赤ん坊をあやしながらイキまくるエロ妻とアナルセックス

この体験談は約 5 分で読めます。

今お付き合いしている彼女とのことを書きます。

彼女は俺のひとつ上で、俺も彼女も既婚です。
彼女の子供が小さいこともあり、なかなか会うことができません。
そこで、旦那が居ない間に、俺が彼女の家に行くことにしました。
もちろん子供がいるので、ただ顔を見るだけと思いながら。

その日は朝から出張で、仕事が2時ぐらいで終わったので、昼間の彼女の家にお邪魔しました。
小さい子供がいる、ごく普通の家です。
元来俺は子供好きのため、最初は警戒していた子供も、すぐに懐いてくれました。
そんな姿を彼女が見て、なんとヤキモチを妬いているんです(笑)
可愛いですよね。
彼女は俺の耳元で、「私にもかまってよ」だって。

いったん子供を彼女に預け、俺はソファーに座って、彼女の背中に回りました。
背中越しにかくれんぼするみたいに、「ばー!」とか「いないいない~」とかしていると、とっても喜んでくれました。
でも、俺の手は彼女の背中からお尻。
そして服の下の胸を触っています。
子供をあやしながら、手は全く違う動きをしています。
背中をつーっと撫でると、彼女は吐息を漏らし始めました。

「ばー」って言いながら、首筋にもキスしたり。

ブラを外して、生のおっぱいを後ろから揉んだり、乳首を摘んだり。
これだけでもう、彼女に火がついてしまいました。
俺の耳元で、「もっと。めちゃくちゃにして」とのこと。
普段はスウェットを穿いているのに、今日に限ってスカートを身に着けている。
そう、彼女は最初からその気だったのです。

スカートをちょっとたくし上げ、子供には服が乱れているのが見えないように、お尻の方からおまんこを擦ってあげました。
クリをちょっと触っただけで、彼女はすぐにイッてしまいました。
そう、実の娘の目の前で。

その後はエスカレートするばかりです。
パンティの脇から指を侵入させ、直接クリを触ったり。
指を入れたり。
部屋中にぐちゅぐちゅと、いやらしい音が響きました。
俺は相変わらず子供をあやしています。
そして彼女には、これでもかという攻め。
そして彼女は手を後ろに回して俺のペニスを。
ジーンズのファスナーを下ろして、直接触ってきます。
耳元で彼女が、「欲しい。これが欲しい」とのこと。

そこで俺は思いつきました。
子供を抱っこして俺が立ち、彼女の目の前にペニスを突き出します。
きゃっきゃと喜んでいる娘の目の前でフェラをする彼女。
もう彼女は母親ではありませんでした。
そう、一人のオンナでした。

彼女は一生懸命にフェラをしています。
音を出しながら口の奥まで咥え込み、手も使いながら、なんとか俺をイカせようとしています。
でも俺は、そう簡単にイクほど甘くはありません。
一度口からペニスを離し、お預け状態にすると、彼女は俺のペニスをまじまじと眺めながら・・・。

「すごく大きい。すぐに欲しい。でもこんな大きいの、入らないかも」

なんて言っています。
俺もそろそろ入れたくなったので、彼女にキッチンへ行くように言いました。
子供をテーブルに座らせ、子供からは見えないところで入れることにしました。
もちろん子供にはおやつを与えて。
キッチンに手をつかせ、バックから入れてあげました。
でも彼女のおまんこはすっごく狭く、いきり立ってしまった俺のペニスは簡単に入りません。
でもゆっくり入れていくと、本当にめりめりという音を出しながら徐々に入っていきました。

「はぁ。裂けちゃう。大きい。こんなの。すごい」

そう言いながらも彼女は俺の方にお尻を押し付けて、さらに奥まで入るようにしてきました。
やっと全部収まり、ゆっくり動かし始めると、すぐに彼女はイッてしまいました。
イッてしまった彼女はその場に崩れました。
崩れた彼女の目の前には俺のペニス。

「さっきより大きくなってる。癖になりそう。もう離れられない」

そう言うなり、今まで自分のおまんこに収まっていたペニスをぱくっと咥えてきました。

「美味しい。このおちんちん、誰にも渡さない」

そう言うと彼女は俺の手を引きリビングに戻りました。
子供をテーブルから下ろし、彼女があやすかのように抱っこをして、俺の上にそのまま跨がってきました。
もちろんゴムなんて着けていません。

