SMクラブで女王様のバイトをしているJDです

この体験談は約 5 分で読めます。

私立大学3年生のゆかです。
私はSMクラブで女王様のバイトをしていました。
そういう趣味嗜好はなく、あくまでも演じていただけですが・・・。
週2日、午後2時から午後11時までの時間帯が基本で、学業に支障が出たり用事がある場合は申し出れば、遅刻早退、出勤日変更など可能でしたし、女王様ですので客から攻められることがなくて楽でした。

私は身長が164cmあり、痩せ型で、黒髪のストレートロングでした。
貧乳ってほどじゃないけど、Cカップしかないのがコンプレックスでした。
周りがEとかFの巨乳ばかりだったので、(もう少しあればいいのに・・・)と思っていました。

私の得意とするのは焦らしプレイです。

「女王様、お願いします」と懇願する客を焦らして言うことを聞かせ、出来たらご褒美を与えるというパターンです。

客の希望は様々で、「脚を舐めたい」とか「オシッコを掛けて欲しい」とか「チンチンを踏んで欲しい」とか、(マジで?)って思うようなこともあります。
だいたい2時間コースですが、待たせて焦らすのもテクニックですので、正味1時間半が実働時間でした。

縛りは必ずやりました。
最低でも手首は縛らせて頂きます。
長くやってると反撃されることもあるらしくて、私はそんな事は無かったのですが怖かったんです。
私は当時処女だったし、万一反撃されて処女喪失とかになったら泣くに泣けません。

場所は原則、店内か提携しているホテルの一室で。
希望があればこちらが複数で出張します。
単独だとやっぱり怖いので・・・、女王様って怖がりなんです(笑)

プレイは、まず客を裸にさせて自分で手錠をさせます。
後ろ手で手錠をしてもらいますが、手錠を確認してから跪かせて希望を言わせます。
この時、聞こえていても聞こえないフリをして、大きな声で何度でも言わせます。
大の男が震えながら、「オシッコを飲ませて下さい」って叫ぶんですから、笑いを堪えるのが大変でした。
でも、(・・・あ、笑ってもいいんだ)って気がついてからはもっと楽になりました。

笑いながら、「アンタ、奥さんとかいるんじゃないの?子供が聞いたらどうすんの?」と攻めるんです。

たまに、「私にお願いすることを奥さんに頼んだら?」とか「奥さんを抱いたでしょ?そんな汚い身体で私に頼めると思うの?」とか罵ると、言い訳みたいな言葉を連発します。

「いつやったの?」
「昨日です」

「奥さんでイッたのか?」
「はい」

「奥さんをイカせたのか?」
「はい」

「じゃあ来るなよ。奥さんと仲良くヤッてろよ」
「・・・」

「どうなんだよ?」
「ごめんなさ~いっ」

「床にチンチン擦り付けてイッて見せろよ。出せたら許してやるよ」
「はいっ!」

大の男が床にチンチンを擦り付けます。
出すまで私は言葉責めに専念して体力温存、つまり休憩です(笑)

もし本当に床に射精したら、「汚ないな、舐めて綺麗にしとけ」と言えば自分のザーメンを舐めますし、射精できなかったら手コキします。

で、射精寸前で止めます、俗に言う寸止めですね。
寸止めを繰り返すと最後のほうは涙を流して泣いてます。
私は顔バレしないようにマスクを付けていますので、身近な人が客で来ても私だとわからないので、大学の先輩で剣道やってる人が来た時は、大サービスして口から泡を吹くまで激寸止めしました。
普段は怖い先輩が泣きながら口角に泡を溜めるので、思わず私も熱が入ってしまいました。
その先輩が、どうしても私にイカせて欲しいと言うので、手コキしながらアナルに指を入れて揺らしたら、大量の精子が飛び出て私の手に貼り付きました。

「私の手に出していいと思ったのか?」

キレ気味に言って舐めさせました。

「美味しいか?美味しいだろ自分のザーメンは」

「はい、美味しいです」

この先輩は私を気に入ってくれたようで、その後も何度か指名してくれました。

そして出張依頼。
私は先輩が指定したホテルに1つ年下の子と行きました。
ホテルに向かう途中で聞くと、その子はバイト始めて日が浅く、「何もわからないので今日は勉強させていただきます」って言ってきました。
同じような焦らしで甚振っていると、次第にイタズラ心が出てきて、先輩を立たせて手コキしながらアナルに指を入れてたら射精の前兆を感じたので、顔を近づけて手コキフルパワー。
先輩は私の顔に出してしまいました。

「何してんの、すぐに舐め取れ!」

私の顔を舐めさせました。
しばらく舐めさせていたら、たぶん故意だと思うんだけど、手を引っ掛けて私のマスクを落としたんです。
顔を見られました。
瞬間、先輩が固まったのでバレたと思います。
その日は何事もなく終わりましたが・・・。

間もなく先輩が店に来てくれました。
指名です。
指名料は1回3000円ですが、数が増えればバカになりません。

先輩「この前は申し訳ありませんでした。今後とも宜しくお願いします」

そう言ってくれたので私は安心しました。
顔バレを知り合いに話してしまうんじゃないかと心配していたからです。
だから本当に安心をしました。

私「いえ、気にしないで下さい。ただ、誰かに私がこんな事をしてるって言わないで下さいね」

と、仕事を離れた口調で言いました。
その後いつもの準備に入りますが、先輩は手錠をしませんし、目も向けません。

私「どうかしましたか?」

先輩「今日のお願いですが・・・」

私「はい、なんでしょう」

先輩「今日は女王様にしゃぶっていただきたいのと、生で中出しさせていただきたいのですが、いいですよね?」

先輩の目には剣道の試合の時みたいに鋭い眼光がありました。

私「そ、それはちょっと・・・」

先輩「いいですよね」

私「・・・はい」

脅すとか強要している感じではないのですが、(もう従うしかない)と私に思わせるに十分な眼力がありました。
私は仕事を離れて先輩にお願いしてみました。

私「こんなバイトをしていて、こんな事を言うのは変なんですが、実は私はバージンで、フェラはさせていただきますが、エッチだけは許してもらえないでしょうか・・・」

先輩「いいよ」

あまりにも軽い即答でしたので拍子抜けしつつも、メニューにはない即尺、口内発射、顔射をしました。
先輩はご機嫌で私の身体を撫でながら衣装を剥いでいきます。
ほぼ全裸に近い状態にされてから、私は後ろ手に手錠を掛けられました。
いつもの逆です。
手錠をされてから最後の下着を剥がされました。

それからは先輩が思うまま愛撫され続けました。
自分で経験するまで、後ろ手錠がこんなに過酷なものだとは知りませんでした。
私は何度か先輩の指でイカされました。
イカされて朦朧としている姿を写メされ、その場で誰かに送信されてしまいました。

その後、再び指を使われて私がイクと先輩は、「これからは俺の言うことを聞くよな?なっ!」と言い、激しく指を使われました。

私が降伏するまで同じことをされました。
あり得ないほどの快感が怒濤のように訪れて・・・ついに私は降伏してしまいました。

先輩「じゃあエッチしよっ」

私「でも、約束が・・・」

私は静かに優しく処女を奪われました。

そして「これからは個人的にSMをしよっか?」と指責めされながら言われ、私は承諾しました。

もう私は先輩から抜け出せません。

タイトルとURLをコピーしました