学生時代に振った女に頼んで童貞卒業

この体験談は約 8 分で読めます。

女とやりたい!
健全な男なら誰でもそう考えてるよね。
ましてや23歳、社会人1年目で童貞(俺のこと)だったら、なおのこと女の身体を知りたいと思ってても当たり前じゃないか。
一応、自分の名誉のために言っておくけど、決してモテなかったわけじゃない。
学生時代は何度か告白されたこともある。
ただ自分のストライクゾーンが極端に狭かったため、普通なら“いいね”というレベルでも、仲間以上の関係には発展させなかったんだ。
逆にストライクど真ん中の子には、アタックしても仲間以上にしてもらえなかったけどね。

あと1週間でクリスマスイブという日の夜、学生時代に告白してきたことのあるMから電話がかかってきた。
Mは部活仲間だったんだけど、お互い就職してからはご無沙汰だった。
で、電話の内容は、「1週間後、久しぶりに飲みたい」ということだった。
別に予定もないので「じゃあ飲もうぜ」ってなったんだけど、「お酒と摘みは買っておいてね」ときた。

(なんだ、宅飲みか)と思ったが・・・。

待てよ、1週間後ってクリスマスイブじゃん。
イブに来るってことは、また告白されるのか・・・。
そのまま童貞卒業か!

俺は期待してしまった。
正直なところ、(初エッチできるなら、この際風俗でも構わない)とまで考えていたから、たとえ相手がMでもストライクゾーンを広くするのは当然だった。
電話を切った後は妄想しながら3回も抜いてしまった。
でも翌日からは気持ちいい初体験のために禁欲した。

その年のイブは土曜だったから、朝から部屋の掃除、酒や肴の買い出し(コンドームも)と忙しく過ごした。
夜19時過ぎになり、ついにMが来た。
最初こそエッチを意識してたんだけど、飲んでるうちにすっかり昔の感覚で盛り上がってしまった。
結構深酒になってた気がする。

「もう眠い・・・泊まってく・・・着替え貸して・・・」

そう言うMにジャージを渡すと、トイレのついでに着替えてた。
俺が寝巻き代わりのスウェットに着替えてると、Mは「おやすみ~」と勝手にベッドに潜り込んでいる。

「おい、予備の布団がないから一緒に寝るからな」

蛍光灯を消して、体を密着させるように俺もベッドに入った。
たぶん10秒もしないで眠ってしまったんだと思う。
2時間ほどして、なんとなく目が覚めた。
酔いはまだ残っている。
隣には規則正しい寝息のMがいる。

(そうだ!初体験はどうした!)

意識すると同時にチンポに血液が集まりだした。

(セックス出来なくても、せめて身体くらいは触っておきたい!)

そんな一心からMの胸に手をあてがった。
寝息に乱れがないことを確認すると、ヤワヤワと揉んでみた。
もちろんジャージ越しだけどね。
ブラを外していないのには、ちょっとガッカリだったな。
次は恥丘全体を、やはりジャージ越しに手のひらで包み込んでみた。
間抜けな感想だけど、女にはホントにチンポがないんだなと感心した。

まだMは熟睡のようだし、直に生チチと生マンコに触ってしまえと俺の中の悪魔が囁く。
ジャージの裾野から手を入れ、スベスベのお腹を撫でながら胸を目指したんだけど、ブラのワイヤーに拒まれてしまった。
仕方がないのでブラからのはみチチで我慢した。
下こそは・・・とズボンの中に手を侵入させるのだが、こちらはガードルでブロックされていてもどかしい。
なんとか陰毛まで辿り着いたものの、もっと奥までは無理だった。

もうMが起きてもいいやと布団をはいで、強引にズボンと下着を脱がしにかかった。
さすがに目を覚ましたMは驚いた顔で、「何してるの!やめて!」と抵抗してきた。

「何って、お前を抱きたいんだよ。イブに男の家に泊まりに来るって、お前だってその気があるんだろ」

自分勝手な理屈を押し付ける俺。
Mも最初はそのつもりだったけど、一緒にいて、やっぱり友達なんだと思ったらしい。
ここで俺がまだ童貞だってことをカミングアウト。
そして、「俺の初めての女になって欲しい」と懇願した。

Mは意外そうな顔をしてたけど、最後は「いいよ。私が俺君の童貞を奪ってあげる」と笑顔で言ってくれた。

外の明かりしか射し込まない部屋で裸になると、改めてお互いを見合った。
薄暗い中に浮かび上がるMの身体は想像以上に綺麗だった。
無言で見つめあった後、Mを抱き締めてキスをした。
俺にとってのファーストキス。
チンポはMと俺に挟まれながら我慢汁を流している。
胸を揉みながらベッドに押し倒した。
覆い被さると2つの胸を夢中で揉み回し、乳首を中心に舐め回していた。
少し乱暴だったかもしれない。
左胸を責めながら右手でマンコを弄ってみる。
あまり濡れていない。
僅かに湿っている程度だったのは、やっぱり乱暴だったからか・・・。
Mはそれでも、「俺君、気持ちいいよ。幸せだよ」と気を遣ってくれた。

