自ら巨乳に挟んでくれた天然の先輩

この体験談は約 8 分で読めます。

大学2年の頃。
◯トーヨー◯ドーの地下スーパーの陳列などをするバイトをしてたんだ。
そこはうちの大学の人も何人か働いていたが、俺以外はみんな女の先輩だった。
だから、からかわれたり、こっちもからかったりして結構楽しい職場だった。

女の先輩の中で特に仲良くさせてもらってたのが、A先輩とB先輩だった。
A先輩は結構大きな胸(確か自分で「CかDだと思う」とか言ってたな)。
背は155cmくらいで、芸能人で言えば谷村奈南に似てるかも。
結構偉そうにするんだけど、結構間抜けだったり天然だったりして可愛いw
1ヶ月くらい前に彼と別れた。

B先輩は、対照的にペッタンコ。
背は低くて140cm台じゃないかな。
とってもほっそりしてて、吉川友に似てる。
お姉さんな感じ。
いつもニコニコしている。
こちらは半年くらい前に彼氏と別れたんだったかな。

ちなみに俺は中肉中背で顔もフツー。
彼女はいた。

んで、今回はA先輩とのこと。
何がきっかけかちょっと思い出せないんだけど、「今日バイト明けたら一緒に飲も~!」って話になった。
飲もうといっても金のない学生同士、家で飲むことに。
A先輩の家の方が俺の家よりずっと近いので、先輩の家に行くことになった。
一旦家に帰り、自分の家から酒と摘みを持って先輩の家へ。
確か誰かから貰ったいい酒と摘みが俺の家にあったんだ。
その時、無論シャワーを浴びてから向かったw
下心はなかったか?と聞かれれば「無い」とは言えないが、まあ、普通の友達同士っていう気持ちで気軽に飲むつもりだった。
向こうもそうだったと思う。

「いらっしゃい」

先輩は笑顔で迎えてくれた。
灰色のジャージ姿だった。
俺が先輩の家に向かっている間に先輩はコンビニに寄って、少し買出しをしたらしい。
部屋の真ん中にあるテーブルの上にはコンビニの袋があり、中には摘みや酒が入ってた。
ちょっと意外だったのが、◯周年記念とかで発売されてたヒーロー戦隊もののウェハースチョコが袋に入ってたことw

「これさあ、私の小さい頃にやってたやつが書いてあって・・・懐かしいから買ったw」

パッケージには俺も見覚えある戦隊ものの写真が・・・。
酒を飲み始めると同時にそのお菓子を開けて、中に入っているカードを確認しているってどうよ。

「お~・・・」

中には、その戦隊もののときの合体ロボのカードが入っていて、「当たりだ!」とか言いながらテレビの横に飾っているのが可愛かったw
酒も進んできて、色々エッチな話とかもした。
まあ普段からもしてたけど。

A「Yくん(俺)さ、彼女は寮住まいでしょ?色々厳しくない?門限とか」

俺「うん。付き合い始めの頃とか、ギリギリまで寮の外とかで会ってて色々してたw」

A「まじでww何してたの?」

俺「え~と・・・何度かフェラとかしてもらったよw」

A「やるねぇwでも、外だと後始末が大変でしょ」

俺「いやぁ・・・それが、実はあんま上手くないのか・・・興奮するけど、なかなかイケないから」

A「・・・私は、ちょっとフェラの自信あるよw」

テーブルを挟んでカーペットの上に座り、本人は別にそんなに意識していないと思うが、ちょっとだけ上目遣いな感じで言うA。
結構ドキッとした。

A「あ~・・・外と言えば、W館(大学の建物)の502で前の前彼とエッチしたことあるwすごい気持ちよかったよ」

目の前にいるA先輩が、俺らが普段講義を受けている場所でエッチしているのを想像して、かなりドキドキしたのを覚えてる。

俺「すごっ・・・」

A「講義中にフェラもしてあげたな、そう言えばw一番後ろの座席だったけど、途中から遅刻して女の人が入ってきてびっくりしたww」

俺「えええええw・・・ちょっと、今度俺にもしてw」

A「Yくんには彼女いるじゃんw」

そんなことを話しているうちに酒が進む進む。
俺はそんなに弱いほうじゃないけれど、A先輩はしばらくすると顔真っ赤に。
夜も更けてきて、そろそろ寝るか~ということに。

A「さあ、Yくん、家に帰ろっかw」

俺「ええ~~~!A先輩のところで寝てく!」

酔った勢いもあって、お互い半分ふざけて半分本気な感じだった。

A「ええ?・・・じゃ~、私ベッドで寝るよ」

俺「俺もベッド~」

俺のほうがベッドに近かったので先にベッドにボフッと乗っかった。
そのまま中に入ってしまう。

「も~、しょうがないな~」という感じでA先輩が・・・。

A「んじゃあ私、床で寝るの?」

俺「いーーや、ここ!」

俺の右横をバンバンw

A「もう・・・w」

そう言いながらも俺に背を向けた状態でベッドに入ってくるA先輩。
なんか急に2人とも喋らなくなった。
10秒くらいだったか・・・1分くらいだったか・・・長いような短いような沈黙の後、俺は酔った勢いでA先輩を後ろからギュッと抱き締めた。

A「もう~、Yくん彼女いるじゃんw」

俺「いいの!・・・こっち向きなよ~」

何かぶつぶつ言いながらこちらを向くA先輩。
俺が右を下に、先輩が左を下にして向かい合った感じ。
もう1回ギュッとしたあと、顔を触り、そのままつーっと指を胸の方へ・・・。
抵抗なし。
乳首を指先でくりくりっと軽く引っ掻く感じ。

A「ん・・・」

俺「先輩って、胸大きいよね・・・」

A「こないだ、変なおじさんの客に、『姉ちゃん、5万でいい?』とか言われた」

そう言いながらA先輩の手がスルスルと俺の股間に。
この時点で結構勃起中w

A「えwwちょっと・・・大きい・・・んだけど・・・」

ちょっと嬉しかった。
でも、ひょっとしたら煽ててくれてるのかなとか思いつつ。

俺「え、ほんと?うそだ~」

A「ううん・・・ほんと。今まで付き合ってきた人より大きいよ」

そう言った後、服の上から俺のチンコの裏筋をツツツゥ~っと指先でなぞったり、手のひらでチンコ全体をスリスリしてくる。
俺のほうも、右腕が先輩の頭の下にあるので、左手で胸をゆっくり揉み始めた。

A「ふぅ・・・はぁぁ・・・胸・・・だめ・・・」

顔を俺の胸に伏せながら、それでもA先輩の手は俺の玉裏を軽く揉んでいる。

A「Yくん、彼女・・・いる・・・じゃああぁぁっ・・・!あ・・・」

俺「いいの・・・!」

俺はA先輩のジャージのチャックを半分くらい開けて、その中に手を入れた。
中はシャツだけでブラはしてなかった。
指先でまた乳首をクリクリと弄る。

A「あっ・・・いぃやっぁ・・・あん・・・」

普段どちらかというと低めの声のA先輩が、普段は聞かないちょっと高めの声に。
俺はさらにシャツを捲り上げ、A先輩の胸を生で見た。
乳輪はそれほど大きくないが、思ったよりずっと巨乳だった。

A「Yくん・・・」

俺は乳輪の周りを円を描くようにゆっくり舐めて、徐々にその円を小さくしていった。
乳首に舌の先端が着いたとき、「んぁぁああぁぁっ!」とA先輩が大きな声で喘いだ。

A「はぁ・・・んんんん・・・あっ!・・・だめ・・・だめっ・・・!Yくん・・・彼女に悪いよ・・・」

もう俺は返事をせず、乳首をベロベロと激しく舐めた。

A「あっあっあっあっ・・・だっ、あっあっ・・・あっ!!」

A先輩は大きな声を出しながら、ぱっと俺から身を離した。
舐めるのを続行できない俺。
すると反撃とばかりに俺のズボンの中に手を入れてきた。
今度はトランクスの上から裏筋をなぞってくる。
上手い・・・彼女よりずっと上手・・・。

俺「ちょっと先輩・・・」

A「気持ちいい?」

俺「はい」

(なんで敬語なんだろ?)とか思った記憶があるw

A先輩が急に俺の肩を掴んで仰向けにした。
そして俺のジャージ上着を捲り上げ、俺の左乳首をキスし始めた。

俺「ぅあっ」

急なことだったので思わず声が出てきてちょっと恥ずかしいw

A「んふふ」

笑いながら今度は乳首をペロペロと舐めて、次に右乳首にキスをして、下の方に移動しながら何度もキスをする。
だんだん下半身の方へ。
もう先輩は吹っ切れたんだと思うw
ジャージのズボンまできた時、そのままA先輩はズボンとトランクスを脱がした。
この時にすごく覚えているのが、先輩はビョンと飛び出したチンコを少し見て、その後俺のほうを上目遣いで見て、舌を出して裏筋をぺろ~~っと舐めたこと。
それがすごくエロくて、また声が出てしまう。
続いて先輩は、チュッチュッと裏筋を下の方から何度もキスしながら上へ移動。
一番上まで来たら、今度は咥えてきた。
パクッじゃなくて、ニュゥッって感じのエロい咥え方だった。
口の奥の方まで咥えた後、また先のほうまで戻る。
その後また深く咥えて・・・と、ゆっくりジュボジュボ始めた。
時々舌を裏筋に這わせながらジュボジュボしてすごく気持ちいい。