「はぁ。すごい。こんなの初めて」と言うと、奥まで一気に挿入し、自分から腰を振ってきました。

子供を抱っこしながらの騎乗位です。
母親はあんあん言いながら、子供はきゃっきゃと喜んでいます。
俺も負けじと下から突き上げます。
またしても彼女はあっと言う間にイッてしまうと、俺に体を預けてきました。

「だめ。エッチに集中したい。寝かせてくるね」だって。

寝室に子供を連れていきました。
そう、お昼寝です。

数分後、彼女が戻ってくると狂ったように求めてきました。
いきなりフェラから始まり、そのまま騎乗位。
戻ってきて、たった2分でイッてしまいました。
本当に感じやすい彼女です。

そのまま後ろを向くように命令し、背面騎乗位の状態にすると、また彼女は腰を動かし始めました。
冗談半分でアナルに指を宛てがうと、すんなり中指が入っていきました。

「だめそこはだめ。汚いから」

俺はお構いなしに、指を出したり入れたり。

「アナル気持ちいいのか?」
「うん。なんか変な感じ。でも感じちゃう」

「じゃぁこのままイッてごらん」
「うん。もうイッちゃいそうなの」

そう言うと、彼女はまたイッてしまいました。
さすがにぐったりしてきた彼女に、指をもう1本追加。
これもすんなり入りました。

「あ。だめ。また感じちゃう」

痛いのではなく、感じてしまう。
ということは、もしかしてアナルもOKかな?と思い、そのまま2本の指でアナルを広げていきました。

「ほら今2本入ってるよ」
「うん」

「してみようか?」
「え、興味あるけど。入るかなぁ」

「ほらこんなに広がってるんだもん大丈夫だよ」
「ゆうきに任せる。私の体はゆうきのものだから」

嬉しいことを言ってくれたので、そのままアナルセックスに持ち込みました。
正常位にして足を広げ、アナルの入り口にペニスを宛てがいます。

「入れるよ」

「うん」

なかなか入らなかったけど、アナルの周りにペニスを押し付けていると、亀頭部分が不意に入りました。
「痛い」って最初は言ったけど、力を抜くように言いながら徐々に入れていきました。

「なんか入ってくる」
「痛い?」

「ううん。もう痛くない」
「大丈夫?」

「うん。なんかすごい。変な感じ」

奥まで入ると、そのままじっと動かないようにして徐々に動かし始めました。
初めてのはずなのに、彼女はもう感じ始めています。

「ああいい」
「気持ちいいのかい?」

「うん気持ちいい。なんかすごいの」
「俺もすっごくいいよ」

そう言うと徐々にピストンを速くして激しく責めはじめました。
彼女はさっきよりも激しく悶えはじめ、イキそうとのこと。
そこでクリを擦り、一気にイカせることにしました。

「そこはだめ。そんなすごいの。イッちゃうぅぅ」

今日一番のイキ方をしました。
ぐったりしているところに、今度はおまんこに指。

「ああそこ。そんな2箇所も・・・」

また感じ始めてきました。
おまんこに指、アナルにペニス。
その状態でガンガンに攻めると、アナルの締め付けがさらにキツくなってきました。
俺の方もイキそうになってきたので・・・。

「イクよ俺もイクよ」

「うん。来て。中にたくさん来て」

そう言うと彼女も俺のタイミングにあわせて絶頂を迎えました。

ドクドク・・・。

「はぁ。すごい」
「温かい。ゆうき。すっごい出てる」

「はぁ。まだ出てるよ」
「うん。いっぱい欲しい」

「じゃぁ次は、子供の目の前で中に出してあげるね」
「え、それはできない。でも・・・すごそう」

「じゃぁお昼寝から覚めたらね」
「もう。エッチなんだから」

「だって欲しいんだろ?」
「うん。欲しい」

「おまんこにたくさん出してあげるからね」
「え。そっちに?いいの?もらっていいの?」

「もちろんだよ。たくさん出してあげるよ」
「うん、嬉しい!」

「子供の最初の相手も俺がしようかな?」
「もうエッチなんだから。でも、ゆうきならいいかも」

「え?」

これをきっかけに、会えば毎回、中出しとアナルセックスをしています。
娘の成長を待ちながら。