叔母の下着でオナっていた僕に訪れた幸運

この体験談は約 5 分で読めます。

(あ~、またやっちまった・・・)

いつも終わった後にそう思う。
今はこんなことしている場合じゃないのに・・・。

一浪して今年こそはと思っているのだが、ベランダには叔母の下着が干され、叔母の目を盗んでは、そっとその下着で一物を包み、1日3回のペースで自慰に耽っていた。
最近は叔母の下着もかなり派手な物が増え、男がいるのかもしれないな、なんて思っている。

叔母(母の妹)は今年40歳。
いまだ独身で、某大手銀行に勤めている。
顔は美人で年齢よりかなり若く見える。
そして何よりスタイルが最高。
とにかくエロいのだ!

休日の日に叔母と話をしていたときのこと。

「今年こそって言ったらプレッシャーかな?でも合格するといいわね。ハイ、これ」

そう言って叔母は合格祈願のお札をくれた。
ソファで向かい合いながら短いスカートの中を覗いていた自分が情けなく感じた。

「それと、姉さんと話をしたんだけど、合格してもここにいていいのよ。新しく住まいを探す必要はないから安心しなさいね」

「えっ。でもいつまでも僕がいたら・・・」

「遠慮しないで。あなたがいたら私も心強いし、それに・・・ううん、とにかくいいのよ。さっ、勉強しなさい。後で美味しいおやつを作ってあげるから」

ニッコリ優しく微笑む叔母。

(大好きだよ、叔母さん)

僕は心の中でそう呟き、部屋に戻って机に向かった。
しばらく経った時に叔母が手作りのケーキを持って部屋に来た。

「ここに置いとくわね」

叔母はそう言って部屋を後にした。
ケーキを食べようとした時、何気にベランダを見た。

(やばい!下着を返すのを忘れてた)

慌ててベッドを見たが、そこに置いてあったはずの下着がない。

(さっき、ひょっとして・・・。どうしよう)

夕食の時間になっても部屋を出る勇気がなく、叔母に声をかけられ、ドキドキしながらテーブルに座った。

「どうしたの?食べないの?どこか具合悪いの?」

叔母が心配そうに僕の顔を覗き込んだ。
僕は俯き頭を垂れた。

「叔母さん、実は・・・」

「具合が悪くないならさっさと食べなさい。今は余計なことは考えないの」

たぶん叔母はこのとき、僕が何を言おうとしたのか分かって止めたんだと思う。
その日から受験当日まで、僕は自慰を禁止して勉強を頑張った。
そして迎えた受験当日の朝。

「じゃあ、いってきます」

「いってらっしゃい。普段通りやれば大丈夫だからね。それと今夜はあなたの受験終了会をするからまっすぐ帰ってらっしゃいね」

叔母は微笑んで僕を送り出してくれた。
不思議と試験中は緊張せずに問題もすらすら解けた。
かなり手応えがあったので、心も軽く家路に就いた。
家に着くと叔母が用意してくれた食事と、叔母の大好きなアイスワインで合格の前祝をかねて受験終了を労ってくれた。

「実は叔母さんに言わなければならないことがあるんだ・・・」

食事を終え、叔母とソファでゆっくりしている時に、僕はこれまでの懺悔を込めて全てを語った。
もちろん叔母に対する好意も。
叔母は黙って最後まで聞いてくれた。
そして俯く叔母の頬に光るのもが・・・。

「ごめん・・・そんなに悩ませて・・・」

「ううん、違うのよ。嬉しいの。私なんかにそんな思いを寄せてくれて。私だってあなたと暮らし始めてからは、甥ではなく1人の男性として見ていたわ。だから気持ちを伝えてもらって、なんだか嬉しくて・・・」

そう言って叔母は立ち上がると照明を落とした。

「こんなおばさんでも見たいの?」

僕は叔母が何を言っているのかすぐに理解した。

「うん。だっていつも、それを想像しながらしてたから・・・」

床に叔母の服が落ちた。
僕は顔を上げ、薄暗い明かりの中でむっちりした下着姿の叔母を見つめた。

「恥ずかしいな、ちょっと・・・。後は脱がせて」

僕は叔母の下着を脱がせて、じっくり裸を見つめた。
大きく隆起した胸はほとんど垂れずに外側を向いている。
陰毛は薄っすらで想像よりも少なかった。

「綺麗だよ・・・すごく・・・」

「触って・・・」

叔母の大きな胸を震える手で触った。
手にまとわり突く感触。
暫楽感触を楽しんだでいると叔母の息遣いが荒くなってきた。

「舐めてもいい?」

叔母は頷いて目を閉じた。
舌で乳輪をなぞりながら乳首を口に含むと、叔母の口からはっきりと甘い声が漏れ出した。
立ったまま絡み合っていると、叔母の手が股間に伸びてきて、ジーンズの上から一物を握ったり撫でたりされた。

「叔母さん、僕も脱ぐよ」

「脱がせてあげる」

叔母に服を脱がせてもらい、ついに2人とも一糸まとわぬ姿で抱き合った。
唇を激しく重ねながら叔母の耳で囁いた。

「夢みたいだ。叔母さんとこんな事が出来るなんて」

「私もよ・・・」

叔母はそう呟きながら僕の前にしゃがみ込み、チンポを握り締めた。

「ここもこんなに立派になって。子供の頃、一緒にお風呂に入ってた時の記憶とは違うわね。しっかり皮も剥けて・・・凄い」

亀頭に舌を絡めながら、まるで笛を吹くように滑らかに顔を動かす。
時折深く咥えると、窄めた唇の脇に叔母の唾液が光る。

「ううぅ・・・こんな気持ちいいフェラ初めてだよ。すごく気持ちいい」

「あら、経験あるの?ちょっとショック。でもそんな風に言ってくれたから、もっとしてあげる」

今までとはちょっと違ったいやらしい口の利き方。
僕は叔母の髪を撫でながら、立ったまましゃぶり続けられた。
もう15分はしゃぶりっぱなしだ。

「もうダメだよ。僕も舐めたい。それにこれ以上されたら・・・」

「じゃあ交代して」

僕は叔母をソファに腰を下ろさせ、足を持ち上げて陰部を見た。
綺麗なオマンコだった。
本当に40歳って感じだ。
そして、すでに十分に潤っていた。
いっぱい匂いを嗅ぐ。

「あ~、いやらしい匂い。ビラビラもこんなになってるし」

「ああん、見ないで。恥ずかしい」

舌を伸ばすと酸っぱい味が伝わってきた。
同時に叔母さんは、「はぁ~、とってもいい気持ち」と、いつもの静かな叔母ではなく、1人の女になっていた。

(よし、僕がしゃぶられた時間よりも長く舐めてあげよう)

僕はそう決めて、夢中で叔母のマンコを舐め続けた。
溢れた汁は菊のつぼみまで流れた。
そこを舐めると、「ハァ~ん、そこはダメよ。あん!・・・」と、思った以上の反応だった。
ソファの上で叔母をマングリ返しにして責め立てる。

「いや~、お願い。もう入れて!」

叔母のお尻を眺めながらバックから入れた。
叔母が僕に合わせて腰を動かしながら喘ぐ。
叔母の中はかなりキツく気持ちが良かったが、興奮しすぎだろうか、なかなか射精感が来ない。
そのぶん叔母を何度もイカせることができた。

最後は正常位。
喘ぐ叔母の顔を見ながら、「どこに出して欲しい?」と聞いた。

「好きにして。出したいとこに出して」

「じゃあ飲んで欲しい」

「いいわ。飲んであげる。出して、全部飲んであげる」

「いいんだね。イクよ、イクよ、もう我慢できない・・・うあああ」

僕は叔母の中から素早く抜くと、叔母の口へ持っていった。
叔母は顔だけ起こして僕の精子を受け取ってくれた。

「あっ・・・」

叔母の短い声がして、勢い余って口だけでなく目や鼻にもかかってしまった。
僕は慌てて目元に飛んだ精子を自分の指で拭くと、その指を叔母は口に含み、丁寧に舐め取ってくれた。

「すごく気持ちよかった」

「私もよかったわよ。あなたの逞しい体、病み付きになりそう」

叔母がそう言って再び体を動かし、まだ硬いままの僕の一物をもう一度口に含んでくれた。

受験結果は見事合格。
1年前の春の出来事です。

タイトルとURLをコピーしました