色褪せた僕の青春の一頁

この体験談は約 9 分で読めます。

僕は理学部出身で、大学時代はほとんど学校に女の子がいない状態でした。

勉強とバイトで忙しく、コンパやサークルどころではなく、もちろん彼女もいた経験がありませんでした。
大学も4年生になると、就職活動が主になって、学校の時間も少なくなりました。
僕は就職活動と、バイトばかりの毎日で、学校はたまにゼミに顔を出す程度でした。

僕のゼミは男6人と、女2人のゼミで、男グループと女グループは別々の課題に取り組んでいたため、あまり言葉を交わす機会もありませんでした。

そんなある日、バイトの先輩に連れられて初めてのソープに行くことになりました。
“はじめてのエッチをソープでというのは、如何なもんか?”と迷いはありましたが、興味と僕の下半身に申し訳ないとの思いで、思い切ってソープに行くことにしました。

先輩に連れられて行ったソープは、マニアックな場所にありましたが、先輩曰く「可愛い娘がいっぱい居て、超おすすめ」らしいです。

期待に胸を膨らませて、入り口の扉を潜りました。
入り口を潜り抜けると、マジックミラー越しに何人かの女性が下着姿で雑誌を読んでいました。
一人ずつ顔を見ていくと、4人目で目が留まりました。
どこかで見たことがある顔でした。
厚化粧をしてるのでよく分かりませんが、どこかで見たような気がしてなりませんでした。
その時、僕の背中に衝撃が走りました。

「ゼミで一緒の娘だ」

間違いなく、同じゼミのUさんでした。
僕は興奮してUさんを指して、「この子」と言って指名しました。

「おまえ早いな~、俺もその子お気に入りだったのに、ま、いいや、今日はおまえ初だから、譲ってやるよ」と先輩は言いましたが、僕の耳には入っていません。

僕は個室に案内され、Uさんの到着を待ちました。
この時は期待と緊張で生まれて初めての感覚でした。
居ても立ってもいられない状況で、パニック状態です。
相手がどういう行動に出るか、どう声を掛けようか、Uさんが僕にサービスしてくれるのか。
色々考えてると、Uさんに早く来て欲しいけど、心の準備の時間が欲しいという思いで、複雑でした。
そんな時間もほんの数分でした。

トントンとノックの後に、紛れもなくUさんが入ってきました。

Uさんはバスタオル一枚の格好でした。
Uさんは入ってくるなり、僕の顔も確認せずに、「はじめまして、現役女子大生のめぐみです。よろしくお願いします」と言い、シャワーの蛇口を捻りました。
シャワーのお湯加減を手で確認しながら僕の方を見ました。

「お客様は、はじめて・・・」と言いかけた後、彼女の動きが止まりました。

僕に気付いたようです。

僕もなんとなく気まずかったのですが、「は、はじめてです」と答えました。

彼女も本当に返答に困っていました。
数秒の時間か何分にも感じられました。
そして僕は耐え切れずに、「ごめん」と謝りました。
彼女と知りつつここに入ってきたことに対して、罪悪感を抱いたからです。

そしてしばらく、無言の時間が流れました。

そして彼女が、「いいの、いいの、こっちこそごめんね」と言いました。

かなり重い雰囲気でした。
僕は無神経に「どうして謝るの?」と聞いてしまいました。

彼女は無言でした。

重い雰囲気に耐えかねて、「ごめん、俺帰るよ」と本気で帰ろうとしました。

その時突然、

「だめ、このまま帰られると店長に怒られるの、そして、自腹でお金払わなくちゃいけなくなるから」
「そうなんだ、そうか、じゃ、お金だけ置いていくよ」

「え?でも・・・」

僕はほんとに悪いことをしたと思っていたので、せめてもの償いのつもりでした。
そして、お金を渡そうとしたとき彼女が・・・

「お客様、気持ちよくなって帰ってください。特別サービスいたしますので」
「いいよ、別に。なんか悪いもの」

「ううん、私はいいの。せっかく来てくれたんだから」
「・・・」

「じゃ、こちらで服を脱いでください」

事務的な彼女の口調に、僕は従いざるを得ませんでした。

彼女が、「じゃ服はこちらに置いて、シャワーを浴びましょうね」と言い、僕は服を脱いでバスルームに行きました。

タオル一枚で股間を隠しながら・・・。
彼女は湯加減を確かめると、「失礼します」と僕にシャワーをかけてくれました。
そして背中を泡で優しく洗ってくれました。
続いて、腕を洗ってくれ始めました。
その時彼女を見ると、いつの間にかバスタオルを脱いで、素っ裸でした。
腕を丁寧に全裸のまま洗ってくれるUさん。
ぷるんぷるんしているおっぱい。
お椀型のおっぱいでした。
乳首はややおおきく、乳輪の色は薄かったです。
彼女が僕の反対の手を持って洗い始めてくれたとき、それまで無言だった彼女が口を開きました。

