巨乳の先輩と一度きりのパイズリとセックス・前編

この体験談は約 11 分で読めます。

自分の中で、おそらく後にも先にもない最高の経験です。
大学のサークルでの体験です。

そこはスキーのサークルで、サークルとは言え結構真面目というか堅いというか、シーズンオフはしっかりトレーニングして、シーズンに入ったら雪山に住み込みのアルバイトしたり、長期の合宿を組んだり、大会にもいくつか参加したりして、体育会系のノリで上下関係もしっかりした、そんなサークルでした。

僕は当時大学2年で、3月の大会に向けて1週間の合宿中でした。
あ、相手の女の人のことを先に書いた方がいいのな。

同じサークルの4年生で、佑香さんとの体験です。
佑香さんは、3年の時に怪我をしてから競技には参加しないで、マネージャーのような形でサークル活動に参加してました。
同じサークルの4年生の同期の人とずっと付き合っていて、身長は160センチくらい。
どちらかと言えばちょっとぽっちゃりで、胸が大きくてGカップあります。
僕も同期の2年の子と付き合っていて、胸のサイズは彼女経由で知りました。
外見は、芸能人でいうと、年は違いますが永作博美さんにすごく似ていて、体育会系のサークルでしたが穏やかで優しい性格の人でした。

たくさんあるスキーのサークルの中から、このサークルを選んだのは正直、佑香さん目当てでした(笑)
僕が1年生で、佑香さんが3年生の時から、すでに佑香さんは同期の彼氏と付き合っていたので、ただの憧れだったんですが、僕に彼女ができてからも佑香さんはずっと憧れの存在で、いつも妄想したりしてました。

僕はあり得ないくらいの巨乳好きです。
僕の彼女は外見は中の中くらいで、まあ僕自身がイケメンではないので勿体無いくらいなんですが、胸がBカップなのがすごく不満で、佑香さんを思い出しては悶々としてました。
ちなみに僕は、お笑い芸人のCOWCOWの伊勢丹の紙袋の方にそっくりです(笑)
それはどうでもいいですね。

で、話は2年の時の合宿に戻ります。
合宿2日目の午前の練習中、ハイスピードで滑走中に僕は同じサークルの先輩と交錯して、激しく転倒してしまいました。
幸い先輩は無傷だったんですが、僕は動けないほどの痛みで、そのまま病気へ。
検査の結果、左足を骨折してしまっていました。
当然僕は合宿を離脱することになり、一人暮らしなので、実家に帰るしかないかなと考えていました。
すると、1人で帰るのは危ないからと、佑香さんが付き添って一緒に東京に帰ってくれることになりました。

ちなみに、僕とぶつかった先輩は佑香さんの彼です。
責任を感じてのことだったかもしれません。
大会に出られなくなったことで、僕はものすごく落ち込んでいましたが、その話を聞いてちょっとテンションが上がりました(笑)
実家に帰ろうと考えてたことは黙って、佑香さんと一緒に東京に帰ることに。

次の日、みんなを朝見送ってから、佑香さんと2人でバスで東京へ。
彼女も心配してくれていましたが、佑香さんと2人きりの状況にドキドキワクワク、そんな気持ちでした。
特に何事もなく東京に着いたんですが、なんかと佑香さんが僕のことを支えてくれたりするので、佑香さんとの近い距離といい匂い、それとバスですぐ隣に、ずっと胸の膨らみがわかる位置にいるので、バスに乗ってる間中勃起状況が続いているような感じでした。

東京に着くと、家が同じ方向なので、一緒にタクシーに乗って帰りました。

「ご飯はどうする?」って言われたんですが、冷凍食品があるのでそれを食べるから大丈夫って感じで答えて、その日は無事帰宅して、佑香さんとも別れました。

その日の夜、佑香さんからメールが来て、『明日、食料とか買って家に行くよ。なんかリクエストある?』と言われたんですが、1人の寂しさと、大会に出られなくなった虚無感で食欲がなかったので、『ありがとうございます。なんから何まですみません。でもあんまり食欲ないから大丈夫です。お茶とかのストックあるので』と、本当は甘えたかったんですが、そんなメールを返してしまいました。
すると直後に電話が来て、「大丈夫?」と心配してくれて、佑香さんの彼のせいでこんなことにみたいな感じで謝られてしまい、でも佑香さんも、「何もすることないから、とりあえず明日行くから」って言われて、甘えることにしました。
その日は、そのまま疲れて寝てしまいました。

次の日の10時頃、佑香さんから、『今から行くよー、駅に着いたら電話する』とメールが来て、慌てて部屋を片付けて、しばらくして電話が来て、電話で道案内をして、佑香さんがうちに来ました。
お茶やパンなんかを買ってきてくれて、冷蔵庫見て、「またあとで買い出し行くから」なんて言ってくれました。
1Kの部屋に佑香さんと2人きりという状況に、ものすごくドキドキしました。

