ほんと?」

雅美さんが真顔で俺を見つめてきました。
それから互いにしばらくの沈黙が続いたあと・・・。
なんと彼女は俺の股間をズボンの上から撫で回してきたんです。

「ど、どうしたんですか?なんか変ですよ」

「・・・やっぱりこんなおばさんじゃ嫌?」

「いや、全然嫌ではないですけど・・・ユカちゃんに見られたらまずいですよ」

「あの子、一度寝たら朝まで起きないから大丈夫・・・」

そう言ったあと、雅美さんは俺にディープキスをしてきて、ズボンの中に手を入れてきました。
俺はもうされるがまま。
それから雅美さんはズボンの中から俺のペニスを探り当て、慣れた手つきでシコシコとしごき始めたんです。
彼女の柔らかくて温かい手が妙に気持ち良くて、俺のそれはあっという間に大きく膨れ上がってしまいました。
お互い徐々に息遣いも荒くなってきて・・・。
気付けば雅美さんの服を脱がしてソファーの上で挿入していました。
挿入している間はお互い無言。
パンパンと肉を打ち付ける音だけがリビングに響き渡りました。
雅美さんの膣内は彼女の手と同じように温かく、外を歩いて冷え切っていた自分の体が内側から溶けてしまいそうな気持ち良さでした。
それから次第にピストンが速くなっていき・・・あと少しでイク!と思ったその時、事件は起こりました。

「ママ~、おしっこ~」

なんと娘さんが起きてきたのです。
ソファーの陰に隠れて大慌てで服を着る俺と雅美さん。

「ママ~、このおじちゃん、だぁれ?」

「こ、この人は、サンタさんよ!」

「ホッホッホッ!メリ~クリスマース!」

全力でサンタになりきった俺は、娘さんにプレゼントを渡すと、すぐにアパートを離れました。
去り際にチラっと見えた雅美さんの困り顔は今でも忘れられません・・・。

その後、雅美さんとは町内の行事で何度か顔を合わせていますが、お互い軽く会釈する程度で特に接触はありません。
ちなみに今年のクリスマスイベントでも雅美家を訪れることになっているのですが、一体どうなることやら・・・。
今から不安で仕方ありません。

タイトルとURLをコピーしました