精液に異常に興奮する男になってしまった

この体験談は約 2 分で読めます。

関東地方と言っても、かなりのド田舎に住んでいた中学時代・・・。
放課後の楽しみは、友達ん家でオナることだった。

親の帰りが遅い友達の家は、イカ臭い童貞オタク少年だった俺たちの溜まり場だったのだ。
へったくそなマンガを描いたり、ゲームをしたり・・・女の子の『お』の字も無い青春。

「綾波でなら100回ヌケル」とかなんとか話しながら、買いためたエロ漫画でオナるのが日課。

なんとも情けない日常だった。
そんな日常が変化したのは、中学2年の春休み。
お互いのをフェラし合ったことから。

きっかけは“自分以外の人にしごかれる快感”ってのを味わいたくなり、「オナニーの延長だから」なんて言い訳しながらお互いのをしごき合ったことから。

これがスゴく気持ちよかった!!
こうなれば、後は欲望のまま突き進むのが童貞オタク。
しごきあった3日後には、もうしゃぶりあってた。

「俺たちは女の子が好き。でも、オナニーの延長でフェラし合う」ってのを言い訳に、キスやアナルはしなかった。

ぶっかけたいと言えば顔射も試す、口内発射は当たり前・・・。
ふたりの関係も普段はなんともないが、フェラしあうときはSとMがはっきり分かれるようになった。
友達の親が2泊3日で家族旅行に行った時なんて、居残った友達とほぼ3日まるまる裸で過ごした。
ゲームするのも、メシ食うのもみんな裸。
気の向いた時にチンポを口元へ持っていきしゃぶってもらう。
エロ漫画が100冊も散乱するなか、1日ふたりで10発はヌきあった。

ちなみに、これが俺の一番楽しかったセックスの経験かも。
高校に入ってからは、学校も違ったし彼女ができたりと、さすがに回数は減ったけど週1回はしゃぶりあい。
お互いに高校のオタク仲間を巻き込んで、3Pも経験。
大学でも、定期的に会ってはプレイ。
お互いに結婚した今ですら、仲間を増やしながらやってる。

三つ子の魂100までもか、アナルや男同士のキスには興味がないが、チンポやフェラ、精液には異常に興奮する男になってしまった。