佑香さんがコートを脱ぐと黒いタートルネックのセーターで、どうしても目線は胸の膨らみに行くし、下はグレーのヒラヒラしたミニスカートで、正直すぐに股間は反応しました。
買ってきてくれたパンを食べながらしばらく話をしてましたが、いつも以上に胸を見てしまい、かなり挙動不審になっていたと思います。

佑香さんは、また僕に謝ってきて、僕の顔を覗き込むように「大丈夫?」と言うので、僕は恥ずかしいのと、どうしていいかわからなくて、「大丈夫です」ってモジモジしてしまい、ちょっと俯き加減になってしまいました。
すると佑香さんは床から立ち上がってベッドに座っていた僕の左横に座ってきて、「元気出してね」と、僕の右肩に手を回して、肩を抱いてトントンと叩きました。
かなり密着したので、思いっきり左腕に、むにゅっと佑香さんの胸の感触が来ました。
佑香さんはセーター、僕はスウェットを着てましたが、はっきりと、むにゅっとして、しばらくその感触を味わえました。
近くに来たので、なおさらいい匂いがするし、あんなにはっきりと胸の感触が感じられて、半勃起状態から一瞬でフル勃起になりした。

僕は本当に興奮していましたが、なんとか抑えて、「ありがとうございます。そうやって肩を叩かれると落ち着くし、癒されます」と言うと、佑香さんは笑顔になって嬉しそうにしてくれて、今度は背中を擦ってくれました。
腕からは胸が離れてしまいましたが、彼女以外の人に体を触られること自体あまりないので、背中を擦られただけでも全身が熱くなるというか、性的に感じてしまうような感じで、もうビンビンになってしまっていました。

「体に触れると落ち着いたりするよね。赤ちゃんとか子どももそうだから、人間の本能なのかもね」

佑香さんは続けて背中を擦ってくれて、僕はあまりに感じてしまい、ドキドキして、どうしていいかわからず、「なんか泣きそうです」と言うと、今度は頭を撫でてくれました。
すごい恥ずかしかったですが、「そうされると、ますます甘えたくなります」と言うと、「いいよ。病んでる時は甘えた方がいいよ」と頭や背中を撫でながら言ってくれました。

頭をまた撫でられた時に、その力を利用するように、思い切って佑香さんの肩にもたれかかりました。
一瞬、佑香さんの動きが止まりましたが、ちょっと体を僕の方に向け直して、そのまま抱きかかえるように僕の背中を擦ってくれました。
僕は佑香さんのタートルネックのセーターの肩から首の辺りに顔をくっつけて、佑香さんは僕の背中を擦ってくれてるので抱き合うような体勢でした。
憧れの佑香さんとこんなことになって本当にドキドキしてましたし、正直ものすごくエッチな気持ちでしたし、ビンビンになってました。

僕は我慢できず、僕も佑香さんの背中に手を回して背中を擦りました。
それでも佑香さんは何も言わずに僕の背中を擦ってくれています。
ベッドの端に腰掛けたまま完全に抱き合っていました。
お互い何も言わなくなって、ちょっと雰囲気が変わっていました。
佑香さんの背中を擦ると、キャミソールなのかブラなのか、ちょっとセーター越しにそういう感触があって、それを味わうように背中を擦りました。

もう完全に僕はエッチな気持ちで背中を擦っています。
それでも佑香さんは何も言わないので、僕は手を止めて、手をベッドについて、思い切って顔を肩から胸の方に下ろしました。
顔全体が胸にむにゅっと包まれる感じでした。
佑香さんは背中を擦っていた手をとめましたが、そのまま手は背中にあって、僕を抱きかかえるようにしてくれていました。

本当にすごい感触でした。
甘い匂いと、柔らかくて大きな胸が顔を包みこむような・・・。

胸に顔をうずめても何も言わないので、顔を左右に動かしたり、回したりし、思い切り顔で佑香さんの胸を堪能しました。
もう彼女のこととかサークルのこととか考えられず、この至福の時間に酔いしれてました。
むにゅむにゅっというのか、ぱふっというのか、彼女の胸とはまるで別物でした。
僕は今の彼女以外に女性経験はないので、彼女以外の胸に触れるのも初めてでしたが、佑香さんのGカップの巨乳に欲望のままに、ただひたすら酔いしれてました。

しばらく顔で胸をむにゅむにゅしてると、「まさる、落ち着いた?」と佑香さんが急に声をかけてきました。

あ、申し遅れましたが、僕は『まさる』と言います。
さすがにこれ以上は不自然なので、顔を起こして、「大丈夫です・・・なんかすみません」と言うと優しい笑顔で、「ううん、全然いいよ」と返してくれました。
永作博美似の憧れの先輩の胸は、セーター越しとはいえ過去最高に興奮する感触でした。

