調教してセックスしまくった後輩との思い出

この体験談は約 5 分で読めます。

私には愛する妻がいますが、今でも忘れられない元カノが1人います。
関東地方にある大学で後半の2年間を共に過ごした歩美という2年後輩の女の子で、私にとっては2人目の女性でした。

私が大学に入学した時、隣の部屋には2年先輩の女子大生が住んでいました。
3年生の先輩である彼女は、新入生の私を誑かして、私の下半身を玩具にしました。
でも童貞を奪われて女体を知った私は先輩の言いなりでした。
クンニも腰使いも、全て先輩好みに躾けられました。
先輩が生理でセックスできないときは先輩の前でオナニーさせられて、射精を動画撮影されたこともありました。

その先輩が卒業した後、新入生として入居してきたのが歩美でした。
歩美は美人ではないですが、どこか守ってあげたくなるような可憐な可愛さがある小柄で華奢な女の子でした。
お隣さんで大学の後輩だったので、色々面倒を見てあげました。
当時はADSL回線でしたが、ネット接続もしてあげました。

4月下旬からのゴールデンウィーク、大学は10日連続休講でしたが、歩美の実家はかなり遠方のため帰省しないというので、下心があった私も帰省しませんでした。
学友もほとんど帰省して、静かな大学周辺でした。
10日間、昼間は歩美に街を案内しながら何となくデート気分。
そして夜は、今日は私の部屋、明日は歩美の部屋といった感じで歩美と2人で夕食を食べたりするうち、かなり仲良くなりました。

ゴールデンウィークも後半、夕食にハイボールを作って歩美に飲ませました。
まだ18歳の歩美は、たった1杯のハイボールで酔って桜色。
私は歩美の隣に座って・・・。

「歩美ちゃんって可愛いね」

歩美が目を閉じたので唇を重ねると抱き付いてきました。
小柄な歩みを抱きあげてベッドに寝かせると・・・。

「あの・・・お風呂、入らないと恥ずかしいです・・・」

風呂から上がった私たちは、お互い身体に巻いたバスタオルを外し、裸で抱き合いました。
すでにビクビクしている陰茎を見て顔を真っ赤に染めた歩美に、先輩に仕込まれた愛撫とクンニをしました。
クンニは恥ずかしがってなかなか足を開いてくれませんでしたが、膝を抱えるようにして拡げたら、堪忍したように陰裂を晒しました。
何もはみ出していない美しい陰裂を開くと、肌色の小さな陰唇が開き、膣口と陰核が丸出しになりました。
陰核を撫でることを主体とした先輩仕込みのクンニに、歩美は快感を我慢できずに次第に身を捩らせて、ついに声を出して喘ぎ始めました。
歩美の目の前に陰茎を差し出すと・・・。

「フェラチオですか?」

頷くと、ペロペロとキャンディでも舐めるように陰茎を舐めました。
生で入れようとしたら・・・。

「避妊・・・してください・・・」

先輩と使っていた残りのコンドームを被せて、歩美の膣に入れました。
かなりきついボトルネックを突き破ると、奥までズルッと入り・・・。

「いたたっ!」

思っていた通り、歩美は初めてでした。

歩美と男女の関係になって2ヶ月、夏休み前の梅雨空の頃。

「あ、ああっ・・・」

「歩美、どうした?気持ちいいのか?」

陰茎の挿入で痛がっていた時期を過ぎても、膣内よりもクンニの方が気持ち良がっていた歩美でしたが、膣襞をカリで撫でられる気持ち良さに目覚め始めました。
7月下旬、お互いに約1ヶ月帰省し、間もなく9月という頃に戻ると、脇目もふらずに抱き合い、すぐに下だけ脱いで、シャワーも浴びずにお互いの股間を弄りあい、荒い息でコンドームもせずに交わりました。

パンパンパン・・・!

