兄嫁と授乳セックス

この体験談は約 4 分で読めます。

大学受験で東京に行った時の話。
その前年に兄貴の奥さんの香織さんに赤ちゃんが生まれて、おじさんになった僕はバイト代で赤ちゃんグッズを買って受験前日に東京に行き、都内に住む兄夫婦のマンションに立ち寄ることにした。

昼前に着いたので、司法書士をしている兄貴に連絡すると、職場の近くで会おうとなり、2人でファミレスでランチをした。
僕は大学の近くでビジネスホテルを探すつもりだったが・・・。

「だったらうちに泊まれよ。部屋はあるし節約にもなるだろ。勉強したかったら俺の書斎を使ってもいいから。娘とも遊んでけよ」

兄貴にそう言われ、香織さんに連絡してくれた。
香織さんは深田恭子にそっくりな感じで、優しくておっとりとした人だ。

兄貴が仕事に戻って30分くらいして、香織さんが車で迎えに来てくれた。
リビングに通されて、可愛い赤ちゃんに癒されたあと、兄貴の書斎で明日の受験科目のおさらいをした。
喉が渇いたのでリビングに行くと、香織さんが赤ちゃんに授乳中だった。
僕はしばらくその光景を見ていたが、香織さんが僕に気づいて言った。

「あ、りょうちゃん、お腹空いた?」
「あ、いや、喉が渇いて」

「冷蔵庫にジュースあるから飲んで」
「うん、ありがと」

オレンジジュースを飲みながら香織さんの前に座った。

「赤ちゃん、可愛いね」
「そうね。でも毎日だと大変よ」

「だよね、ごめん」
「ううん。話し相手が来てくれて助かるわ」

「じゃあよかった」

なんて話をしながら赤ちゃんを見ると、自然におっぱいが目に入る。
次第に僕は興奮してきた。

「赤ちゃん、いっぱいおっぱい飲んでるね」
「いっぱい飲むのよ」

「美味しいのかな?」
「どうかな。武さんは『苦い』って言ってたけど」

「え?兄貴飲んだの?」
「うん、胸が張った時に出した母乳をね」

「僕も飲みたいな」
「えー、本当に?じゃあ後で出してあげるね」

僕は香織さんの服を捲り、もう片方のおっぱいを出した。
香織さんは驚いて、でも赤ちゃんが泣かないように小声で、「ちょっとりょうちゃん、何するの!」と、ちょっと怒った感じで言った。

「おっぱい大きいね、香織さん。色も白くてきれい」

見ると母乳が滲み出てきている。
僕は本能的に乳首を咥えて吸っていた。

「ちょっと!・・・もう・・」

諦めたように香織さんが言った。

「キスとセックスはダメよ」

僕が「うん、わかった」と言うと、仕方ないなといった風に抵抗をやめた。
香織さんおっぱいを揉みながら乳首を吸うと、苦いような甘いような液体が出てきた。

「んっ、あっ、ああっ、はぁん」

頭の上から聞こえてくると香織さんの吐息がたまらない。
僕はいつの間にかズボンとパンツを脱いで、フル勃起したカチカチのチンコを左手でしごいていた。

「香織さん、おっぱい美味しいよ」

舌で円を描くように乳首を転がしたり甘噛みをすると、香織さんはピクピクっと震えて、「あっ・・・んんっ!」と悶えた。
しばらく乳首を舐めてると香織さんは、「ちょっと待って。この子寝ちゃったみたいだから」と赤ちゃんをベッドに寝かせたので、僕らは寝室に移動してお互いに裸になった。

「香織さん、きれいだよ」

ずっと僕がおっぱいを揉みながら乳首を吸っていたので、「もう、りょうちゃんは本当におっぱいが好きなのね」と言って、フル勃起したチンコをシコシコとしごいてくれた。
僕も香織さんの割れ目に指に入れて出し入れをした。
クチュクチュといやらしい音が鳴った。

「は・・・あぁんっ。ダメだよ、そんなに激しくしちゃぁ。イッちゃうからぁ」

香織さんが腰をクネらせる。
急に射精感が来た。

「香織さん!出るよ!もう我慢できない!」

「我慢しなくていいから、いっぱい出して」

しごくスピードを一気に上げられて快感が増した僕は、「あっ!イクっ!」と香織さんに抱きつくと、精液が香織さんのお腹に勢いよく飛び散った。
ぐったりする僕に香織さんは、「うふふ」と優しい顔で微笑んでくれた。

そのあと2人でお風呂に入って洗いっこをした。
また僕はフル勃起してしまい、「やっぱり若いね」と笑いながら、香織さんはボディーソープで手コキをしてくれた。
僕はお風呂でもずっとおっぱいを揉みながら乳首を舐めていた。

夜になって兄貴が帰って来ると、香織さんは何事もなかったように普通に接してくれた。
受験当日は兄貴に試験会場まで送ってもらった。
その翌日も順調にこなし、地元に帰る日は香織さんに駅まで送ってもらった。

改札を通る前に、「香織さん、お世話になりました。あの・・・色々と・・・」と照れていると・・・。

「私も楽しかったわ。合格したら、りょうちゃんはこっちに住むんでしょ?」

「うん、もちろん」

「いつでも遊びに来て。また楽しみましょ」

兄嫁の可愛い笑顔にドキドキしながら僕は東京を後にした。

さて、受験の結果は見事合格。
東京に住み、それから結婚するまでの約10年近く、僕と香織さんは兄貴にバレない程度に不倫関係を楽しんだ。
僕が地元に戻ってからは冠婚葬祭ぐらいしか会う機会はないけれど、香織さんのエロい身体を見ると今でもフル勃起してしまう。

タイトルとURLをコピーしました