巨乳な先輩とロリな同僚と酔った勢いで3Pに

この体験談は約 7 分で読めます。

この間、僕と会社の女の子(ちかちゃんと真由美先輩とします)と飲みに行きました。

ちかちゃんは会社のアイドル的存在で、小倉優子をちょっとグラマーにした感じです。
真由美先輩は2こ上の先輩で、滝川クリステルの気が強くなった感じ。
体型はちかちゃんがふっくらした幼児体型、真由美先輩がスリムなEカップのモデル体型で社内の男の視線の的って感じです。

飲み始めて2時間。
みんなちょうどいい感じに酔ってきて、少しエッチな話題になってきていました。
僕はタイミングを見計らって、「女の子だって本当はみんなオナニーしてるんでしょ?」と聞いてみると、2人は「えぇ~、私はしたことないよ~」と言って話題を逸らしました。
僕は絶対してるはずだと思っていたので、軽く誘導尋問みたいに話を戻そうとしてみました。
すると2人も相当酔っていたみたいで・・・。

「宮田さん(僕)こそ、どのぐらいしてるの?」
「初めてしたのはいつ?」
「何をネタにしてるの?」

なんて聞いてきたので、逆に僕がピンチに。
そのうち、とうとう真由美先輩が・・・。

「ねえねえ、見せてよ。してるところ」

なんて言ってきたので、「何言ってるんすか!無理に決まってるでしょ!」と返すと・・・。

「あーっ、わかった、宮田君って皮被ってんでしょう?会社の子みんなにバラしちゃおっかなぁ。ね、ちか!」

それにはちょっとカチンと来たのと、そんな噂を会社に流されても困るんで、ちょっと強めに、「被ってないよ!ったく、なんなんすか!勘弁してくださいよ!」と言うと、ちかちゃんが・・・。

「じゃあ見せてくださいよ。皮被ってなきゃ恥ずかしくないんじゃないですか?」

真由美先輩はさっさと会計を済ませると、僕とちかちゃんを自分のマンションにタクシーで拉致するように連れて行きました。
部屋にお邪魔してしばらくはまた3人で飲んでいましたが、突然真由美先輩が思い出したように・・・。

「そろそろ見せてよ。してるところ」

なんて言ってきました。
さっきと違って、ここには3人しかいないのと、初めて来る家なので緊張してドキドキしてきました。
それと同時に激しく興奮してる自分にも気づいていました。

「そんなこと言われても・・・、ネタもないですし・・・」

困った顔をして見せると、「レディースコミックならあるよ」と真由美先輩。
差し出されたその本をパラパラと捲ってみたものの、少女マンガチックな絵柄じゃ今ひとつでした。
そもそも会社の同僚2人に囲まれたこの状況でビンビンにできるほど僕は豪胆でもありません。
しばらく考えた後、なんか急にどうして自分がこんな目に遭わなければならないのかわからなくなって・・・。

「こんなんじゃ無理っすよ。だいたいなんで僕が見せなきゃならないんすか?皮なんて被ってないっすよ、本当に。オナニーは無理っすっから、見せれば証明できますよね?」

さっさと剥けちんを見せて、帰ってから抜こうと思いました。

「じゃあ見せて」

僕も覚悟を決めました。

「わかりましたよ。見せればいいんすね」

ベルトを外し、ズボンとトランクスを下ろすと、2人の顔つきが変わるのがわかりました。
数秒ぐらいでしょうか。

「もういいすか?」

僕がパンツを上げようとすると真由美先輩が、「ダメ!手で剥いたかもしれないじゃん!」と言って、いきなり僕のちんちんに手を伸ばしてきました。
先輩のひんやりした手が気持ちよくて、ちょっと興奮しちゃいました。
酔いのせいもあって、上着を脱いでブラウスだけの真由美先輩の胸元や、ちかちゃんのきれいなふくらはぎが異常に美味しそうに感じました。
が、真由美先輩は毎日会社で顔を合わせる存在なので、下手なことは出来ません。

