常連の女の子と閉店後のお店で中出しエッチ

この体験談は約 4 分で読めます。

閉店後の店内で常連の女性と体験しました。
僕は当時30歳目前。
仕事も順調でプライベートでも彼女ができて、今年の夏は楽しめそうだなと思っていました。

その日は仕事で残業していました。
僕の仕事は飲み屋の接客で、お客さんの引きが遅く、いつもよりも遅い時間まで1人で後片付けをしていたのです。
普段はバイトを最後まで残して一緒に後片付けをしていますが、現在は深夜2時。
たまにはあるんですよね、こんなことも。

そんな時間に店の電気が点いていたものだから、『CLOSE』の看板を出しているにも関わらず、店に入ってくる人がいます。
ガチャっと扉を開ける音がして、(なんだよー)と心の中で思うわけでありまして。

店に入って来たのはクミでした。
クミは最近常連さんになってくれた28歳の女性です。
割と頻繁に通ってくれて、すっかり仲良くなっていました。
会話もタメ口です。
背は小さくて可愛い顔をしているのですが、いつも変な男にばかり好かれてしまうと嘆いていました。
よくいますよね、そういう人って。
しかし彼女の性格はとても真面目で、決してギャグを言わないとかノリが悪いということではないのですが、曲がったことが大嫌いで、本気で怒ることもあるくらいです。
ですので僕も最初は言葉に気を付けていましたが、慣れていくうちに多少はハメを外すようなこともあったりしまして・・・。

「こんな時間まで仕事ですか?」

クミが聞いてきました。

「今日はお客さんが遅くまで残ってて」

「お疲れ様です、電気が点いてたから入ってきちゃった」

知らない人が入ってきたらすぐに追い出すところですが、クミならいいかと思い、椅子に座らせて話をしていました。
僕も後片付けが終わり、クミにお茶を出して一緒に座ります。

「どう、最近の男事情は?」

「この前ナンパされましたよ。すごい気持ち悪そうな人から」

なんで本当にそんな人しか寄って来ないのかが僕には分かりません。
可愛い顔をしてるから人気がありそうなんだけど、なぜかまともな男が来ないんですよね、彼女って。

「クミちゃん、今日は疲れたから肩でも揉んでよ」

ここぞとばかりに甘えてみると、なんだかんだ言いながらやってくれるクミ。

「彼女さんにやってもらえばいいじゃないですかー。てか、ほんと凝ってますね」

「彼女にしてもらうとマッサージだけじゃ終わらなくなるからさー」

ちょっとエロを連想させる話をすると、すぐにクミは怒り気味で返してきます。

「またそんなこと言って!私ならそうならないから安心ってこと?」

「いやいや、え、そういう展開にしていいならするけど?」

クミの発言は僕には、『私には魅力がないの?』と言っているようにしか聞こえません。
もちろん本心としてはそんなことは思ってなくて、彼女にしているようにエロい方向に持っていきたいのですが、お客さんなので簡単には手を出せないですよね。
クミも僕が試しに腕をサワサワとすると頑なに手を振りほどいてきます。

「そういう展開にしたらダメです!」

まあ、そう言うだろうね、クミの性格なら。
僕は再び肩揉みを味わっていました。
そこにクミの意味深な一言が。

「まあ触られないってのも寂しいですけどね」

僕としては「いったいどっちなの?」と聞きたくなる発言が多く出ます。
以前も、クミの髪にホコリが付いていたので取ってあげたら、「女性の髪を簡単に触ったらダメです!」って怒られたことがあります。
でもその直後、「髪を触られるのってドキってしますよね」なんて言ってくるし。
どうもよく分からないクミです。
しかし、肩を揉まれて気持ちが良くなってきた僕は、今日ばっかりは攻めようと考えていました。

「触られないのが寂しいなら触ってあげるよ」

そう言うと僕は立ち上ってクミを軽く抱き締めました。
クミは当然驚きます。

「な、なんですか?セクハラですよ!」

「寂しそうだから、気持ち良くしてあげるよ」

僕はクミの耳に唇を這わせました。

「あん・・・」

クミは少し感じたみたいで声を漏らします。

「クミちゃん、可愛いね」

クミの顔が一気に真っ赤になり、僕の胸に顔をうずめました。

「ダメですよ、そんなことしたら・・・」

言葉では断っているのに僕に抱きついてくるクミ。
僕ももっと触りたいと思い、クミをソファーに寝かせてキスをしました。

「あ・・・そんな・・・」

あれだけ真面目に振る舞っていたのに、いざエロモードの入ると何の抵抗もせずにマグロ状態になりました。

「クミちゃん、本当は触られたいんでしょ?」

「そ、そんなことないです・・・」

僕が胸を揉んだりスカートの中のパンティーの上からアソコを優しく撫でたりしてもクミは何の抵抗もしてきません。

「あん・・・ダメェ・・・」

クミの感じてる顔はエロそのものでした。
そのせいで僕はあっという間に興奮してしまい、すぐにクミのパンティーを脱がします。
ちゃんと脱がせやすいように腰を上げてくれる彼女を見て、クミは本当はエロ好きなんだなと確信しました。
スカートの中に顔を入れてヌルヌルのアソコを舐めると店中に響くような喘ぎ声を上げます。

「あああん・・・恥ずかしい・・・」

「クミちゃん、クンニが好きそうだからいっぱい舐めてあげるよ」

「あはん・・・だめ・・・ああん、あん」

店の外まで漏れそうな声をあげるクミのせいで僕はさらに興奮が止まらなくなります。
クンニしながらジーンズを脱いでクミのアソコにムスコを擦りつけました。

「あ・・・それ、早く挿れて下さい・・・」

完全にエロモードに入ったクミは挿入を急かしてきました。

「真面目そうに見えて本当はエロエロだね」

「お互い様ですぅ・・・」

僕も早く挿れたくて一気に奥まで挿入しました。

「あんん・・・嬉しい・・・あん」

完全にスケベな顔になるクミ。
僕が激しく突くと腰がだんだん浮いてきてオーガズムを感じていました。

「ああん!だめぇ・・・やばいです・・・イクぅ!」

「クミちゃん、オレもイクよ!」

「ああん・・・中に・・・出してください・・・」

まさかの中出しオーケーで、僕はお言葉に甘えてクミの中に大量に出しました。
クミも激しい喘ぎと共にイッてしまったようです。

それからというもの、クミはいつも遅い時間に店に来るようになりました。
そして他のお客さんがいなくなるまで残って、最後に僕とセックスをして帰るというパターンになっています。

タイトルとURLをコピーしました