変態の証として脇毛を生やしているドM熟女

この体験談は約 6 分で読めます。

いつも行くパチンコ屋に、K美という56歳で小宮悦子似の熟女がいる。
上から、84-67-92の熟成に熟成を重ねて完熟した身体に脇毛を生やしている。
全く処理をせずに生やし始めたのは30代の半ばからだそうで、生やした理由は、「ザーメンと小便が好きな変態女の証」だと言っていた。
休みの日に行くと必ず昼過ぎには、身体のラインや下着が分かる服装で来ていて、見るたびにセックスしたいと思っていた。
何回か顔を合わすうちに話すようになった。

去年の夏、たまたま隣合わせで打ったときのこと。
左手を上げてコールボタンを押す際に、白い半袖シャツに汗染みのできた袖口の隙間から脇毛を生やしてるのを見てしまった。
しばらくすると席を立ち、店の外へ出て行ったので、店員に休憩の札をもらい、追いかけて呼び止めた。

「あら、どうしました?」

「うん、さっきね、奥さんの脇毛と脇汗の染みを見たら我慢出来なくてさ。良かったらホテルでセックスしない?」

「えっ?何言うの」

驚いて拒否してる感じだった。

「いつも奥さんって、ブラジャーやパンティのラインや色がくっきり分かる服装してるから、前々からスケベな奥さんを抱きたくてね」

「うふふ、そこまではっきり言うのってあなたくらいよ。私、50歳を過ぎて身体も崩れたおばちゃんよ」

「奥さんだから追いかけて誘ったんです。奥さんのみたいな熟女を抱きたくて。見てくれたら分かるはずですよ」

俺はジーパンの上から勃起したチンポを擦った。

「あら、本気みたいね。じゃあお店に戻って出たのを流して、静かな所で話しましょ。でも話すだけよ、いやらしい変質者さん」

店に戻り、出玉を流して、途中で弁当を買ってラブホに入った。
ソファに座り、一緒に弁当を食べながら話をした。

「今、何を考えてるの?」

「奥さんと同じ。この後でいやらしい話しするんだなって」

「言葉だけ?」

白いパンツの上から太ももを撫でながら、「もちろん身体でも話すよ」と言うと、手を握り締めてきた。

「ねぇ、なんで熟女とセックスがしたいの?」

「気づいたら熟女好きだったんだよね。奥さんは年下は嫌い?」

「嫌いならホテルにいないわ。私と同じ年くらいはテクニックは良くてもね・・・。年下は若いから何回も求めてくれるし、濃い精子をたっぷり出すから大好きよ。今日で何日くらいオナニーしてないの?」

チンポを擦りながら言われて、「10日くらい出してないから溜まってる」と正直に話した。

「結構溜めてたのね。まさかオナニー嫌いじゃないわよね。追いかけてきてまで勃起したチンポ見せるくらいだもの」

「オナニーもセックス好きですよ。最近ちょっと忙しくてね。奥さんも嫌いじゃないんでしょ?脇毛まで生やしてるし」

「もちろん大好きよ。脇毛を生やしてるのは変態だからよ、あなたよりも若い時から。普通は他人に見せることがないのを見せてオナニーしてるの、今もね」

これはK美が中学生のときのことだ。
雨に濡れながら帰る途中に小便がしたくなり、家が目の前に迫った瞬間、近所のオバサンに声を掛けられて漏らして以来、排泄、着替え、汚れた下着、ナプキンの交換などを他人に見せたくなり、20歳を過ぎると露出や野外オナニーをしたり浣腸をして路地裏で排便までするようになったそうだ。
そして30歳になって、脇毛の処理を止めてからは、見られるたびに「変態女」「汚らわしい」などと言われる喜びと異常な興奮を覚え、糞尿を垂れ流してオナニーをする変態女になったそうだ。
少し恥ずかしそうに話すK美の手を持ってジーパンの上からチンポを触らせた。

「奥さん、どうします?話したから帰ります?それとも奥さんの汗臭い脇毛や蒸れて臭いマンコを嗅がれたい?」

するとK美は顔を蒸気させて・・・。

「このまま帰るなんて嫌よ!お願いだから私に卑猥で汚い言葉を浴びせて。私は脇毛を生やしている変態豚です!お願いですから若いチンポを下さい」

もう半泣きで懇願してきた。
盛りのついた牝犬のようにチンポを擦る手を掴み・・・。

「チンポを直接、この手で握り締めて扱きたい?」

「はい、熱く腫れあがった硬いチンポを触りたいです。言い付けを守るから、変態な牝豚に触らせて下さい。もう狂いそう」

K美はもう完全に牝犬の本性を剥き出しにしていた。

「じゃあ淫乱で変態な牝豚の身体検査をしてやる。蒸れて臭いマンコに射精してやるから立ってブラジャーとパンティだけになって」

K美を下着姿にさせてから、汗臭い脇の染みやパンツを嗅いだ。

「パンツが湿ってるな。マンコの部分はヌルヌルして臭いし、ブラウスに脇毛が付いてる。パンストも爪先が臭くて堪らないな。なんでこんなに臭いんだ?!」

尻を平手打ちしながら聞くと・・・。

「ああぁ、はぃ!自分の臭い変態臭を嗅いで、今晩は糞尿垂れ流しのオナニーするつもりでしたから一昨日の夜からシャワーすら浴びていません。小便もオナニーして汚れたマンコも拭いていません」

K美の水色のパンティを見ると、黄色く変色して透けた陰毛がこびり付いていた。

「臭いパンティだな。本当に牝豚らしい匂いを発してるぞ。次は匂いと味の検査だ」

顔から下に向かって匂いを嗅いで首筋まで舐め回し、脇毛を舐めて乳首を舌先で強く弾いた瞬間だった。

「ああ、いい、ああ、出ちゃう!」

K美は立ったまま小便を漏らした。

「ああ・・・ごめんなさい。臭い小便をしてしまいました」

「パンティを穿いたまま垂らす豚とはな。次は尻から足の味見をするから漏らすなよ。もしも漏らしたら罰を与えるからな」

マンコと肛門を残して丹念に舐めていき、足の指1本ずつしゃぶってやった。

「最後は牝豚の臭いマンコと肛門だな。パンティを脱いで口に入れろ」

「はい・・・」

脱いだパンティを口に詰めて四つん這いにさせた。
尻に顔を埋めて匂いを嗅ぎながらマンコを舐めてやると、「う゛う゛ぅ」と喘ぐので、尻の割れ目にチンポを押し付けて擦ってやった。

「感じるか?臭くて汚ないウンコが出る穴にチンポを付けてるんだよ。射精するまでするからな」

イヤイヤと首を横に振りながらも尻に力を入れてチンポを刺激してくる。

「じゃあ今度は浣腸しながらオナニーしてみろ」

「はい。浣腸はいつも持ち歩いてますからバックにあります。15本くらい入ってます。私に浣腸をして下さい」

そう言うとK美はバックから浣腸を5本出した。
その場で俺はK美の肛門に5本とも注入してやった。

「便所でオナニーしていいぞ。家でするようにな!」

やっと歩くK美を便所に行かせてオナニーをさせると、便意に震えながらK美が喘いだ。

「ああう゛う゛ひぁいぃ、ああんいぃ感じる!マンコマンコイクイクイク!マンコイク!ああう゛う゛ウンコが・・・」

便器に跨がってオナニーしながら喘ぎ、イクと同時に小便とウンコを垂れ流して軽く痙攣していた。
便器に座り込み、ぐったりしているK美を抱き起こしてチンポを握らせた。

「ほら、お前の変態オナニーを見たらこうなったぞ」

「あっ、凄い。入れて・・・」

我慢汁の溢れるチンポをアイスのようなペロペロ舐めて、壁に手をつくK美の腰を持ち一気に入れると・・・。

「あっあっう゛う゛ああいぃいぃ~」

狂ったように喘ぎ、泣き叫ぶ姿に犯しているような感覚になった。

「後ろから突かれて気持ちいいだろ!ほら、臭いマンコを締めないと止めるぞ」

「ひぁぁやぁやぁめないで!ああああいぃイクああう゛う゛ああイクイクイク!イク!出して出して!マンコに種付けして!ああ、イク!またイク~」

K美がイクと同時にチンポを引き抜き、しゃがませると口に咥えさせて精子を放出した。

「美味しいか?」

「凄い熱い、濃くて美味しい!あぁ精子が垂れてる。勿体ないです」

綺麗に舐め終わるのを待って、K美の尻を綺麗に拭いてからベッドに座った。

「まだまだスッキリしないな」

「あの・・・チンポを扱きまくる姿が見たいです。見せてくれますか?」

K美の前に立って、また勃起したチンポをブラウスで擦りながら、K美を呼び寄せて脇毛を舐めたり匂いを嗅ぎながら扱いた。

「うっはぁ、脇毛の汗臭い匂いが堪らないな。あっ・・・イク、どこに欲しい」

「口に欲しいです。ドピュドピュ出してください」

望み通りに口に出してやってから脇にチンポを挟ませて綺麗にさせた。

「ちょっと小便してくる」

そう言って立つとK美に腕を掴まれた。

「飲みたい。精子も小便も欲しい。卑猥な言葉を浴びながら小便を飲みたい」

しゃがみ込んだK美に向かって小便をした。

「本当に変態な熟女だな、精子を飲んで小便まで欲しがるなんて!こぼさずに飲んだら、次は牝豚の小便を飲ませろよ」

K美に小便を浴びせ終わり、床に寝そべるとK美が顔に跨がってきた。

「あっ恥ずかしい。しますね、本当に無理しないで下さいね。あっ、で、出ます」

そうは言うものの、なかなか小便をしないので、下からマンコを舐めるとチロチロ出し始めた。
口から溢れながらもすべてを受け止めた後、お互いに顔に飛び散った小便を舐め合った。
顔を舐めている間もチンポを弄ることを止めないK美。

「どうやらまだ欲しいみたいだな!乳首も硬く勃起したままだし・・・」

「久しぶりだから、もう一度したいです。それと不定期で構わないので、時々会って変態で卑猥な豚の身体を抱いて下さい」

「わかった。まだセックスしたいならオナニーして勃起させて。そしたらマンコの奥に精子を出してやる。これからも月イチは会って変態な牝豚に臭いチンポを刺してやる」

会う条件として、必ずオナニーと排泄を見せること、外出した先ではオナニーをして報告することを約束させた。
K美はチンポ欲しさにまたオナニーを始め、パンストを嗅ぎながらマンコに指を2本入れて掻き回しながら乳首を捻り、「う゛う゛ああいい」と叫びに近い喘ぎ声を上げた。
さらにマンコの指を3本にして、グチャグチャと卑猥な音をさせながら、異常なくらいマン汁が溢れ出しながら、最後は痙攣するように椅子から崩れ落ちてイッてしまった。
K美を抱き起こして一気にチンポを入れて激しく突きあげると・・・。

「ああひぁ、ああいいぃぃ、ああっ!う゛う゛あああぁぁぁ~」

K美はイクと同時に失禁した。
俺もK美の中で果てた。
次の日から毎日、オナニーと排泄の報告をさせてる。

タイトルとURLをコピーしました