激しく歩美の膣を打ちました。

「あん、あん、あん・・・」

歩美が激しく喘ぎました。
歩美は私の腰をグイッと引き寄せると、腰骨が当たるほど押しつけて陰茎を膣壁に擦りつけ・・・。

「あぁぁぁぁぁぁ~~~」

悶絶しながら、愛液をブジュジュジュと噴き出しました。
膣壁と陰茎の間を白濁した愛液が染みだしてきて陰茎が真っ白に泡立ちました。

「あうぅぅぅ・・・」

歩美が仰け反り、カタカタと痙攣して動かなくなりました。
一度陰茎を抜いて歩美を観察しました。
そして、これが“イク”という現象だと気づいたのです。
しかし、どうやってイッたのかはわかりませんでした。
それ以来、歩美は私とのセックスに積極的になり、しかも生セックスがもたらす気持ち良さに目覚めました。

「絶対に中で出さないでね・・・」と言いつつも、生挿入を許すようになりました。

歩美が一度イクことを覚えてからは、2人でどうしたらイケるのか研究しました。
すると、歩美の膣内のある部分を徹底的に擦り上げてやるとイケることがわかりました。
もう毎回、歩美は絶叫してイキまくるようになり、ますます2人はセックスに夢中になりました。

私が4年生、歩美が2年生になると、私たちがアパートの隣同士で半同棲状態になっていて、毎晩のように淫らな声を響かせていることは有名になっていました。

「今日はどっちお部屋でやってるのかな?」

もはや覗き魔のように、歩美の喘ぎ声をアパートのドアから聞こうと耳を寄せる輩も出没していました。

「あんな大人しそうな顔して、スゲェ声で喘いでんだぜ。どんな格好でヤッてるんだろうな?」

歩美の見た目とのギャップも話題になっていましたが、その通り、出会った頃の歩美とは別人のように、大きく足を拡げて陰裂を全開にしてセックスを楽しむようになっていました。

しかし、片時も離れたくないほど愛し合っていた私達にも別れの時が来ました。
私の卒業でした。
荷物を実家に送り、卒業式に出るために戻った私は、歩美の部屋に泊まって最後の夜を迎えました。
たっぷりと時間をかけて愛し合い、抱き合うようにして眠り、そして翌朝は朝起ちの陰茎を再び歩美の中へ突き立て、その結合部を凝視し、2年間激しく交わり続けたせいで紫色になってしまった歩美の陰唇を脳裏に焼き付けて、最後の精液を歩美に注ぎました。

「じゃあ、行くよ・・・」

「うん・・・」

「歩美・・・さようなら・・・元気でな・・・」

「◯◯も元気でね・・・」

私は最後のキスを交わし、歩美のアパートのドアを閉めました。
4年間暮らした部屋の前を取ってアパートの敷地を出ました。
大通りに出る交差点で振り向くと、歩美が玄関から出て見送っていました。
私は両手を振って別れを惜しみました。
両手を振り返す歩美が涙でぼやけました。

就職して忙しい日々を過ごすうち、歩美のことも少しずつ思い出に変わっていきました。
就職1年目の秋、東京に研修出張があり、帰りに大学のある街に立ち寄ってみました。
4年間暮らした街並みが、たった半年で懐かしく映りました。
4年間暮らしたアパートの前で私は歩美の部屋を眺めていました。
眺めるだけで、訪ねることはしませんでした。

懐かしさに浸っていると、歩美が帰ってきたので身を隠しました。

「先輩、今日もお仕置きですか?」

「そうよ。チンチンお仕置きしちやうから」

パタンと閉じられた玄関。
歩美は後輩の陰茎を玩具にしているようでした。
時代は繰り返される・・・。

(もう歩美の中の私の記憶は、あの後輩に上書きされているんだろうなあ・・・)

そう思いながら、私は歩美を訪ねたことを後悔していました。
私は、黙って懐かしいアパートの前から離れて駅に向かって歩き出しました。
大通りに出る交差点で、もしかしたらアパートの玄関の前で歩美が手を振っているような気がしましたが、そのまま振り返らずに家路を急ぎました。

タイトルとURLをコピーしました