「みつるくんもこういうお店に来るんだ?」
「え、いや、はじめて、先輩に連れてこられて」

「そんなに焦んなくていいよ(笑)男はね、やっぱり、そうだもんね」
「・・・」

「こういう仕事って、いつか誰かにバレるかな~って恐怖心があるんだけど、実際みつかっちゃったら、吹っ切れちゃうね」
「・・・」

「でも、みつる君でよかった、実家が田舎だから、実家にバレなければOKだね。きっと」

僕は何も言えませんでした。
Uさんが可哀想で、可哀想で・・・。

一生懸命バイトで貯めたお金を使って、こんなに罪悪感に苦しめられるなんて・・・。

彼女が「じゃ、下も洗うね」とバスタオルの間から手を入れて、僕のちんちんを掴みました。
僕は一瞬ビクッとしました。
彼女は慣れてるようで、バスタオルで隠れているのに、両手でちんちんを撫でてくれたり、亀頭を包み込むようにマッサージしてくれました。
僕のちんちんはパンパンに膨らんでいました。

Uさんは、僕の股間の上のバスタオルが邪魔そうだったので、「タオル取ろうか?」と聞きました。

すると「はい。では、失礼します」と、バスタオルを脱がせてくれました。

僕はUさんの前で勃起したちんちんを丸出しにしています。
そのシチュエーションがすごいエロイんです。
人生で一番興奮した時間だったでしょう。
Uさんが今度はおっぱいを近づけてきて、おっぱいで僕のちんちんを挟みました。
パイズリですか。
柔らかいUさんのおっぱいに挟まれた僕のちんちん。
気持ちよすぎて何もかも忘れてしまいたい気分になりました。

Uさんはパイズリをやめて、シャワーを止めました。
そしてバスタオルを取り、僕の体を拭き始めてくれました。
背中と腕を拭いてくれると、僕に立つように言い、僕がたつと、優しくちんちんを拭いてくれました。
まず、ちんちんの上からバスタオルを当て、今度はちんちんを摘み、少し上にあげて、タオルでちんちんを巻くような感じで拭いてくれました。
玉も同じように優しく拭いてくれました。
そして足も綺麗に丁寧に拭いてくれて、足の指先まで綺麗に拭いてくれました。

彼女が「では、ベッドで待っててくださいね。シャワー浴びますから。ジュースは冷蔵庫にあるのでご自由にどうぞ」と案内してくれました。

僕は腰にタオルを巻き、冷蔵庫からオレンジジュースを二つ取り、ベッドの上に腰を下ろしました。

僕はオレンジジュースを飲みながら、素に戻りました。
Uさんは僕と同じ大学で、同じ研究室。
僕は童貞で、彼女は経験者。
彼女は割と可愛くて愛嬌のある子だったので、ここがソープだということを除けば、筆下ろしは最高だと感じていました。
Uさんがシャワーを終え、僕の隣に腰を下ろしました。

最初の緊張感はどことやら、僕はこの雰囲気になれたので、「ジュース飲む?」と声を掛けました。

Uさんは「ありがとう」と受け取りました。

僕は「何でこんなことやってるの?」と聞きました。

・・・NGワードでした。
僕は素朴な疑問のつもりだったのですが、聞いてはいけないことみたいでした。
一瞬、重いムードが戻ってきました。

馬鹿なこと聞いちゃったなと後悔しましたが、「なんでだろう?気付いたらココにいた、みないな?」と明るく答えてくれました。

人には事情があるし、よっぽどの事情があるから体を張ってるんじゃないか。
一方僕は、毎日学校とコンパとバイトばかりの人生、一生懸命とは程遠く、適当な人生を歩んでいました。
彼女は体を張ったバイトをして、こんなに明るく頑張ってるのに・・・。
僕は自分を情けなく思いました。

彼女が気を使ってくれて、
「ココのお店結構高いのに、若い人が多くて、あぶないな~って思ってたの。やっぱり世間って狭いよね。この前も、私は会ったことないけど、同じ学校の人来てたし、私は別の学校言ってるって言ったけどね・・・」
「ホント、ごめんね。興味本位で入ってきて、Uさんに似てたんで、何も考えずに指名しちゃって・・・」

「ううん。いいの、みつるくんでよかった。辞める決心もついたし」
「え?辞めるの」

「ま、どっちにしろ、そろそろ辞めようと思ってたし」
「なんか、ホントごめんね」

「気にしないで、話してると時間なくなるから、そろそろする?」
「え?」

「私から責めようか、それとも責めるの好き?」
「え、でも俺、ごめん。はじめてなんだ」

「え、ほんと、ごめんね。初めての相手私で?いいの?」
「俺は、別にいいけど・・・」

「もしかして、おちんちん触られるのも初めてなの?」
「うん」

「え~、ごめんね~」
「い、いや、」

「じゃ、私から責めてあげるから、ベッドに寝てくれる?」

僕は言われるがまま、ベッドに寝転びました。
すると彼女が、僕の上に跨がって、顔を近づけてきました。

僕は目を閉じました。

彼女の唇が、僕の唇と重なりました。
彼女は舌を僕の口の中に入れてきました。
僕も答えるように彼女の舌を舐めました。
数秒後、彼女は少しずつ下に移動しました。
僕の乳首を舐めながら、片手でちんちんを触り始めました。
彼女は起き上がり、僕の腰に巻いたタオルを取り、ちんちんを見ていました。
亀頭をぱくりと口に咥えると、頭を上下に動かし始めました。
彼女のフェラはとても上手で、今にも発射寸前でした。

僕が「いきそう、」と言うと、彼女は「まだ早いでしょ」と言い、今度は玉を舐め始めてくれました。

彼女の手はもちろんちんちんを握ってくれています。
手コキしながらの玉舐めは言葉では現せられないくらい気持ちよかったです。

そして彼女が、「四つん這いになって」と言うので、四つん這いになりました。

何をするのか全くわかりませんでした。
彼女は僕のお尻の方に行き、後ろから玉を掴みました。
そして優しく両手でマッサージしてくれました。
Uさんの柔らかい手がとても気持ち良いんです。

その時僕は「お尻の穴が丸見えじゃないか」と恥ずかしく思いました。

ちょうどその時、僕のお尻の穴を彼女が舐めはじめました。
すごく恥ずかしかったけど、すごく気持ちよかったです。
Uさんが舐めてくれてるんだと考えると余計に興奮します。
僕のお尻を舐め終わった彼女は、四つん這い状態の僕の耳元で「今度は私のも触って~」とエッチな声で囁きました。
僕は体勢を変え、正座のように座りました。

彼女は、「仰向けに寝てくれる?」と言いました。

言われるがままに仰向けで寝ていると、彼女が僕に跨がって立ち、バスローブを脱ぎ始めました。
とても大胆な脱ぎっぷりでした。
真下から見る彼女の裸体は、ふさふさしたヘアーが印象的でしたが、若くピチピチした体もとても綺麗でした。
彼女はそのまま、僕の顔の前に腰を下ろし始めました。
目の前に、Uさんのオマンコがあります。
正直、生で見るのは初めてでした。
しかもこんな目の前で。

僕はまず少し舐めてみて、味を確かめた後、指で開いて中を覗き込みました。
そしてまたペロペロ舐めました。

Uさんのエッチな声が聞こえてきます。

しばらく舐めていると、彼女の体勢が辛そうで、ふらふらし始めたので、僕は「体勢変えようか?」と提案し、Uさんをベッドに寝かせました。
素っ裸のUさんの全身を眺めました。
僕が見ているのに気付くと、彼女は手で胸を隠して「恥ずかしいよ」と身をよじらせました。
その姿がまたエロかったです。

僕が彼女の膝を掴んで、ぱっと開いて、オマンコを見ました。

彼女が「あ、待って」と言い、慣れた手つきでコンドームをベッドの脇から取り出し、素早く僕のちんちんに付けました。
すごい早業でした。

僕はそのまま、彼女のオマンコにちんちんを持っていきました。
うまく入らなかったので、おろおろしてると、彼女がちんちんを持って、自分で入れてくれました。
挿入のとき彼女は、「あ、うん」とエッチな声を放っていました。
僕は生まれて初めて女の人のオマンコにちんちんを入れました。

見よう見真似で腰を動かしました。
腰を振ると彼女の喘ぎ声が、そのたびに揺れるおっぱい。
僕は揺れるおっぱいと彼女の顔をずっと見ながら、必死で腰を動かしていました。
しばらくするとフィニッシュしました。

オマンコからちんちんを抜くと、Uさんがすぐに起きて、ちんちんからゴムを抜いてくれました。
そしてそのままちんちんをぺろぺろと舐めてくれました。
その後、僕達は裸のまま抱き合って寝転がっていました。
まるでカップルのようでした。
こんなに幸せな気持ちになったのは生まれて初めてでした。

いつの間にか僕は眠っていました。
部屋の電話のベルの音で目が覚めました。
彼女が出て、何度か相槌を打ち、受話器を置きました。

僕に向かって、「時間です」と言い、僕の幸せな時間は終わりました。

彼女と一緒に受付に戻ると先輩が待っていました。
先輩が「おお」と挨拶をし、僕は寝ぼけたまま会釈をしました。
そして先輩と一緒に帰りました。

次の日、学校に行くのが、ちょっと気まずかったです。
でも行かないわけにはいかないので、研究室に向かいました。
いつもと変わらない雰囲気でした。
彼女は僕に気付かない振りをして、友達と話していました。
僕も気付かない振りをして自分の席に座りました。

結局、僕は彼女と口を聞くことが出来ないまま、卒業してしまいました。
彼女のことを考えると、何とかもう一度、裸で抱き合いたいと願っていましたが、結局その願いは叶いませんでした。
何度か、「あのことを、みんなに言いふらされたくなかったら、俺と付き合え」と彼女を脅してみようかと考えましたが、彼女の純粋な笑顔を見てると、とてもそんなこと言えませんでした。
さらに、バイトの先輩から、「また今月あのソープ行ったんだけど、お前が指名したあの子、辞めちゃったんだって。残念」と言っていました。

今では、あの出来事は僕の空想だったのかな?と思えるくらい色褪せてしまいました。

僕の数少ない青春の一頁です。