佑香さんは、「掃除とか洗濯とかしてあげるよ」と立ち上がって、洗濯機の方に向かいました。
僕は余韻で少しぼーっとしてましたが、「そんなの悪いからいいですよ、そのくらいは自分でできますから」と言いました。
すると「いいから、洗濯物全部出して」と言い、「あれ、そういえばお風呂はどうしてるの?」と言われ、怪我をしてから2日間入っていないと言うと、「えー、じゃあシャワー浴びなきゃ・・・でもどうしようか・・・体拭く?」と言われ、ずっとこのままというわけにもいかないのでシャワーを浴びることにしました。

サランラップを巻いて、ビニールを被せてってことになりましたが、バストイレは別なので、お風呂にお湯を溜めて、足だけ出して湯船に浸かったほうがいいと言い、佑香さんが風呂を洗ってくれることに。
すると佑香さんはおもむろに僕の目の前で、立ったままミニスカートの中に手を入れて、履いていたストッキングを脱ぎはじめました。
下着こそ見えませんでしたがミニスカートがさらに少し上に上がり、ストッキングを脱ぐ姿にめちゃくちゃ興奮して、また一瞬でフル勃起に。
佑香さんは生足になって、お風呂を洗って、お湯を溜めてくれました。

お風呂にお湯を溜めると、今度は足のギプスにビニールを巻く作業に。
とりあえず上はスウェットを脱いでTシャツに。
下もスウェットを脱いで、トランクス1枚に。
まだ少し勃起してましたが、さりげなく手で隠していました。
でもトランクスを脱がないと入れません。
とりあえずビニールをかぶせる前に風呂場に行き、浴槽に腰掛けてトランクスとTシャツを脱いで裸に。
タオルを巻いて股間は隠して、佑香さんにラップとビニールを巻いてもらうことに。

すると佑香さんは、なんと今度は黒いタートルネックのセーターを脱ぎ出しました。
僕は(うわー!)と思いながら見入ってしまいました。
セーターの下は黒いキャミソールみたいなものを着ていましたが、夏にそれ1枚で外を歩けるようなキャミソールではなく、シミーズとかベビードールとまではいかないですけど、ちょっとレースが入った下着っぽいキャミソールで、胸の谷間はものすごいし、下の白いブラもモロにはみ出てるし、心の中で、(うおおおー!)と叫んでしまう状況でした。

佑香さんはその刺激的な格好で僕の前にしゃがみ込んで、ギプスにラップを巻きはじめました。
斜め上から見る胸の谷間はガンガンに股間を刺激します。
タオルを巻いて手で押さえてますが、ギンギンにフル勃起でした。

ビニールを被せ終わり、とりあえず湯船に。
タオルは巻いたままビニールを巻いた足を浴槽の縁に投げ出すようにかけて、お尻から肩まで湯船に浸かりました。
そのあとタオルをとって、しばらく湯船に浸かりました。
その間、佑香さんは、そのままの格好でそばにいました。

「うーん、どうやって体洗おうか?」

佑香さんは僕の方は見ないで言いました。
僕は、(もしかして、体を洗うのを佑香さんが手伝ってくれるの?)とドキドキして、黙ってしまっていました。
頭と顔はお風呂から出て洗面台で洗うことにして、とりあえず湯船から出てチャレンジすることに。
でも、もうタオルを取ってしまったので、湯船から出る時は真っ裸です。

「見ないようにするね」

佑香さんは目線を外しながら僕を支えて、湯船の外に座らせてくれました。
当然フル勃起でしたが、なんとか座って、また股間にタオルをかけました。

「とりあえずじっとしててね」

佑香さんは体を洗うスポンジにボディソープをつけて泡立て、僕の背中から洗ってくれました。
ただ浴室は狭いので、どうしても色んなところに佑香さんの胸が当たります。
僕は裸だし佑香さんはキャミソールなので、さっきよりも感触がダイレクトに来てたまりません。
当分フル勃起は収まりそうもありませんでした。
また佑香さんの洗い方も、スポンジを右手に持ったり、左手に持ったりして洗ってくれているんですが、スポンジを持ってない方の手でも同時に洗ってくれて、泡と手の感触が背中や腕にヌルヌルと絡まって、我慢汁が出るほどヒクヒクしてました。

で、後ろから背中や腕を一通り洗って、一度シャワーで流してくれました。

「あとは自分でできるかな?」とスポンジを渡され、「終わったら流してあげるから言ってね」と、一旦浴室から出て行きました。

僕は足にかからないように残りの部分を洗って、佑香さんを呼びました。
ただ、あそこはタオルをかけてるとは言え、完全にテントが張ってる状態で、それ以上は隠しようがありません。
でもどうしようもないので、観念して佑香さんを呼びました。
佑香さんは、それを見たのか、でも気にしてない様子でシャワーをかけはじめました。
すごく勢いを緩くして、手で体を撫でるようにして流してくれます。
首から胸、腕、足と、ゆっくり撫でるようにして流した後、「後は自分で流してね」と、股間は自分でやるように促されました。
タオルを外して自分で股間を流し、またタオルをかけました。