インサートすることしか頭にない俺は前戯もそこそこに(たぶん10分もしてなかったと思う)、コンドームを被せるとマンコに突入!
・・・のはずが、穴の位置がよくわからない。
すると察してくれたMが、優しく俺を握ると、一点にあてがって「ここだよ」と導いてくれた。

「ああ~」

「うーん」

声を出し合いながら俺達は繋がっていった。
その後の女性遍歴で分かったことだが、Mのアソコはかなり小さいのと濡れが足りなかったのとで、ギチギチしながら押し進めていった。
ようやく根元まで入り込んだ途端、猛烈な射精感が襲ってきた。
初体験だから仕方ないんだけど、早漏と思われるのが嫌で、なんとか我慢した。
でも素直に出しちゃえば良かったんだろうな。
ぎこちないピストン運動をしているとMから、「あぁぁん・・・うぅぅん・・・」と声が出るようになり、マンコからもジュースがより多く分泌されだしたようだ。
滑りが良くなると逆にキツさが物足りなくなり、オナニー三昧だった俺には射精するほどの刺激にはならなかった。
まあ酔いが残っていたこともあるんだろうけどね。

イキたいけどイケない!
せっかくの初体験は気持ちよくフィニッシュしたい!

焦りまくった挙句、チンポに元気がなくなってしまった。
Mは俺を批難することなく、「リラックスして楽しんで」と微笑んで、コンドームを外すと絶妙な力加減でチンポをしごいてくれた。
復活したモノに別のゴムを付けて再突入。
でも、リラックスしなきゃということが逆にプレッシャーになり、またも中折れ状態に・・・。
何度か繰り返したが、とうとう勃起もしなくなった。
諦めるしかなかった。

「ごめん。やっぱ無理みたい」と告げると、「最初から上手くいくわけないよ」と慰められた。

そうやって不完全燃焼のまま俺の初体験は終了した。
2人は裸のまま抱き合って、また深い眠りに落ちた。

翌朝はMが先に目覚めていて、ずっと俺の寝顔を見てたらしい。

「おはよう、俺君すごくよく寝てたね」

と、いつもの感じで話しかけられた。

「こっちも熟睡してたね」

朝起ちもしていないチンポを、柔らかな手のひらで包み込んでくる。
酔いも醒めていたから、たちまち反応してしまった。

「おや、お目覚めですね。こっちもおはよう」

Mが毛布の中に声をかける。
しばらく互いに触りながらまったりしてたんだけど、今度は上手くいきそうな気がして、「夕べのリベンジしていいかな?」と聞いてみた。
Mは嬉しそうに、「喜んで(笑)。でも、その前にシャワーしよっ!」と提案してきた。
どうやら順序よく事を進めれば、きっと上手くいくということらしい。

狭いユニットバスに入ると、まずはお互いに用を足した。
勃起チンポを押し下げておしっこしてるのを見られるのは、さすがに恥ずかしかったな。
反対にMがしてるのは、すごく興奮した。

ボディーソープを手のひらで身体中に塗り広げ、そのまま両胸をスリスリ&ヌリヌリしていると、すでに立ち上がっている乳首の弾力が増したような気がした。
ペロッと舐めると、「あぁぁん」といやらしい声を出した。
ボディーソープは苦かったけど、Mが感じてくれるならと我慢した。
下の毛は泡立てると、「サリーちゃんのパパ」なんて古いネタで子供のように戯れた。
俺のは真ん中がニョキッとしてるもんだからトリケラトプス。
背中側は抱き合って腕を回して洗い合った。
楽しいシャワータイムのおかげで、昨夜よりも余裕があった。

部屋に戻るとMは毛布を床に敷き、「この方が広くていいじゃない」と言って、俺に来るようにポンポンと毛布を叩く。

「好きにしていいよ。でも夕べみたいに乱暴にしないでね」

それまで明るく振る舞っていたのがウソみたいに、小さな声で言った。
肩を抱きながら軽くキス。
そこからベロチューに変わった時、Mから首に手を回してきて、俺を引っ張るように倒れ込んだ。
優しく胸を愛撫しながら首筋に舌を這わせる。
Mは、「アッ、そう、いい・・・」と声を上げ始める。
俺は手と口で、これ以上ないくらいに優しく胸を責めまくった。
昨夜だったら、とっくに挿入してただろう。