「ダメですって!ちかちゃん助けてよ!」

今まで僕たちのやりとりを黙って見ていたちかちゃんが、とろんとした目つきで僕の膝にかかっていたパンツとズボンを下ろしてきました。
もうダメでした。
僕のちんぽは完全に大きくなってしまって、天井に向かって張り裂けんばかりに立っています。

「さあ、大きくなったわよ。早くしてるとこ見せて!」

真由美先輩は本当に目と鼻の先ぐらいの距離で、目を輝かせながら僕のちんぽを見つめています。
その反対側ではちかちゃんも上気した顔で、「すごい・・・」なんてうわ言のように言いながらちんぽに見惚れていました。
真由美先輩がブラウスとブラをとって、これをネタにしろと言わんばかりです。
やっぱり胸が大きくて、すごく形がきれいでした。
それだけでも十分抜けそうでしたが、ここぞとばかりに僕は調子に乗って、「おっぱいだけじゃ出せないよ。下も見せてくれたら絶対にイケるけど」と言うと、先輩はしょうがないな~って顔をしながらも脱いでくれました。
そしてちかちゃんにも、「ちかも早く脱ぎなさい!」と言って、社内でも評判の美人の真由美先輩だけじゃなくて、隠れファンの多いちかちゃんの裸まで見れることに。
なんてラッキーなんだと思いました。

僕はもう何も考えずにしごいていました。
真由美先輩は少し大きめのビラビラを開いたり、自分でクリを剥いて見せてくれたりしました。
気づくと、ちかちゃんも顔を真っ赤にしながら自分のあそこをぐちゅぐちゅ音を立てて触っています。
先輩のあそこはすごく鮮やかな真っ赤で、ちかちゃんは綺麗なピンク色でした。

真由美先輩は奥の部屋からローターを持ってくると、エッチな顔をして僕を見つめながらぺろりと舐めて自分のあそこに宛てがいました。
いやらしい機械音が響いて、僕は自分の目の前で美人な先輩と可愛い同僚がオナニーをしているという状況に興奮して、すぐに昇りつめていきました。

「あぁ、もうダメだっ、イク!」

しごくスピードを速くすると、真由美先輩もちかちゃんも潤んだ瞳でオナニーの手を速めながら僕のちんぽを凝視しています。
2人を交互に見ながら思いっきり放出すると、真由美先輩の腕や太ももに精液がかかりました。
先輩はそれを舐めると、「いっぱい出たね。溜まってたの?」と笑いました。

あまりの興奮にかなり激しくしごいてしまい、ぐったりと疲れていると、股間にぬるりと温かい感触がありました。
見ると先輩が僕のちんぽをしゃぶっています。
切れ長の目で見上げられると、すぐにまた勃ってきてしまいました。
先輩は左手で自分のあそこを弄りながら、右手で僕のちんぽを支え、喉の奥まで飲み込んでングングと嬉しそうにちんぽを舐めてくれました。

僕たちは3人は先輩の寝室に移動すると、すらりとした脚を開いた先輩にまずは生でちんぽを挿入しました。
先輩のマンコはもうぐちょぐちょで、さっきまでフェラをされていたのもあって、するりと入っていきました。
真由美先輩は入れるときには目をぎゅっと瞑っていましたが、奥まで入れて動き始めるとすぐに、「あっ!あっ!すごくおっきぃ・・・」と喘ぎ始めました。
僕は先輩の膝の後ろから腕をまわして脚を持ち上げ、結合部がよく見えるようにして腰を振りました。

「あぁん・・・あっ、ゃだ、恥ずかし・・・っ・・・んっ!あっ」

先輩は普段は厳しいのに、どうやら少しMっ気があるようで、恥ずかしいポーズで出し入れをしたらすごい勢いで溢れてきました。

「先輩、めちゃくちゃヌルヌルになってますよ。こんなにエッチだったらいつもオナニーしてるでしょ?」

突きながら耳元でそう囁くと、「やだぁ・・・そんなこと言わないでぇ~・・・んっ・・・ぁ」と耳まで真っ赤にしながら恥ずかしがり、少し突いたら軽く潮を吹いてイッてしまいました。
僕もそんな先輩を見てたら興奮してイキそうになってきました。

「先輩、僕も出そうです。どこに出したらいいですか?」

「んっ・・・、ぁんんっ・・・かで・・・中で・・・ぃぃよ・・・あっ、あ」

そう言われて思わず出そうになったんですが、さすがに怖い感じがしたので、抜いてお腹の上に出しました。
後で聞いたら真由美先輩は興奮すると見境なくなっちゃうだけで、安全日でもなんでもなかったそうです。
ふー、危なかった・・・。

少し休憩してリビングに戻ると、ちかちゃんがトロトロのマンコを開いたまま肩で息をしていました。
どうやら僕と真由美先輩のセックスを覗きながらオナニーに耽っていたようです。
胸は小さいのですが乳首がぴんと立っていて、ピンク色に染まった肌がすごく可愛いと思いました。
僕はちかちゃんに近づくと、そっと頬に手をやってキスをしました。
ちかちゃんも僕に気付いて舌を絡めてきたので、ねっとりと濃厚なキスになり、しばらくそのまま楽しみました。
ふっくらとしたちかちゃんの唇からは甘い唾液が溢れてきて、僕もちかちゃんもいやらしく唾液を交換しながら貪るように飲み合いました。

僕はちかちゃんをリビングのソファに後ろ向きに跪かせると、ちかちゃんのピンクのマンコを舐め回しました。
小さく可愛いお尻の穴にも舌を這わせると、びくっとなるちかちゃんが可愛かったです。
マンコがふやけるほど濡れているのを確認してから、ちかちゃんを後ろ向きにさせたまま後ろから入れました。
ゴムを付ける時間も惜しかったので生です。

ちかちゃんは先輩のように包み込む感じはしなかったんですが、すごくきつくて3回目なのにすぐイキそうになりました。
後ろから覆いかぶさるように胸を弄り、背中を舐めながら突くと最初は声を殺していたちかちゃんもだんだん感じてきたみたいです。

「・・・ぁ・・・ぁっ・・・気持ちいい・・・」

「ちかちゃんも先輩みたいにエッチな声を出してもいいんだよ」

「・・・知らないよぅ・・・んっ」

「嘘つきだなぁ。僕と先輩のエッチ見てたでしょ?」

「あっぁっ・・・見て・・・なぃょ・・・ん・・・」

「あーあ。僕と先輩のセックスを見てオナニーしてたって認めちゃえばいいのに」

「やだっ・・・やだ・・・あっ・・・あああっ・・・」

もう僕の言葉責めにも答えられないようになってきたみたいです。
ちかちゃんは小刻みにイクタイプみたいで、時折びくびくっとなってはぐったりして、また感じはじめてはビクビクして、それを何度も繰り返して前後不覚になっていました。
僕も思う存分ちかちゃんをいじめたのでそろそろ出したくなって、最後のスパートをかけました。

「あっ!あっ!あっ!あぁっ!んっんんっ!!」

ちかちゃんの声も一際高まります。

「ちかちゃんっ、イクよ!どこに出して欲しい!?」

「あっ!・・・中はダメ・・・!」

「じゃあ飲んでくれる?」

「ぅん・・・いいよ・・・」

「イクよ!イクっ!!」

僕はちんぽをちかちゃんのマンコから引き抜くと、激しくしごきながらちかちゃんの口元に近づけました。
ちかちゃんは振り向くと僕のちんぽを口に含み、精液を飲み干しました。
さすがに3回目なのでほとんど出ませんでしたが、同僚に精液を飲ませていると思うとすごく興奮して、ちんぽがビクンビクン震えました。

その日はそのまま先輩の家で泊まり、翌朝、家に帰る前にまた先輩とエッチして帰りました。
そのまま出社するわけにいかなかったので一旦帰ったのですが、その日はもう腰がガクガクでした。
ちかちゃんはリビングで寝て、そのまま先輩と出社したみたいです。

以来、真由美先輩とはすっかり仲良くなりました。
ちかちゃんとはそれからはエッチはしていませんが、また今度3人で飲みに行こうと話しているので、もしかしたら・・・なんて思っています。

タイトルとURLをコピーしました