超絶美人な先輩をプリクラ機の中でクリイキさせた

この体験談は約 4 分で読めます。

先月あった話。
俺は中学2年生で、その先輩はひとつ年上の中学3年生です。
俺は今まで何人かの女子と付き合ってきました。
可愛い感じの女子たちに、たくさん告白してました。
(リア充でいたい)っていう願望が強いからだと思います。

だんだん同学年に飽きてきて、3年生の教室棟の近くをウロウロ観察してました。
そうしたら今まで見たことのないような可愛い女子がいたんです。
可愛い要素もキレイ要素も兼ね備えていて、柔和そうな雰囲気でした。
すぐに一目惚れしました。
部活動の先輩に聞いてみると、その美人な先輩はかえで(仮名)さん。
かえで先輩に会いたくて、何度も3年の教室の近くへ行きました。
俺は友達にも打ち明けて、色々協力してもらいました。
そのくらいかえで先輩は今まで俺の元カノとは比べられないくらい可愛いんです。
先輩を見ていると、優しい性格がとても分かりました。
ちなみに頭も良いそうで、この辺りで1番の難関高校に受験するって聞きました。

先輩と話がしてみたくて、俺の友達を経由して先輩にラブレターを何回か送りました。
でも先輩からの返事はなく、俺の友達曰く、「彼女さんを大事にしなよ」と呆れ気味に言っていたらしいです。
そう、俺はその時は彼女がいたんです(同じクラスの女子)。
あ、今はもう別れました。

そんなある日・・・ついに転機が訪れました。
友達と某ショッピングモールに行ったとき。
俺の友達は、あるSF映画が観たいと言いだし、ショッピングモールの中の映画館に行ってしまいました。
俺は金欠でSFに興味がないから、適当にゲーセンをぶらついてました。
そしたら、すぐそばに、かえで先輩がいたんです。
本当にびっくりしました。
先輩はどうやら1人で来たようです。
意を決して声をかけました。

「かえで先輩・・・ですよね」

先輩は目を丸くして俺を見つめています。
ドキドキしました。

「ぇ・・・あっ、あの後輩くん?」

俺のことを知ってくれてたなんて!
俺は嬉しさで理性が吹っ飛びました。

「ハイ、かずやです!」

「き、奇遇だねえ」

先輩は困ったように笑っています。
ゲーセンにいるところを見られたくなかったんだろうと思います。
でも、そのギャップに萌えました。
あのときの俺はどうかしていて、迷いなく先輩の手を繋ぎました。
白くてすべすべで、ちょうどいい細さの腕でした。

「えっ!?」

俺は先輩とプリクラ機の中に入りました。

「ちょ、ちょっと・・・どうしたの?」

「先輩、好きです。付き合ってください」

「えぇっ・・・ごめんね、受験生だから無理なの」

受験を断る理由にする先輩の優しさに触れて、さらに先輩が好きになりました。
諦めきれませんでした。
俺は先輩を抱き締めました。
そのままキスをしました。

「んんっ!」

先輩は驚いています。
間近で見て改めて、とても整った顔だと思いました。
そのままディープキスにもっていきました。
先輩は抵抗しているけど弱々しい力でした。
ジタバタしているのも可愛かったです。
先輩の舌は心地よかったです。

次に先輩の服の上から胸を触りました。
先輩は「きゃ!」と悲鳴をあげますが、ゲーセンはうるさいので、プリクラ機の外には届いていなかったっぽいです。
俺は上の服を強引に脱がせて、白のスポブラ越しに先輩の胸を揉みました。
小さかったけれど、かなり柔らかかったです。

「やめて・・・!」

「先輩、可愛い・・・」

ブラをたくし上げて、ついに先輩のおっぱいを見ました。
綺麗な形で乳首はピンク色でした。
焦らすように乳首を触っていくと、先輩は感じやすいみたいで次第に抵抗の力が弱くなりました。
もうトロ顔です。
可愛すぎて、めちゃくちゃ勃起しました。

先輩のスカートの中に手を入れました。
そのときの体勢は、俺が後ろで、先輩はぐったりともたれかかってる感じです。
パンツ越しでもわかるくらい濡れていて、嬉しくなりました。
スカートも脱がせてパンツ越しのクリを弄びます。
クリをリズミカルに叩いたり、クルクルと円を描いたりました。

「んっ、んあぁっ」

先輩はクリにものすごく感じるようです。
俺はパンツの上からのクリ責めに集中しました。
クリの右と左を交互に擦ったり、先っぽを爪で軽く引っ掻いたりしました。

「あぁんっ、んんっ、だめっ」

先輩は首をふるふるしています。
声を我慢する様子に萌えました。
まだちょっとしか経っていないのに、先輩はすでに全体重を俺に預けてました。
本当に感じやすいみたいです。
すると先輩はパンツを穿いたままその場で失禁しました。
俺の指でお漏らししたんです。
先輩は泣きながら・・・。

「やぁ・・・やだっやだ!」

しゃがみ込んで、震えていました。

「エロいですね、先輩・・・」

「こんなのいけないよ、ダメだよ、かずやくん!」

このとき初めて俺の名前を呼んでくれました。
それで火がついて、俺も座り、先輩の手を握りました。
そしてその手を俺のズボンの上へ持っていきました。

「お願いします、触ってください!」

「ダメですっ!」

先輩はきっぱりと言いました。

「君は彼女がいるんでしょ!もう私から離れて」

かえで先輩には意外と芯が太い面もあるんだなと知りました。
けど、俺は止まりません。
先輩の下着越しのクリ弄りを再開しました。
先輩はまた甘い声を出し始めました。
抑えられないみたいです。
その間に先輩の手を俺のズボンの中に入れました。
ブリーフ越しに俺のブツと先輩の手を触れさせます。
震える先輩の手がちょうどいい刺激で、俺も「うぅっ」と声が出ました。
先輩が自ら手を動かすことはなかったけど、力尽きている先輩は手を引けませんでした。
お互いに布越しにで触り合っている状態です。

ついに先輩は、「ふあぁぁぁああぁっ!」と喘いで絶頂しました。

そのときの顔が大人っぽくて綺麗でした。
写真を撮れば良かったと後悔しています。

初投稿の下手くそな文章でしたが、読んでくださった方がもしいれば感謝します!

タイトルとURLをコピーしました