人妻ソープ嬢と疑似不倫セックス

この体験談は約 4 分で読めます。

スロットで爆発して20万近く勝ったので、高級ソープに行った。
若い子が多い店で、南明奈ちゃん似の子がついた。
スレンダーな子でローションで滑らせながらサービス。

「アッキーナに似てるね」

「嬉しい!」

笑顔になり、ローションで滑らせながら息子をスリスリ。
丁寧にフェラもしてもらい、素股でも滑らせながらマッサージ。
当然の流れで挿入だが・・・。

「ゴム付けたよ」

笑顔で被せて花弁に挿入。

「あんっ!気持ちいい!」

声を上げる姿としっかり締め付けてくる花弁に興奮。
19歳のすべすべヌルヌルボディは抱き心地抜群だった。
彼女が上になって動かしてくれた後、正常位で突き上げて発射。
起き上がると彼女はゴムを見て、「いっぱい出たねw」と笑いながら外してお掃除フェラ。

「また来てね」

そう言われて店を出たけど、なんか魂を揺さぶられないというか・・・不完全燃焼感に包まれた。

(まあ、若い子とやれたし、いいかな)

路地を歩きながら何件か通りすぎると人妻ソープがあった。
『30代~のスケベな人妻とお楽しみください』と書いてあり、妙にそそられた。
料金も安く、もっと楽しみたいという本能のままに店に入った。
見たら部屋によってコースが違う。
お風呂でのサービスと一軒家の部屋でのリフレコースがあり、思わずリフレに決めた。
そして、かなみさんという38歳のスレンダーで清楚な雰囲気の女性を選んだ。

「シャワーを浴びて待ってて下さい」

店員にそう言われ、シャワーを浴びて座っていたら、かなみさんが「こんばんは」とシースルーの黒い衣装で現れた。

「初めてお会いしますね」

なんだか、かなみさんの自宅に来たような雰囲気が絶妙だった。

「お茶ですか?コーヒーですか?」

「じゃあコーヒーで」

「あたしより年下みたいですね」

そんな会話だけで妙にドキドキした。
少し話していると、「お時間がなくなっちゃいますよ」と言われ、奥の敷いてある布団に移動。
なんとも家庭的な部屋で、かなみさんを寝かせてキス。

「あたしも楽しませていただきますね」

そう言われ、かなみさんがキスをしてきた。

「アンッ・・・ンッ」

ちょっとハスキーな声。
首筋から肩を舐め回し、徐々に脱がせてみると、スレンダーな割には大きな胸が現れ、おっきめな乳首に吸い付きました。

「いやん!」

体を捩らせ、感度も抜群。
肉感も肌の柔らかさも抜群。
少しお腹についた贅肉もなんか情感たっぷりで、おっぱいに吸い付きながら黒いパンティを触るとすでに湿っていて、撫で回しているとじんわりと濡れてくる。
なんだか他人の家に行ってそこの奥さんと遊んでるような感覚が、ついさっき若い子と一度射精を果たしたはずの俺を興奮させる。

シックスナインでお互いに舐め回した後、挿入。
ベッドにかなみさんを寝かせ、枕元のコンドームを取ると、「付けるの?」と聞かれた。

「え?」

「どっちでもいいよ」

そう言われて生を選ばない男はいない。

「いいの?」

「うん、私も生の方が気持ちいいから」

耳元で囁かれ、かなみさんへゆっくり挿入。

「あんっ!硬い!」

締め付けは弱めだが、よく濡れているから滑らかに入る。

「奥に入ってくる!」

眉間に皺を寄せながら声を上げ、顔を赤らめながら感じる姿は若い子とは大違いだ。

「アンッ!アアアッ!」

感じ方も男としてちょっとたまらない姿だった。
お互いに体を馴染ませて彼女を上にした。
上下に動きながら、「硬い!気持ちいい!」と声をあげて楽しむいやらしさ。
バックでおっきめなヒップを掴みながら突き上げると、「イク!」と体をビクビクさせるかなみさん。
正常位で抱き合い、キスをしながら疑似不倫を堪能。
そろそろフィニッシュかと思ったら、ピピピピピとタイマーが鳴って時間が来た。
延長やむなしかと思ったら、「5分くらいなら誤魔化せるから」とロスタイムをもらった。
キスをしながら徐々に激しく突き上げていく。

「出していいよ!」

「このままいい?」

「うん!中で・・・中に出して!」

いよいよ射精感が高まり・・・。

「出すよ!」

「アンッ!来て!」

背中に手を回してくるかなみさんを抱き締めて発射!

「アンッ!凄いドクドクしてる!」

声をあげるかなみさんに全て放出した。

「凄い熱い」と精子を感じているかなみさん。

もっと抱き合っていたかったけど、もう時間が過ぎてたのですぐに着替えた。

「凄い気持ち良かった。また来てね!」

「もちろん」

再訪を約束して部屋を出た。
若い娘にはないいやらしさを味わえて大満足だった。

それから数日後、またかなみさんを予約して遊びに行った。

「来てくれたんだ?今日は時間に追われないようにしようねw」

「今日もたっぷり出しちゃうからね」

「いいよ」

笑顔でキスをしてくれて、すぐにベッドへ。

「若いのに凄い情熱的だよね?」

「かなみさんの家に来てしてるみたいで興奮するよ」

「不倫だからね?」

「人妻ソープだから疑似不倫だけどね」

「でも私はまだ一応人妻よ」

そう言われて驚いた。
旦那とは1年間以上別居しているが離婚はまだで、2人の子供と実家で暮らしているらしい。

「本物の奥さんを犯してたんだ」

「そうよ」

そう言って笑うかなみさん。
激しく興奮してキスをしながら正常位ではめた。

「この前のおちんちん!」

かなみさんも感じてくれて、中も気持ち良かった。
だんだんフィニッシュが近づいてきた。

「今日も中に出すよ!」

「いいよ!いっぱい頂戴!」

抱きついてきたのでキスをすると、「出して!」と両足を腰に巻きつけてきた。

「来て!」

かなみさんが声をあげ、沸き上がる欲望を思いっきり発射した。

「アンッ!アンッ!ドクドクが凄い!」

かなみさんが硬直しながら声をあげる。
そのまま無言で抱き合い、キスを繰り返し、お互いに満足した。

「この前よりいっぱい出てたよ」

笑いながら言うかなみさん。
その後も俺はソープ通いを繰り返した。
かなみさんは離婚後の生活費や養育にかかるお金を貯めるために働いているらしい。

「遊びの女にそんな情熱的なセックスすると勘違いされるよ」

それが、店を辞める前のセックスの後、かなみさんに最後に言われた言葉だった。
もしかしたらかなみさんも少しは俺ことを・・・なんて思ったりしたけど、真相は闇の中だ。

タイトルとURLをコピーしました