俺「先輩・・・フェラ・・・上手い・・・」

A「ンフ」

咥えたままこちらを見てニコッとする先輩。
続けて口からチンポをンポッと抜いて、今度は左手でシコりながら玉の裏をレロレロ始めた。

A「フェラ・・・好きなの・・・」

俺「そうなの?」

A「うん・・・結構感じちゃうから・・・。ねえ・・・これ、してあげよっか?」

そう言うと先輩は移動して胸をチンポに近づけた。
(えっ・・・?まさか)と思うと同時に、大きな胸の間に俺のチンポを挟み、両胸を揉みしだき始めた。
彼女は絶対してくれない(というかできる胸がない)パイずりにちょっと感動w
しかしA先輩は、少し前のめりになっているため、両手とも胸を掴むと上手く擦れないようだ。
ならば・・・と、俺はA先輩の胸に両手を伸ばした。
チンコを挟みつつ胸自体を揉みしだいたり、乳首を転がしたりする。

A「んんんんあぁっ!そ・・・それ・・・!あん・・・!!あああん!」

俺「気持ちいいの?」

A「うん・・・」

A先輩はもう両手で体を支えるようにして、それでも胸は俺のチンポと手に預けて感じている。

A「はぁっ・・・はあぁっ・・・。・・・んんっ・・・はむっ・・・」

パイズリの状態からA先輩はぐっと顔を伏せて、俺のチンコの先を舐め始めた。

俺「先輩っ・・・それヤバい!」

A「えふぇへへ・・・イッていいよ?」

(それは困る・・・)と思いながら気持ちよさを少し堪能した後、チンコを胸から離した。
急に離されて、「あん」とA先輩が言ったのを、(なんか漫画みたいだ・・・)とかぼんやり思ったのを覚えている。

今度は俺がA先輩の上になり、ジャージを脱がしながら、ジャージや肩、胸、乳首を舐め回した。
特に乳首が弱いようで、舌が乳首に近づくと、「はぁっ・・・はああ・・・」と息が荒くなった。
乳首を少し強く吸うと、「ふぁぁあン!!」と大きな声を上げた。
乳首を舐めながらA先輩のズボンとパンツを脱がした。

「やだ・・・あ・・・」と言いながらも少し腰を浮かす先輩w

陰毛がそんな縮れてなかったのがちょっと驚いた。
顔や首にキスをしながら太ももをなぞり、徐々にマンコに手を近づけていった。
マンコに近づくと、期待からかA先輩は少しブルブル震えた。
指で入り口をなぞり、徐々に中に入れていった。
奥に行き、上部分の奥のザラっとしたところをなぞる。

A「あ・・・ああああっ!?ぁんんんっ・・・あん!あん!あん!!!」

体をよじりながら感じる先輩。
少しかき混ぜてみる。

A「ぃゃあっ!!やぁああああん!!いっ・・・いいいっ・・・!だ、め・・・だめっ・・・!」

顔を仰け反らせながら快感に身を委ねる先輩。

俺「やべえ・・・先輩、俺もうだめだわ・・・」

A「うん・・・うん・・・ふぅ・・・はぁ・・・」

俺はチンコを掴んで先輩の入り口にあてがった。

A「・・・んん・・・。はぁ・・・入れて・・・入れて・・・いいよ・・・」

俺「いい?入れるよ?」

正常位の状態でゆっくりチンコを沈ませていく。

A「んんっ・・・ぁぁあ・・・ん・・・!あっ・・・あっ・・・!」

奥まで入るとA先輩は、「ふぅっ・・・」と息を吐き、少しニコッとした。

A「だめ・・・やばいから動かさないで・・・」

そう言われて動かさないアホはいないでしょう。
ゆっくり動かし始める。

A「ああああっ!!だめ・・・だってっ・・・!いっ・・・あっ・・・ぁん・・・っ!!」

動かすたびに普段は出さない可愛い声を出す先輩。

A「あぁっ・・・んあぁん・・・あっ・・・あっ!」

散々気持ちよくされて、情けないことに限界が近づいていた俺。

俺「ごめん先輩・・・俺、マジで我慢できない・・・!」

どんどんピストンを速めていった。

A「あっ、あっ、あっ!あっあっあっあああっ!」

動きに合わせて、どんどんA先輩の声が大きくなっていく。
その声で、なおさら興奮w

A「だっだっ・・・ああっ!!あああっ!やっやっ!やばっ!やばっいっ!」

先輩の両足をくっつけて、くるっと俺から見て左側によけて、さらにピストン。

A「えっ・・・えっ・・・やっあっ・・・!」

最初驚き、ベッドのシーツを掴みながらさらに声を出すA先輩。
そのままバックへ。
バックといっても四つん這いじゃなくて、A先輩は寝そべった状態。

俺「やべえ、もうイク!!」

A「いっいっいっ・・・あっあっあっあああああああっ!!」

チンコを引き抜き、思い切り発射w
お尻や背中に大量に精子がかかったw
2人とも、しばらく息が荒く無言だったが・・・。

A「・・・すっごい出たね・・・w」

顔だけこちらを向いて軽くニコッ。
この後、シャワーを浴びて一緒に抱き合って就寝。
次の日の講義には遅れましたとさw

最後まで読んでくれた人、ありがとう。

タイトルとURLをコピーしました