中年おやじに調教された彼女

この体験談は約 2 分で読めます。

大学の同級生だった彼女が、卒業して半年くらいで、下着がやたら大人っぽいものになった。

・・・と思ったら、いつのまにしっかり中年おやじと付き合っていて、SMまで仕込まれていた。
結局なんだかんだで完全にばれて(というよりその男の命令で俺が徐々に気づくようにしくんだらしい。彼女の部屋でバイブとかお俺に見つかるようにして)、最後に決定的に別れるときに泣きながら全部話してくれた。
俺のことは好きだけど、心までMに調教されてその男とどうしても離れられないと。

いままでのようにSEXすれば少しでも引き止められると思って、スカートの下に手をいれて押し倒そうとしたら、がっちりしたものが手に触れるので、見たらSM専門店で売っているような革のボンデージ用オールインワンであそこもすっかりガードしてあった。
そんな女になったのかと、それですっかりガンと衝撃を受けて、敗北感で萎えてしまい、そのまま離してそれっきり別れてしまった。
思い出してめちゃめちゃに興奮するようになったのはしばらくしてから。

そのあとストーカーすれすれのことまでしばらくしたけど、結局、男がむしろ、俺に今の彼女を見せびらかす作戦にでて、ますますこちらの屈辱感がますばかりで、結局完全にあきらめたけど、思い出すたびに異様な興奮が襲ってくる。