暗室での初体験

この体験談は約 3 分で読めます。

高校1年の10月頃、部活での話です。

写真部だった私は、撮ったり、現像したり、プリントしたりと普通に活動してました。
うちの学校から県大会に出た男子がいて、仲が良かった私は、暗室作業を手伝っていました。
以前から好きだった男子だったので、「K子手伝って」と言われた時は嬉しかったー。

大きなパネルに写真を引き伸ばさなきゃいけないので、ひとりじゃできない作業。
暗室の広さは押入くらいかな。
赤い電球がついてて、目が慣れると結構明るい。
そんななか作業してました。

「K子はピント見てよ」

そう頼まれ、ルーペを使ってピントを合わせる作業をしてました。

立った状態で机を覗きこむような姿勢です。
そしたら突然後ろから抱きつかれました。
私は何が起きたのかわからず、思わず声をあげてしまいました。

そしたら口を塞がれて、「声を出したらだめ。外に聞こえる」と耳元で囁かれました。

換気扇があるので、大きな声を出せば部室に音が漏れてしまいます。

どうしていいかわからず身体を固くしてると、彼の手が胸に。
後ろから揉まれました。
それまでHな経験がなかった私は抵抗しました。
でも、彼はやめてくれませんでした。
彼のことは好きだったのですが、急に抱きつかれて触られたので、びっくりしたし嫌でした。

「やめて」と言って抵抗したら、私の首筋にキスしてきました。

このキスは全身に鳥肌が立ったような感じがして、力が入らなくなってしまいました。
ゾワゾワーっときて頭が真っ白になりました。

ブラウスのボタンを外され、一気にブラまで外されてモミモミ。
直に胸に触られるとまた全身に鳥肌が立って・・・。
この辺からかなり記憶が曖昧です。
二人とも立ったまま、彼の息も荒く、彼の手がゴツゴツしてたのが印象的でした。

彼が前に回って、キスされました。
すぐ舌が入ってきましたが、この時はなぜか自然(?)に受け入れてしまいました。
すごいファーストキスになっちゃったなーとかぼんやり思った覚えがあります。

スカートは穿いたまま下着は脱がされて、指マンされました。
自分ではクリを少し触る程度しかした事がなかったので、凄く恥ずかしかった。

クチャクチャ音がして「やらしい音がしてる」と言われました。

後ろから胸とアソコを触られて、って今思い出してかなり赤面ものです。
自然と喘いでしまいました。
それがますます自分で恥ずかしかった。
立ってるのがやっとでかなりフラフラきてる時に彼が行くよと言ってバックから入れてきました。
処女だったんですが、スムーズに入りました。
彼のはとても熱くて、私の中に入ってくるのがよくわかりました。

ちょっと痛かったりもしたけど、我慢しました。

「初めて?」

そう聞かれたので黙って頷くと、「ゆっくり動くよ」と言って、ゆっくり出したり入れたりしてくれました。

どのくらいそうしていたのかはわからないのですが、かなり長かった気がします。
だんだん彼が速く動いてきて、クチャクチャと音がします。
音と痛みと身体の感触と彼の息遣いとか全部まぜこぜになってなんか頭も身体もぐちゃぐちゃな感じがしました。

そしたら彼がウッとうめいて強く抱きついてきました。
オチンチンがビクビクなってるのがわかりました。

そのまましばらくすると、彼が私から抜いて、「ゴメン中に出しちゃった」と言いました。

私はなんて答えていいかわからず、身体に力も入らなかったので床に座りこんでいました。

息が収まってから、制服をちゃんと着て暗室を出ました。
部室には3~4人、人がいて、誰とも目を合わせられなかった。
宿題をするとかなんとか言って、速攻帰った気がします。

その後、その彼とはそれっきり。
キスしたり触ったりはあるのですが、最後まで行ったのはこれが最初で最後でした。

これでひと通り終わり。

体験を書くのは初めてで上手く書けなかったけど、読んでくれた人はありがとう。