アソコに手を忍び込ませると、これが本当の濡れるってことなんだと理解した。
何のテクニックもない俺は、割れ筋に沿って中指をスライドさせてただけなんだけど、声が大きくなって腰を捩らせているってことは、感じてくれてるんだろう。
Mは一段と高い声を発すると、「入れていいんだよ」と、夕べのようにチンポを導こうとした。
でも俺はマンコにはあてがわずに、握られたまま体を反転させた。
そう、69だ。
舐めてもらいたいっていうよりも、肝心なその部分は夕べも含めて、まだきちんと見ていない。

脚を開いてもらい、両手で割れ目を左右に広げると、二次元で見たよりもグロテスクで複雑なものが目に飛び込んできた。
正直、気持ち悪かった。
でも淡いピンク色が濡れて輝いていた。
そこからは独特な生臭さが漂っていた。
たぶんこれがフェロモンなんだろう。
Mはとっくにフェラを開始していたが、俺は穴の位置やクリの様子なんかをじっくり観察した。
ペロリと舐めるとピクンとなる。
何度か繰り返した後、口全部を押し付けながら、さっき確認したクリと穴を重点的に舐め回した。

フェラを何度か中断しては「そこ、そこ」「気持ちいい」と言っていたMが、とうとう「もう入れて」とおねだりしてきた。

「ゴムなんて付けないで、そのまま来て」

「でも、出来たら大変だろ?」

「今日はちゃんと最後まで気持ち良くなって欲しいから」

そこ言葉で恋心ドキュン!
明るい中で場所を見ながら、自分で穴にあてがった。
先っぽが穴に隠れたら、後は押し進めるだけ。
ゆっくり穴に消えていくチンポを毛と毛が触れ合うまで見ていた。
Mの中はやっぱり狭くて、亀頭でムニュムニュ押し広げてるって表現がピッタリだった。
それに温かかった。
夕べのようながむしゃらなピストン運動はしないで、スローペースだけど確実な腰振りを心掛けた。
単調だけど愛しさを込めて。
心配だった中折れも今日はしない。
ただオナニストだった俺には、やはり刺激が足りないようだ。
でもそれが幸いしてか、そのぶんMは長く歓喜の声を上げている。
遅漏も捨てたもんじゃないな。
2人の間からはクチャッ、クチャッと俺のペースに合わせて音がしている。
しっかり抱き合った姿勢から腕を伸ばした姿勢に変えると、ピストンのたびに上下に揺れる胸が見えた。
その途端、猛烈な射精感が襲ってきた。

「もうイキそう」

「あぁ・・・、いい・・・よ・・・。中・・・で・・・」

Mは中出しを許してくれた。
それと同時にチンポの竿から全ての感覚がなくなり、代わりに亀頭部分が3倍にも膨れ上がったような気がした。

「あぁぁぁぁぁぁ、イク、イク、イク~」

俺は叫びながら1週間分の精子をドクドク吐き出していた。
いつまでも終わらない俺の脈動の最中、Mも「あぁぁぁぁぁ・・・来てぇ・・・来てぇ・・・」と俺の名前を一緒に叫んでいた。
俺的には、こんなに気持ちのいい射精は生まれて初めてだった。
オナニーの1000倍は気持ち良かった。
全てを出し切ると、また俺達は強く抱き締めあった。

Mの耳元で、「ありがと。死にそうなくらい気持ち良かった」と、息を切らしながら伝えると、Mは俺の背中に回した腕にさらに力を込めて・・・。

「おめでとう。これで童貞卒業だね。本当のセックスができて良かったね」

と、明るく応えてくれた。

「今日の俺君のモノ、夕べより逞しかったよ。おまけに、まだ出来そうじゃん」

Mの言葉通り、俺のチンポはまだ硬いままだった。

また腰を振りながら、「子供ができたら責任は取る。このまま付き合いたい」と、さっき芽生えた恋心を伝えた。

昨夜からの流れでMもそれを望んでいると確信していた。
しかし、Mにはすでに婚約者がいて、今さら破談にはできないことを告げられた。
仮に子供ができても、俺の子供とは限らないと言う。

「だったらなぜ、わざわざクリスマスに・・・」と聞くと、婚約者の仕事の都合で年内は会えないから。

せっかくのクリスマスに1人は寂しいから・・・というのが理由だった。
こうして、この日した恋は、その日のうちに散ってしまった。
悔しさと、Mの婚約者への嫉妬心をぶつけるように俺は腰を振り続けた・・・。

Mとはそれきり会っていない。
女の扱い方を教えてくれたMにはとても感謝している。

タイトルとURLをコピーしました