エッチな2人のパート主婦に食われた話

この体験談は約 5 分で読めます。

私の職場は女性がかなり多く、男女比は2:8くらいです。
パートさんも何人かいますが30代の主婦がほとんどです。
私は独身のマネージャーなのですが、かなり気を遣います。
とにかく平等を意識して、個人的な話はしないようにしています。
たまに仕事の愚痴なんかを言ったりすると、次の日には何とはなしに職場全体に広がったりしていますから。

そんなある日、1人のパートさんが一身上の都合ということで辞めることになりました。
真面目な人で品の良い感じの方だったので残念に思っていました。
そしてその晩、内輪だけで飲み会をすると言うので私も呼ばれて飲み会に行くことになりました。

1次会も終わり帰ろうかと思っていると、辞めるパートさん(亜由美さん)と、亜由美さんと仲良しのパートさん(真紀さん)に声をかけられ、2次会に行くことになりました。
通常の飲み会の2次会なら絶対にお断りするのですが、亜由美さんが辞める時なので付き合おうと思いました。
3人でお店をどこにしようかと歩いていると、真紀さんが「マネージャーさんのアパートってこの辺なんですよね?行って見た~い」と言ってきました。
当然まずいです。
部屋は綺麗にしていますが、パートさん2人をアパートに入れるなんて絶対にあり得ません。
どこで、誰の目が光ってるかわかりませんから。

でもその日、亜由美さんは薄手のロングスカートに黒のキャミソールに上着を羽織ってる格好。
真紀さんは膝上10センチくらいのスカートにおしゃれな感じのカットソー。
2人とも細身なんですが、亜由美さんは胸が大きめで、真紀さんはスレンダー系。
つい、その姿に誘われる感じで2人をアパートに上げてしまいました。

部屋に入ってコーヒーでも出そうとすると、2人は強引に冷蔵庫を開け、残り物の食材でお摘みを作ってビールを持ってきました。
なんか圧倒されて部屋で1人取り残されてしまった私でしたが、こうしてみると結婚も良いのかもと、品の良いパートさん2人を見て思ってしまいました。
さて、終始奥様パワーに圧倒され気味で、「彼女は?」「結婚しないの?」「職場では誰が好み?」などなど、とても職場内では答えられないようなことばかり聞いてくる2人。

すると・・・。

「亜由美さんはマネージャーのこと好きなんですよぉ。いつもマネージャーのことばっかり話してきて」

「真紀さん、やめて下さい。真紀さんだって2人で盛り上がってるじゃないですか」

要するに2人とも私にいい印象を持ってるようで、職場内で私のことを悪く言う人はいないと聞いて、内心はほっとしました。
平等に接してきた甲斐があったというものです。

そして話は進み、いい加減酔ってきた真紀さんが、「マネージャー、最近エッチしてる?」と聞いてきました。

私「いやいや、彼女がいないですからね。ご無沙汰ですよ。はっはっは」

受け答えの基本は、即座に答える、笑い話にしてしまう、ってところです。

真紀「えーそうなんだ。職場の◯◯ちゃん(20歳の女の子)がマネージャーのことを誘惑しちゃうって言ってたわよぉ」

亜由美「誘惑に負けちゃったりして・・・」

私「負けませんよ。子供ですよ、◯◯さんの年齢は」

真紀「じゃあ亜由美さんと私の年齢は?負ける?ホラホラ」

そう言って真紀さんは膝上のスカートを上げました。
さすがに凝視してしまい、固まってしまいました。

亜由美「あ、マネージャーがエッチな目で見てる」

私「あははは。素敵な太ももだったから、ついね」

亜由美「じゃあ私の足は?」

亜由美さんもロングスカートを捲くって太ももを見せてきました。
途端に真紀さんが亜由美さんのスカートを引っ張り、亜由美さんのレースの入った水色の下着が現れました。
怒った亜由美さんは真紀さんのスカートを引っ張り、今度は真紀さんの黒の下着が・・・。
2人ともかなり酔っているようでした。

すると真紀さんが、「マネージャーの下着も見せてよ。ずるい」と言い出して、ズボンを引っ張られ、勢いでパンツまで下がって、2人の下着を見て大きくなっていた私のアソコがピョコンと出てしまったんです。
とっさに隠そうとしましたが、それより先に亜由美さんが隠そうとしてくれて、両手で私のアソコを覆いました。
もちろん触れています。
触られてさらに気持ちよくなって大きくなった私のアソコ。
亜由美さんの小さな手では隠れない大きさになってしまいました。

「凄ーい」

まじまじと2人は私のアソコに顔を寄せて凝視します。

真紀「私にも触らせて」

とうとう2人で触ってきました。
思わず「あぁ」と声が出ました。
そりゃ私だって男です、品の良い素敵な奥様2人に触られれば、大きくなるし声も出ます。
2人が触りながら私の両脇に来ました。

真紀「気持ちいいの?凄い大きいですね、マネージャー」

亜由美「エッチずっとしてないんでしょ?したい?」

卑猥なことを言ってくる奥様2人。
それもアソコをしごきながら。
2人の背中に手を回して両手に花、私はブレーキが効かなくなってしまいました。

私「そりゃあしたいですよ。わかるでしょ。こんなになってるんだから・・・」

そう言いながら2人の尻や胸を触っても抵抗なし。
すると真紀さんが私のアソコを咥えてしまいました。
亜由美さんはフェラをしてる真紀さんに釘付けです。
亜由美さんの顔を私に向けさせてキスをしました。
熱い舌が口に入ってきました。
ちゅぽちゅぽといやらしい音を立ててフェラをする真紀さん。
その音を聞きながら亜由美さんとディープキス。
私の手も自然と2人の下着の中に向かって、弄ると2人ともヌルヌルで、腰をピクンピクンと反応させます。

真紀「大き過ぎて顎が痛くなっちゃう」

そう言うと口を離し、竿をペロペロ舐め始める真紀さん。
それを見た亜由美さんは・・・。

「私も舐めたい」

とうとう2人で舐め始めました。
Wフェラなんて初めての体験で、気持ちいいのは言うまでもなく、凄い満足度です。
2人の女に舐めさせているなんて、この上ない喜びでした。

興奮した私は先にフェラをしてくれた真紀さんのパンティをずらしてバックで挿入しました。
そして真紀さんを責めながら亜由美とキスします。

真紀「凄い、太すぎる・・・気持ちいい」

声も絶え絶えに喘ぐスレンダー真紀さんを犯しながら、グラマーな亜由美さんを指マン。

私「亜由美さんも欲しいですか?」

亜由美「欲しい、私も真紀さんみたいにして下さい」

2人を四つん這いにさせて代わる代わる責めました。
その後は亜由美さんを仰向けに、真紀さんをその上に抱き合わせて、突いては入れ替えながら交互に楽しませてもらいました。
結局、3回もイッてしまい、気がつけば11時を回っていました。

タイトルとURLをコピーしました