アメフト部の先輩に女装子奴隷にさせられました

この体験談は約 5 分で読めます。

僕は21歳。
157cm、46kg、72-64-70です。

子供の頃から性格も気弱で内気なせいか、「オカマちゃん」と呼ばれて苛められていました。
高校の通学電車で何度か痴漢に遇うようになりました。
初めは触れるか触れないかという程度でしたが、次第にズボンの中に手を入れられたり、オチンチンを握らされたり。
恥ずかしいのに怖くて拒めず、(こんなところを知ってる誰かに見られたら)と思えば思うほど、いけないことをされてると分かってながらどんどん感じていくようになって・・・。

その頃から自然と男性の目を意識するようになりました。
男性と目が合うと視線に犯されてるような気になり、胸がドキドキしてしまい。
そんな時は決まって男性に痴漢されたり調教や凌辱をされる女性と自分をダブらせてお尻で1人エッチするようになりました。
そして、(なぜ自分は女の子に生まれなかったのか、女の子になりたい)と思うようになりました。
自然と自から女の子っぽさを意識するようになりました。

大学ではアメフトのマネージャーになりました。
入学式の後、校内を歩いてるとアメフト部の人達に声をかけられて、その中の1人の先輩と目が合い、マッチョな体格とギラギラした肉食系の視線にドキドキしてしまいました。
運動は苦手でしたが、先輩の視線が気になりなぜか拒めず、マネージャーならと入部しました。
マネージャーになってから毎日、その先輩の視線を意識するようになり、次第に先輩のことで頭の中は一杯になって・・・。
夏休みに合宿があり、(もしかしたら・・・)と変な期待をしてしまいました。

合宿初日、夜のミーティングを終えて自由時間になり、入浴はマネージャーの僕が一番最後でした。
その時間に行ってみると、例の先輩と浴場で一緒になりました。
練習の着替えなどで上半身はどうにか見慣れてきてましたが、股間を隠すこともなく詰め寄られてオドオドしていると、「タオルなんていらないだろ?」と剥ぎ取られ、舐め回すように見られました。
先輩に「背中を流してやる」と洗い場に連れて行かれ、椅子に座らされると、ボディーソープで素手で身体を撫で回わされました。

「手と身体で洗うのが一番気持ちいいんだよ。ちょっと立って足を広げてみろ」

僕を立たせると、先輩は股下に泡立った腕を差し込んで動かしました。
先輩は泡だらけの腰をいやらしく押し付けると、片手で逃げれないように僕を抱き締め、もう片方の手をお尻の割れ目に入れて指を沿わせました。
だんだんと怖くなって腕を突っぱねましたが、先輩は僕を抱きかかえて股下にオチンンを挟ませました。

「◯◯って女みたいだよな。部でも噂になってるよ、『あいつは男を欲しがってる』って。しかし裸になると本当にエロいな。童顔で女顔だし、お尻なんてぷにぷにしててめっちゃ柔らかいじゃん。脇毛も剃ってるんだろ。男のくせに物欲しそうに目をウルウルさせて誘ってるんだろ?」

乳首やオチンチンやお尻を泡だらけの手で滑らすように弄られました。

「うっんっ、いゃあっ」

つい女の子のように声が漏れてしまいました。
感じてる顔を先輩に見られて恥ずかしくて俯いてると、顎を掴まれて口を塞がれるようにキスされました。
クチュクチュと舌と舌を絡められて口内を犯されると身体から力が抜けてしまい、僕は立ってられなくなって先輩にもたれかかってしまいました。
先輩に乳首を弄られながら唾を流されては吸われ、ゆっくり舌を抜かれると先輩と僕の唾液が糸を引きました。

「キスで感じるんだ?自分から舌も絡めてさ。男のくせに女みたいにメチャクチャにされて喜ぶ淫乱なんだな。隣、女風呂だけど、女子マネに可愛い声を聞いてもらおうか?それともここでもっと気持ちいいことしちゃおうか?」

オチンチンを強く握られて先輩にギラギラした目で見られると、僕の中で何かが弾けてしまいました。
口を半開きにしてとろ~んと甘えたような目で先輩を見ていました。
先輩はまたキスしてきて僕の口内をジュルジュルと舐め回しながら・・・。

「本当に抵抗しないんだ?嫌がったら無理やりでも犯そうかと思ったけど、自分から足を広げて、ここにオチンチンを入れて欲しいんだ」

先輩は僕のお尻に指を這わせて言いました。

「ほら、しゃぶりな」

先輩は自分でオチンチンを扱きながら僕の顔に寄せました。
僕がおずおずと舌を出すと、強引に口に押し込まれました。

「美味しいだろ?男のくせにチンポをしゃぶりながらいやらしい顔して。ほら、しゃぶりながら自分のチンポを扱いてみせろよ」

そんなやりとりの中、他の客が入ってくる音がしました。

「残念だったな。後で部屋に来いよ。マッサージしてくれ」

そう言って先輩は浴場を出ていきました。
僕はすぐに身体を流して、客の目から逃げるように湯船に浸かりました。
先輩にいやらしく弄られた身体を知らない人に見られると思うと恥ずかしくて、僕はなかなかお風呂から出られませんでした。
人が引き、ようやくお風呂から上がると、ジャージと下着がなくなっていて、あるのは浴衣だけで帯もありませんでした。
更衣室で途方に暮れていると誰かが入ってくる音がして、気が動転し、びしょ濡れの身体に浴衣一枚で浴場を出ました。
濡れた身体に浴衣がピタッと張り付いて肌を透けさせてしまい、周りに見られてると思うとそれだけで感じてしまいました。

ようやく部屋の前に着くと先輩が待っていました。

「遅かったな。しかしめっちゃエロいな、スケスケだし、ケツなんか丸見えじゃん。下はどうなってんの?」

お尻を触られながら浴衣の裾を捲られて・・・。

「嬉しいんだろ?見られながら感じてるんだよな!」

ホテルの廊下でオチンチンを弄られると我慢の限界になり、僕はその場に震えながらへたりこんでしまいました。
先輩は僕の頭を掴んで強引に股間を押し付け、「どうする?本当は外で見られながら犯られたいんだろ?ここでまた俺のをしゃぶるか?」となじられました。

それから先輩は僕を部屋に連れ込み、布団の上に押し倒すと、ナメクジが這うように顔から首筋、胸、乳首と舐められてました。
そして事前に準備していたのかローションを股間に垂らし・・・。

「お前にはチンポの毛なんていらないだろ。パイパンのほうが似合いだよ」

そう言ってカミソリでアソコの毛を剃りだしました。
ジョリジョリと剃る音が脳に響き、抵抗するどこらか剃りやすいように腰を浮かしてしまいました。
先輩はもう十分だと思ったのか、僕の足を広げてお尻を持ち上げると挿入してきました。
ゆっくりゆっくり出し入れされました。
先輩の大きく張ったカリでお尻の中を擦られると、痛みとは別の刺激が襲ってきて、とうとう奥まで入れられてしまいました。

「チンポの味はどう?お前のケツマンコ、すっごくいいよ。本当に女の子を犯してるみたいだ。気持ちいいか?言ってみなよ、いいんだろ?ほら、犯されながらチンポが勃ちっぱなしじゃん」

僕が快感と羞恥に狂いながらハァハァと何も言えずに喘いでいると、先輩は動きを止めて僕のアソコの根元をイケないように紐で縛ると、ローションを垂らして扱きました。

「ケツマンコとチンポ、どっちがいい?イキたくなったらおねだりしなよ。ほら、いんだろ?」

先輩は僕にオチンチンを入れたまま抱き寄せて、耳元で囁きます。

「イキたいんだろ?こんな風にメチャクチャにされてイヤイヤ言いながら恥ずかしくイカされたいんだろ?でも、きちんとおねだり出来るまではイカせてあげないよ。これからずっとお前をAV女優みたいな淫乱に調教してやるよ。毎日いやらしい下着で女装して、『チンポでイカせて下さい』っておねだりして、俺のチンポなしでは生きていけないようにな」

先輩は激しく突き上げると、僕の中に白濁液を出しました。

「ほんとお前は可愛いな。乳首もビンビンじゃん」

僕は泣きながら「イカせて下さい・・・」とお願いしました。

「お前は今日から俺のペットだ。何でも言うこと聞くよね。これから毎日、本当の女の子みたいに調教してあげる。いやらしいパイパンちんぽにされて嬉しいだろ?ほらっ、いっぱいイキな」

先輩は紐を解くと僕のアソコを扱きました。
僕はあっという間に白濁液を溢れさせました。
白濁液は先輩の身体にも飛び散ってしまい、先輩は仰向けに寝そべると・・・。

「ほら、最初のご奉仕だ。自分のいやらしいミルクを綺麗に舐めとれ」

そう言って僕に身体を舐めさせました。
その後も何度もイカされ、合宿中は練習後、いつも部屋に呼び出されて抱かれました。
こうして僕は完全な女装子となりました。

タイトルとURLをコピーしました