「最後もう1回湯船に浸かろうか」

佑香さんは僕を立ち上がらせ、また一旦湯船の縁に座らせました。
その時、僕の目の前数センチのところにキャミソールと下着越しの佑香さんの巨乳が飛び込んできて・・・。
そこで僕の理性が完全に吹き飛びました。
湯船の縁に腰掛けた時、僕は佑香さんに抱きつき、ちょうど顔の高さにあった胸に顔をうずめました。
佑香さんの巨乳とキャミソール、ブラ、谷間が一瞬で顔を包みました。
最高の感触です。
佑香さんはちょっとバランスを崩して、僕に抱きつくような体勢になりました。
でも佑香さんはそのままで動かず、何も言いません。
僕は顔全体で佑香さんの巨乳を味わい尽くそうと、抱きつきながら胸に顔を押し付け、左右に動かし、むにゅっむにゅっと繰り返しました。
すごく柔らかくて、でも張りがあるというか、とにかく最高の感触でした。

僕は胸の谷間に顔をうずめたまま抱きついて背中にまわしていた手を下におろし、グレーのヒラヒラしたスカートの上からお尻も弄りました。
お尻もすごく柔らかくて、興奮は絶頂に近く、ハアハアと荒い息遣いになっていたと思います。
続けてスカートを捲り、下着の上からお尻を弄りました。
パンティーのすべすべした感触・・・お尻の端がレースになってるのも手触りだけでわかりました。
胸の谷間に顔をうずめたままお尻を擦り、揉みしだき、また擦り・・・を繰り返しました。
その間、佑香さんは黙って動かず、僕に少しもたれかかる感じでじっとしてました。

お尻を弄った後、今度は両手を胸の方に持っていきました。
顔を挟み込むように、両手で佑香さんの巨乳をパフパフしました。
手には収まらないくらいの大きさです。
柔らかくて、でも張りがあって。

(佑香さんの巨乳を触った・・・。そして佑香さんは、それを許してくれている・・・)

僕はパフパフから、両手で揉みしだく動きに変更しました。
顔は押し付けたまま両手で揉んだり、持ち上げて揉んだり、キャミソールの上から欲求のままに。
揉んでも揉みきれないというか、大き過ぎて・・・あそこは触ってなくてもびくんびくんとして、我慢汁も出てるし、たぶん人生で一番のフル勃起になってる感覚でした。
胸を触ってるだけでイッてしまうような、そのくらいのフル勃起でした。

しばらく揉んだあと、チラッと佑香さんの顔を見ました。
佑香さんは僕とは目を合わせず、ちょっと曇った表情で前を見ていました。
一瞬、我に返り、揉んでいた手を止め、また佑香さんの背中にまわして抱きつきました。
何かを言ってこの時間が終わってしまうのは嫌だったので、顔は胸にうずめたまま佑香さんを抱き締めました。
すると佑香さんは一旦僕の頭を抱え、ぎゅーっと胸を顔に押し付けてきました。

「体が冷えちゃうから、湯船に入ろうか?」

佑香さんは何もなかったかのように言い、僕を体から引き離しました。

(佑香さん、嫌だったのかな・・・)

僕は少し後悔しながら、さっきと同じように片足を浴槽の縁にかけて湯船に浸かりました。
もう隠しようのないフル勃起はそのままで。
佑香さんが見てるのかはわかりませんでしたが。
湯船に浸かってる間、佑香さんはしゃがんで側にいてくれました。
また少し沈黙になり、気まずい空気が流れました。

「なんかすみません、佑香さん、めっちゃ優しいから・・・つい」

空気に耐えられずに僕が言うと、「全然いいよ、体が弱ってる時は心も弱るんだよ」と、また優しい笑顔で僕の頭をポンポンと軽く叩きました。

エッチな気持ちが大半であんなことしたのに・・・。
佑香さんのその優しさになんとも言えない気持ちになり、「また、なんか泣きそうです」と言うと、佑香さんはちょっと中腰になって、「元気出して」と、僕の頭や肩を擦るというか撫でてくれました。
すると、また僕の顔の近くに巨乳とその谷間が現れて・・・。
ちょっと無理な体勢でしたが、僕の顔は佑香さんの胸に吸い寄せられそうになります。
僕はまた佑香さんの胸に顔をうずめようとしました。
それを見た佑香さんは、なんと自ら僕に近づいて、佑香さんも無理な体勢でしたが、僕の顔を胸に押し付けて、軽く抱き締めるような感じにしてくれました。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました