水泳部のセクシーな先輩の家で・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

高校生のときの思い出話を少々。
子供の頃は虚弱体質だった(らしい)俺は、3歳くらいからスイミングスクールに行かされた。
別にトップスイマーになるとかじゃなく、体力作りが目的だったから、親もコーチも成績についてはあまりとやかく言わず、適度に楽しく泳いでたので、小学校に上がってもそのまま続け、なんとなく中学高校も水泳部に入った。

水泳部だと、体育の授業のときに穿くモコモコ生地の水着じゃなく、競泳タイプの水着を着用する。
練習用のは、わざと水の抵抗が増えるように厚めの生地だったりするんだが、普通の人がパッと見た程度ではわからない。
女子の競泳水着って、最近は全身を覆い包むようなタイプのがあるけど、中高生の部活程度なら、いわゆる普通のタイプの背中が円く開いたタイプのやつだ。
ちなみにあれは“Oバック”って言う。

中学生のときは、女子部員の競泳水着姿を見ても何も感じなかったんだけど、高校生になるとやっぱり色々と性的な興味も出てくるので、ついつい目がそっちの方へ行ってしまうようになった。
その中でも、当時俺の一番のお気に入りだったのは、1年先輩で2年生の麻美先輩。
春の県大会予選で早々に敗退したうちの部は3年生が引退してしまい、2年生の世代になった。
麻美先輩は女子班の3番手くらいの選手で、成績はそこそこだけど面倒見が良くて、後輩からも慕われている人だった。

元々麻美先輩は中学時代は体操をやっていたのだが、高校に入ってから水泳部に入ったそうだ。
なのでバリバリのスイマー体型じゃなく、むしろ新体操のレオタードが似合うようなプロポーションだった。
そのせいもあって、他の部員に比べて、水着姿が妙にエロかったんだ。
後輩にも優しいし、いつも笑顔を絶やさないから、俺以外の男子部員もたぶんちょっとエッチな目で見ていたと思う。
噂では中学時代には彼氏がいたが、高校が別々になって自然消滅して現在はフリーとのこと。

男子の競泳パンツって、生地が最小限だから、結構キツい着用感がある。
伸縮性もほとんどないから、あれで勃起すると、その形がクッキリと浮かび上がる。
それだけじゃなく、下手したらチンポの先がハミ出たりする恐れさえある。
あれって、たぶん女子も感づいているだろうなw

7月のある日、練習の後で俺は麻美先輩に呼び止められた。

「池野君、夏休みの合宿のことでお願いしたいことがあるのよ。このあとうちに寄ってくれない?」

共に自転車通学だったので、麻美先輩の先導で自転車でついて走った。
麻美先輩の家には10分くらいで着いた。

「じゃ上がって。あたし着替えてくるからリビングで待ってて」

「うぃっす」

私服に着替えた麻美先輩が戻ってきた。
制服や水着姿とはまた違った可愛らしい感じだった。

コーヒーを用意するため俺に背を向けてキッチンに立っている麻美先輩は、小さく引き締まったヒップが妙にエロくてキュートで、俺はここで欲情し始めた。
なんとか理性で抑えている、もう自分との戦いだw

麻美先輩の家に呼ばれたのは、「夏休みの合宿について」ということだったが、かい摘んで言うと、俺に1年男子のグループ分けを考えて欲しいってことだった。
そんなことを言うだけなら部室でもプールサイドでも、ものの2、3分あれば済む話だ。
わざわざ女子の自宅に招き入れてまでする話だろうか?

まあ、そんなことを先輩に聞くわけにもいかず黙り込んでいたら、なんか妙な雰囲気になってしまった。
麻美先輩の両親は仕事に行っていて、2人っきり。

「池野君さあ、あたしの水着姿、チラチラ見てるよね?違う?」

突然ストレートな質問が来た。
慌てる俺。

「え、あっ、いやその、先輩、スタイルいいなって・・・」

「ホント?変なところに筋肉ついてないかな?」

「そんなことないっすよ」

「あたしさー、まだ背が伸びてるから、今の水着、ちょっとキツくなってきたんだー」

「ちょっとキツめくらいのほうが抵抗も少ないし、いいじゃないっすか」

「試合のときだけならいいけど、肩にも食い込んで痛いしさー、毎日アレはキツいわw」

麻美先輩、なんだか妙にハイテンションになってきたw

「でね、新しい水着を買ったんだー」

「いいっすね」

「見せてあげる、ちょっと待ってて」

そう言うと麻美先輩は自分の部屋に行った。
10分ほどしてバスタオルを体に巻き付けた麻美先輩がリビングに戻ってきた。

「いい?似合ってるかどうかわからないけど」

「はっ、はいっ」

「じゃーん!!!」

麻美先輩はバスタオルをパッと取り払った。
スカイブルー基調で、背中から両サイドに水色のラインがデザインされた競泳水着だ。
今までの地味な紺の水着よりも、かなり見映えが良い。

「どう?」

そう言いながら麻美先輩はモデルさんのようにクルクル回り、全身を隈なく俺に見せつけた。
やや小ぶりだが形の良さそうな胸の膨らみ、柔らかそうなお腹にもぴったり張り付いたスカイブルーの生地、腰のくびれを強調するOバックの背中、形が丸わかりのキュートなヒップ、そしてややハイレグ気味の最小面積の薄い布で隠されている、麻美先輩の女の部分。
どれもこれもがエロく見えた。

やりたい盛りの高校生がこんなもの見たら、興奮するなと言う方が無理だ。
俺のチンポには血液が集まり始め、硬さと太さに変化が現れ始めた。
そのままではズボンの上からわかってしまうので、腰を引いたり、視線を逸らせたりしてなんとかチンポの変形を解こうと努力した。
が・・・無理だった。

「池野君、この水着、夏合宿で着ようと思うんだけど、どう思う?」

「はっ、ははいっ、すごく良いと思いますっ!」

声が裏返ってしまったwww

「でもさあ、これって生地が薄いし、パットもないからちょっと恥ずかしいんだよね」

「俺は嬉しいっす。・・・あ」

思わず本音が出てしまった。

「ふふっ、やっぱりそうかぁー」

「あ、いや、ていうか、そのっ」

「池野君の視線、前から気づいてたんだよ」

「・・・すみません」

「ひとつ聞いていい?あたしに興味があるの?それとも水着の女子に興味があるの?」

「そ、それは・・・」

「それは?」

「先輩っす・・・」

「ホント?」

「はい」

「ありがとう、ちょっと嬉しい」

「お、俺、なんて言うか・・・」

俺はもう頭に血が上って、何を言っているのかよくわかっていなかった。
おそらく顔は真っ赤だっただろう。
胸はドキドキして先輩の顔を正視できず、下を向いた。

「あたしの部屋に行こう」

「は、はい」

そう言って麻美先輩は俺の手を握った。
そのまま手を繋いだまま先輩の部屋へと向かった。

「こっちに座って」

麻美先輩はベッドの縁に座り、俺にその隣に座るよう命じた。
俺はワイシャツにズボン、麻美先輩は競泳水着姿だ。
しかも場所は麻美先輩の部屋。

どう考えても、1時間ほど前には考えられなかったシチュエーション。
頭の中では当然、(このあと・・・エッチな展開になるのかも知れない)という想像が膨らむ。
しかし、さっきまで硬く太く変形していた俺のチンポは、予想外の展開にすっかり元の形に戻っている。
どうしたらいいかわからない俺。
(当然、このときは童貞だった)

麻美先輩は俺の手を握ったまま無言。
下を向きつつも、視線はチラチラと麻美先輩の太ももや股間に行ってしまう。
汗ばむ俺の手。
しかし麻美先輩はしっかり握って離そうとしない。
どれくらい時間が経っただろうか、10分くらいかも知れないし、2、3分くらいだったかも知れない。

「ねぇ、チューして」

そう言って麻美先輩は目を閉じて俺の方に顔を向けた。

「はっ、はいっ」

俺は麻美先輩の両肩を掴み、少しずつ顔を近づけた。
唇と唇が、ほんの少し触れた。
どうしていいかわからず、そのまま引き返そうか、前に進もうか、逡巡する俺。
麻美先輩はいきなり両腕を俺の背中に廻したかと思うと、自分から唇を強く押し当ててきた。

「んっ、んんんんっ」

唇を強く吸われ、少し遠慮気味だけど舌を絡めてくる麻美先輩。
俺も反射的に唇を吸い返し、舌と舌を絡め合った。
粘膜と粘膜が接触し、唾液が交わる。
甘い味がした。
神経がどう関係しているのかわからないが、その強烈な刺激は再び俺のチンポにもエネルギーを漲らせた。
どれくらいの時間こうしていただろうか、ようやく唇を離した2人。
麻美先輩の顔は少し紅潮しているようだった。
そして息遣いも乱れてきた。

「あたしだけこんなで恥ずかしいよ。池野君も脱いで」

「え、あ、その・・・」

「早く!」

「はいっ」

俺はワイシャツのボタンを外し、カチャカチャとベルトを緩め、パンツ1枚になった。
チンポの形がパンツの上からでもはっきり分かるほどになっていた。

「ちょっとー、池野君、何なのよコレw」

「す、すみません、いや、あの、変なことを考えてたわけじゃ・・・」

「じゃあ何考えてたの?」

無言になる俺。
まさか、「先輩の水着姿に欲情しました」なんて言えるわけないw

「池野君、カーテン閉めて」

「はいっ」

言われるままにカーテンを閉める俺。
外からの光が遮られ、部屋の中が薄暗くなった。
改めてベッドの縁に座り直す麻美先輩と俺。
麻美先輩はやたら髪を掻き上げる。

「なんか暑いね」

「そ、そうっすね」

そして、また気まずい沈黙。
俺もどうしたらいいかわからない。
ふと目と目が合った。
見つめ合う2人。
麻美先輩は目を閉じた。
再びキスした。
麻美先輩は、さっきのキスよりも強く求めてくる。
キスしたまま俺は麻美先輩の背中に手を回し、背中を撫で回した。

麻美先輩は俺の腕を取り、自分の胸に導く。
恐る恐る先輩の胸に手のひらを持っていった。
競泳水着で押さえつけられているので、おっぱいの柔らかさは感じられない。
しかし、俺はそれでも先輩のおっぱいを撫で回した。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました